消費者金融との取引情報はいつまで残る?

Pocket

最長で5年です。

指定信用情報機関であるJICCは、
個人の事故記録を含めた登録情報の保存期間を最高5年を超えない期間としている

消費者金融との取引記録は、その消費者金融会社には永遠に残っています。
ただし指定信用情報機関にはその全てが、残るわけではありません。

個人の取引に関する情報については、契約継続中及び完済日から5年を超えない期間とさ
れていて、延滞、債務整理、代位返還などの記録も最高5年までとされています。

つまり5年経てば、その人の信用情報は削除されるということになります。
ただしいわゆるブラックリスト(→詳しくはあなたが審査に落ちる8つの理由)については、
当該消費者金融会社には、長く残っているのが普通なので、5年で帳消しというわけではあり
ません。

住宅ローン等を申し込む場合には、消費者金融からの借入を完済し、契約解除をきちんと
して5年経ってから申し込むのが得策と言えます。




このエントリーをはてなブックマークに追加