なぜ消費者金融のカードにVISAはないのか

Pocket

「VISAインターナショナルは、銀行と信販系のみ使用権を与えている」

クレジットは英訳すると信用という意味になります。
その言葉通り、簡単に言えばクレジットカードは店側に「この人はクレジットカード会社 が保証する信用ある人なので、現金ではなくカードで決済して下さい。」と知らせるカード ということになります。
店側はこのクレジットカード会社に加盟することによってカード決済が可能になり、顧客の幅を広げることが出来ます。

一方、クレジットカード会社は、一つでも多くの加盟店を持つことによってそのブランド力が上がり、カード使用者が増えて行きます。

クレジットカード発行会社は世界各国に多数存在します。
それぞれの国で信用調査をしてカード決済を保証しているのですが、これが世界のどこでも使えるためには世界的な信用が必要となります。
そこで、世界で通用する決済機能をもつVISAやMASTERという決済機構を利用するのです。

みなさんがお持ちになっているカードには必ず、以下の5社どれかがついているはずです。
現在、世界で使える決済機構は以下の5つしかないからです。

1、   VISA
VISAは、クレジットカード発行会社ではありません。
バンクオブアメリカが大元となるVISAインターナショナルという世界的決済機構です。 VISAインターナショナルの審査で許可されたカード発行会社のみがVISAを発行して良いということになります。
ブランド化を重んじるVISAは、日本では消費者金融系のカードに使用の許可を与えていません。
一方、銀行系信販系のローンカードはVISAがついています。
VISAの戦略のため、消費者金融は排除されたというわけです。

2、   MASTER
世界的にVISAに対抗できる勢力といえば、このMASTERカードです。
MASTERは主にヨーロッパ、VISAはアメリカで強いと言われていますが、ほぼ大差なく使える国際ブランドです。 海外旅行に行くのであれば、VISAと両方持っていれば安心出来ます。
日本においては、VISAとは異なり、消費者金融カードでも発行を認めています。これがブランド力を落としたとも言われていますが、 使う側としてはありがたいことかもしれません。 消費者金融で発行している、手堅く作れるクレジットカード(Master)なら→アコムACマスターカード

3、   JCB
JCBは日本のクレジットカード会社で、カード発行と共に決済機構も持っています。
日本では最も使えるカードと言ってよいでしょう。海外ではまだ使えないところも多くありますが、
決済機構としては優秀と言われています。

4、   アメリカンエクスプレス
アメリカンエクスプレスカードは富裕層のカードといわれ、あまり加盟店は多くありません。 日本ではJCBと提携しているので、JCBが使える店であればアメリカンエクスプレスカードも使えることが多くなっています。
アメリカンエクスプレスの特徴は富裕層向けのカードのランク付けです。そのカードを持っているだけでステイタスとして使えるというブランド化です。

5、   ダイナースクラブ
ダイナースクラブもアメリカンエクスプレスと同様、富裕層向けのステイタスカードとして定着しています。
加盟店は多くはありませんが、取得が困難なため、富裕層には受けるカードと言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加