使いこなすために知っておきたいリボルビング払い(2)

Pocket

いざ、というときに頼りになるキャッシング。
ただ、キャッシングも「金を借りる」ということには変わりないので、「上手に借りて上手に返す」ということがポイントとなります。前回は、返済方法の1つとして、「リボルビング払いとは?」について解説しましたが、今回はさらにいろいろなリボルビング払いの種類について見ていきましょう。

リボルビング払いとひとくちに言っても、実はさまざまな種類があり、大きくは以下の3つに分けられます。

① 定額方式
② 定率方式
③ 残高スライド方式

①の「定額方式」というのは、毎月決まった定額を返済していく方法ですが、その定額の中身が、元金だけを支払っていくことになるもの(元金定額方式)、元金と利息を合わせた定額を支払っていくことになるもの(元利定額方式)によって2通りあります。
この2通り、同じように見えて実は大きな違いがあります。利息は、借りたお金の額(元本)に対してつくものなので、お金を借りて早く返すためには、「元本が」どんどん減ってくれたほうがよいことになります。この元本が早く減ってくれないと、毎月一生懸命お金を返済しているはずなのに、その多くは利息の支払いにあてられ、期待したほど元本は減っていかないということにもなりかねません。

元金定額方式では、毎月の返済は「定額の元本+元本に応じた利息額」になり、元本は月々定額で減っていくため利息額も月々減り、毎月の返済額も月々減っていくこととなります。

一方、元利定額方式は、元金と利息をあわせた定額をずっと返済していく方式です。元金定額と違って「月々の返済額が定額」で一定しているので計画は立てやすいのですが、月々の返済額の内訳はというと、返済当初は返済額のうち利息の割合が多くなっています。したがって、最初の方はほとんど利息を返していて、元本はそれほど減っていないということになります。とすると、元本が効率よく減っていってくれない分、結局総返済額はこちらの方が高くなります。

では、②の「定率方式」とはどんな仕組みなのでしょうか? 定率方式にも「元金定率方式」「元利定率方式」の2通りがあります。
この定率方式は、その借入残高によってあらかじめ決められた定率で返済額が決まる方式です。元金定率方式では、借入残高によって決まった定率を元金にかけたもの+利息が返済額となります。一方、元利定率方式の場合は、元金と利息を足したものに、借入残高によって決まる定率をかけたものが、月々の返済額となります。
この2つをくらべると、元金だけに定率をかけた元金定率のほうが、月々の返済額にしめる元本の割合が多くなりますので、「元金定率方式」のほうが元本が減るのが早くなります。

そして、③の「残高スライド方式」これは、借入残高に応じて返済額が増減する方式です。

あらかじめ、この借入残高なら毎月の返済額はこの金額、ということが決められているので、その月の借入残高によって返済額も変わります。この「あらかじめ決められた返済金額」だけでは、元本がどれくらい減っていっているのかが、返済している側からはなかなかつかみにくくなっています。
借入残高が減ると毎月の返済額も減るので、一見順調に元本が減っているように見えても、実際はまだ利息の返済額がかなりの割合を占めていたということも起こりえます。「残高スライド方式」においても、やはり元本の返済額はどれくらいなのか? ということを自分でしっかり把握しておきましょう。

同じリボルビング払いといっても、その返済方式の違いによって、お金を返すスピードに差がついてくることがおわかりいただけたでしょうか?

早く効率のよい返済のためには、「どれくらい・どんなふうに元本が返せていっているのか?」を意識する必要があります。そのためには、自分がどの方式で返済しているのか? を知ることはとても大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加