カードローン・キャッシング金利の計算方法

Pocket

カードローンを利用する際に、限度額などと合わせて一番に確認するのは、なんといっても金利でしょう。金利の数字を見て、「金利が高い」「低い」というのは良いですが、実際に借り入れ額に応じてどの程度の利息が発生するのかを確かめたことはありますか?
最近は多くのカードローンがHPから返済のシミュレーションを出来るようになっていますが、金利の計算方法を知っておくと、より良く理解することが出来ます。普通の貯金の金利計算にも使えるので便利ですよ。

表示してある金利は年利

カードローンで表示してある金利は、年利表示です。つまり、1年間でどれだけの割合の利息が掛かるか、という意味になっています。

例えば10万円を、18%の金利で1年間借り入れたとしましょう。

100,000 × 0.18 = 18,000

つまり、10万円を1年間借り入れたら、そのあとに返済する額は、元金の10万円と利息の18,000円を合わせた118,000円になる、という計算になります。

金利の計算方法

金利の基本的な計算は上記のとおりですが、実際には金利は日割り計算になっています。
つまり、

借入額 × 年利 ÷ 365 × 実際の借り入れ日数

という計算式で割り出すことが可能です。

先ほどの例を使って計算してみましょう。
10万円を18%の年利で借り入れ、30日借り入れて返済したとしましょう。

100,000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 1479

つまり、30日間の利息は、1,479円となり、30日後の返済額は101,479円になります。

実際の返済では・・・

実際に借り入れをして返済する場合は、毎月決まった日に決まった額を返済していくようになりますが、返済したお金は元金返済分と利息に当てられる分に分けて計算されます。(計算方法は会社によって異なっています)したがって、月々返済していけば、元金も減っていくので、金利も当初の計算よりは減少していきます。より詳細な返済プランを知りたい場合は、各会社がHPで行っている返済シミュレーションを使えば、よりイメージしやすくなるでしょう。

知っておきましょう!金利の基礎知識

2010年に貸金業法が改定されて、融資の最高金利は20%と定められました。したがって、現在融資を受けると、20%以上の金利が付くことは絶対にありません。
また貸付額によって、最高金利が異なるのをご存じでしょうか?

貸し付け額 上限金利
10万円未満 年利20%
10万円以上100万円未満 年利18%
100万円以上 年利15%
このように、貸金業法が改正されて、現在は上限金利がはっきりと法律で決まっています。これらの上限を超えて金利が設定されることはありませんので、安心して利用できます。万一この上限金利を超えた金利を提示する業者がいれば違法な業者なので、絶対に借り入れてはいけません。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加