限度額が一番高いカードローンはどこか

Pocket

限度額とは、ずばり、そのカードローンが最大いくらまでなら貸し付け出来ますという金額のことです。借入金額の範囲内なら、何度でも出し入れして利用できるのがカードローンのメリットのひとつです。ただし、限度額イコール実際に借りられる額だと思ってはいけません。限度額が一番高いカードローンを紹介するとともに、限度額についての解説もしておきましょう。

借入限度額一覧表

まず、一般的なカードローンの限度額について整理しておきます。

カードローン会社名 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 カードローン 500万円
30万円(専業主婦)
10万円(学生)
新生銀行カードローン レイク 500万円
みずほ 銀行カードローン 1000万円
30万円(専業主婦)
三井住友銀行 カードローン 800万円
楽天銀行 カードローン 500万円
50万円(専業主婦)
イオン銀行カードローン 50万円(専業主婦)
300万円 500万円
オリックス銀行カードローン 800万円
モビット 800万円
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 1~500万円
アイフル 300万円
アコム 500万円
ノーローン 300万円
住信SBIネット銀行ネットローン 100万円
700万円
東京スター銀行おまとめローン 1000万円※
※おまとめローンとしての利用限度額

このように、カードローンの限度額は会社によってかなりの差があります。だいたい銀行系では限度額が高く、消費者金融系では少々少な目が多いようです。
長い間限度額と言えばオリックス銀行カードローンと言われてきましたが、現在一般のカードローンで最も限度額を高く設定しているカードローンは、みずほ銀行カードローンです。10万円から必要に応じて限度額を設定してくれますが、最大1000万円まで設定が可能です。

ついで限度額が高いのは、オリックス銀行カードローンの800万円となっています。

収入のない学生や主婦でも借りられるカードはありますが、借入可能な場合でも限度額が限られる場合があります。

最大限度額と、実際の借入限度額は違う

実際に契約者が利用できる金額は、申し込み後の審査によって決められます。限度額500万円のカードローンに申し込んだからと言って、500万円必ず借りられるということはありません。 実際に借りられる限度額は、利用限度額と呼ばれ、その人の返済能力や過去のローンの利用状況などから総合的に判断されます。また、消費者金融系のカードローンでは、総量規制(年収の1/3までしか貸し付けてはいけない、という貸金業法の決まり)によって上限が決まってしまうこともあります。

例えば年収が300万円で他社借り入れが0円の人であっても、年収の1/3までとなると100万円までしか貸し付けてくれません。「限度額が300万円となっているのに、おかしいじゃないか」とクレームを付けたところで、法律で決まっているのですから、どうしようもありません。

契約極度額とは?

契約極度額という言い方を効いたことある人もいるかもしれませんが、最大限度額とも呼ばれるもので、ここまでなら利用限度額を上げられますよ、という金額のことです。契約書を見ると、「極度額200万円、利用限度額50万円」というように、金額が異なっていることも多いものです。

現時点で貸し付け可能な額は利用限度額で、実績を積んでいくうちに、最高ここまではUP出来ますよ、という金額が契約極度額です。極度額を実際に利用できると勘違いしてクレームを付ける人が多いので、しっかり理解してください。

極度額が大きい方が◎

では、契約極度額は、契約した時点ではあまり関係ないかと言うと、実はそうではありません。カードローンの金利はたいてい○○%~××%、と幅を持たせて書いてあります。これは借り入れ額によって金利が異なるということです。正確に言えば、実際に借り入れた額、というよりは、契約極度額によって、適応金利が異なってきます。

実際に借り入れ・利用している金額が10万円であっても、極度額が30万円の人と300万円の人では、適応金利が変わってきます。したがって、審査に自信のある人は極度額を高く設定して契約しておくと、同じ10万円の借り入れでも適応金利が変わってきます。ただし高額の極度額を手に入れようと思うと審査のハードルは高くなりますので、見極めも大切です。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加