上手な返済方法「ご利用は計画的に」の意味

Pocket

カードローンで借り入れたお金は、当たり前ですが借金なので返済しなくてはいけません。

よく「ご利用は計画的に」とか「無理のない返済計画を」などと言いますが、具体的にどのような計画を立てればよいのでしょうか。以前消費者金融系カードローンのコールセンターに勤めていた際にも、無計画に借入を重ねてどうにも首が回らない状態に陥った人を何人も見て来ました。急にお金が必要になって、即日融資で借り入れる場合もありますが、どのような点に注意して借り入れをすればよいのかをあらかじめ知っておくだけでも、借り過ぎを予防する効果があります。

借入の際にはどのようなことを検討しておけばよいのかをまとめてみます。

返済負担率について知っておきましょう

返済負担率、という言葉を聞いたことはありますか?これは、年収に対して、各種借り入れがどの程度の割合になっているかを表すもので、計算式は

借入額(利息分も含む) ÷ 年収

となっています。

例えば年収500万円の人が、100万円の借入をしてる場合、返済負担率は20%となります。
あまり意識しない数字ではありますが、実は審査上でも考慮される数字で、返済負担率が50%を超えると、各金融機関では要注意なケースとして判断される様です。また、無理なく返済していける目安としては、年収300万円未満の人で25%、400未満で30%、400万以上あれば35%くらいまでとされています。

貸金業法で年収の1/3までしか貸付できない「総量規制」も、実はこの返済負担率に基づいて設定されています。1/3と言えば、約33%。年収によって若干の差はありますが、この程度に借り入れを制限しておけば、債務不履行になる恐れが少ないと判断されているからなのです。

返済シミュレーションを上手に使いましょう

自分が獲得した限度額、目いっぱい使って何が悪い、というのもわからないではないですが、借りた分にはしっかり利息が付くのをわすれてはいけません。借りれば借りただけ、返済額も増加して行きます。長期の借り入れになれば利息も増加するため、返しても返してもなかなか完済までいけない、と焦ってしまうことになります。

このようなことを防ぐためにも、各カードローンがHPで行っている返済シミュレーションを上手に使うようにしましょう。カードローンは出し入れが簡単で繰り返し利用しやすいですが、いったん完済しようと思う場合は、きっちり返済額を割り出して、返済計画を立てておきましょう。

無利息サービスが使えないか検討しましょう

カードローンを契約する前にこのページを読んでいるなら、無利息サービスが利用できないかを検討してみましょう。無利息サービスとは、一定期間利息を掛けないで貸し付けをしてくれるサービスのことです。例えば5万円を無利息期間30日で借り入れると、30日以内なら返済額は借り入れた元金5万円のみでOKということです。

カードローン会社名 無利息期間
新生銀行カードローン レイク 借入全額30日間(初めてのご利用のみ)または、借入のうち5万円分のみ180日間(初めてのご利用のみ)
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 借入全額30日間(Web明細利用登録とメアドの登録が必要となります)※
ノーローン 借入全額1週間(条件を満たせば何度でも利用可)
※プロミスの初回の出金分を確実に無利息にしたい場合は、融資を行う前にメアドの登録とWeb明細利用登録をし、その後借り入れを行うようにしてください。借入後サービスに加入した場合は、初回返済後の30日間となります。

余裕があれば繰り上げ返済をしましょう

やりくりにもし余裕があれば、繰り上げ返済をすれば確実に利子分の節約になります。ただし、無理をしすぎて新たに借り入れが必要になるほど繰上げしては本末転倒です。あくまでも余裕のあるとき行ってください。

また、生真面目な人が提携ATMから少額の余剰金をコツコツと返済するケースがあります。提携ATMが無料のカードローンならそのやり方が有効なのですが、1回毎に手数料が掛かるATMの場合は、利息の節約よりも手数料の方が高額になってしまいます。手数料が掛かるATMの場合はある程度まとめて行うか、ネットバンク経由などほかの方法がないかを調べてみましょう。

カードローンの利用は決して恐れるべきものではないですが、無計画に利用を重ねると、人生を狂わせてしまう結果にもなります。カードローンとの正しい付き合い方を学び、上手に利用してください。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加