グレーゾーン金利ってなに?

Pocket

金利の上限は、罰則規定のある出資法と罰則規定のない利息制限法で違っています。

利息制限法では最高、年20%、出資法では最高、年29.2%。
この20~29.2%の範囲をグレーゾーンと呼んでいます。

グレーゾーンが生まれたのは、金利の上限が、出資法と利息制限法で違っていたことによります。
貸金業法の改正以前は、罰則規定のある出資法での金利の上限は、年29.2%と定められていました。

それに対して罰則規定のない利息制限法では
10万以下・・・・年20%
10万以上100万以下・・年18%
100万以上・・年15%
と決められています。
20%~29.2%の利息分には罰則はないのですが、条項に、「任意での支払いは認める」という1文があったため(現在はなし)、野放しとなっていました。
ただ、司法の判断は、債務者保護に向き、過払い金訴訟が起こることになり、現在ではグレーゾーン金利は行政指導の対象となっています。この範囲での契約は、貸金業の営業取り消しや認可取り消しにつながります。
いわゆる闇金というのは、出資法違反の29.2%以上で貸すところで、貸金業法認可も取っていないところがほとんどです。

詳しくは→債務整理一発解決サイト


このエントリーをはてなブックマークに追加