カードローン審査で勤務先に電話のない会社は?モビットVS他社、在籍確認を比較!

Pocket

在籍確認で「勤務先への電話連絡」が行われる理由と方法
モビットWEB完結なら電話・郵送物は一切なし
モビット以外のカードローンで在籍確認電話を回避する方法
「在確電話なし」の弊害は?モビットWEB完結VS一般カードローン

ローンを申し込むときに、必ず通らなければいけないのが、在勤・在宅確認をするための、いわゆる「在籍確認の電話」です。

在籍確認の電話を嫌がる人は意外と多いもの。勤務先に、カードローン会社から電話が掛かると、借入をしているのがばれるのではないか、とか、同僚に不審に思われないか、と心配は尽きません。在宅確認では、配偶者に怪しまれるのでは・・・などと考えてしまいますね。

しかし、近年「WEB完結」という名前で、電話連絡なしの申し込み方法が出現しました。これは、ローン業界の常識では考えられないことです。ここではモビットの「WEB完結」について、一体どういう仕組みになっているのか、また、他のカードローンで勤務先に電話がかかってこないようにする方法はないのかを調べてみました。

→【在籍確認】モビットのWeb完結のメリット(電話なし)と申込資格

→在籍確認の電話連絡なしのおまとめローン、カードローン審査はココだ!

カードローン審査で勤務先に電話連絡のない会社は?モビットVS他社、在籍確認を比較!
目次
■「在籍確認」は何のためにするの?
■「在籍確認の電話」は絶対に避けられない?
■電話連絡一切ゼロのモビット「WEB完結」
 電話の代わりに在籍確認書類を提出
 モビットWEB完結に必要な「2つの条件」
 モビットWEB完結のメリットは?
■モビット以外で在籍確認の電話をなくす方法は?
 審査~融資までの時間が短いローンを選ぶ
 信用情報に問題ない場合に限ります
 ズバリ「カードローン会社に電話して相談」する!
■徹底比較!モビットWEB完結vs他社
 確実に勤務先への電話を避けられるのは?
 申し込み条件や提出書類は?
 借り入れや返済が便利なのは?
■関連記事

「在籍確認」は何のためにするの?

消費者金融系のキャッシングローン(カードローン)は、基本担保や保証人を不要としています。したがって、申し込み者が「毎月きちんと返済を続けていけそうかどうか」、もっとぶっちゃけて言えば、「ちゃんと申告通りに仕事をして、給料をもらっているのか?」という点は、貸す側からすると非常に重要なわけです。

そこで消費者金融は、申し込みフォームに記入された勤務先に、申込者が本当に勤めているのかを調べます。これを「在籍確認」と言います。 もしウソをついて勤務していない会社名が書いてあったり、実は会社を既に退職していて収入がない状態だったりしたら、とうぜんお金は貸せません。勤務状況というのは、そのままその人の「返済能力」に直結するのです。
「そんなウソをつく人、本当にいるの?」と思われるかもしれませんが、実は、勤務状態を偽る人は結構いるんです。もちろんバレたら即審査落ちです。

健康保険証・給料明細や社員証といった書類で勤務状況を確認する方法もありますが、正直なところ「100%」ではありません。たとえば辞めた直後なら、いくらでも証明書の写しは用意できますから。

そこで、在職を確認する一番確実でかんたんな方法として、「勤務先への電話連絡」が、一般的に行われているというわけです。

※在籍確認電話は職場バレする?

実際は、特に消費者系のカードローンの場合、金融機関名を名乗って電話を掛けてくることはありません(銀行の場合は銀行名を名乗ることもあります)。オペレーターもプロですから、個人名を名乗り、さりげなく掛けてくれるものです。

本人が電話口に出れなくても、在職していることがわかればいいので、あれこれ追及して尋ねることもありません。在籍確認は審査を通過するために省けない手順なので、各社とも申込者が過剰に緊張しないように、工夫してくれます。

また、電話番号の履歴が会社に残らないよう、非通知でかけてくれたり、希望があればキャッシング会社所有の携帯電話からかけることもできます。


「在籍確認の電話」は絶対に避けられない?


では、カードローンの審査で職場への電話連絡をくいとめることは、絶対に不可能なのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

たとえばモビットなら、電話連絡や郵送物まで全てゼロにした「WEB完結申込み」という申し込み方法があります。
また、プロミスなどの消費者金融でも、原則としては電話連絡必須ですが、ケースによっては勤務先への電話連絡をはぶいてくれることもあるんですよ。

ただし、この「電話連絡なし」で借入審査を受けるには、ちょっとした条件とコツがあります。これからその点を解説していきます。

電話連絡一切ゼロのモビット「WEB完結」

前述のとおり、モビットには電話連絡・郵送物一切なしの「WEB完結」があります。勤務先への電話だけでなく、本人あての電話連絡すらないわけですから、まさにこれまでのカードローンの常識をくつがえした画期的な商品です。

・電話の代わりに在籍確認書類を提出
「職場への電話連絡なし」で審査を行う、と聞いて私がまっさきに思ったのは、「ではどうやって本当に勤務しているかどうかを確認するの?」ということでした。

まず、カードローン申し込みの際には、各社とも身元を確認する本人確認書類として、運転免許証やパスポートの写しの提出が求められます(最近では画像を撮影したものを、メール添付などで提出出来るようになっています)。借り入れ額などによっては、収入証明書として源泉徴収票や確定申告書の写しが必要になりますが、50万円以下の借り入れなら、ほとんどのケースで「免許証」か「パスポート」のみでOKです。

ところがモビットの「WEB完結」では、これらに加え、勤め先を確認するための書類として、
・健康保険証(社会保険証か組合保険証)
・直近2か月分の給与明細書

の2点が必須となります。
この2点の書類を必ず提出してもらうことで、勤務先と勤務実態を確認する「在籍確認」の代わりとしているというわけですね。

・モビットWEB完結に必要な「2つの条件」
モビットの「WEB完結」は、「誰でも申込める」わけではありません。2つの大きな条件があります。
三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座を持っていること。また、その口座を、モビットの振り込み融資・返済の振り替え口座として利用できること。
②勤務先で「社会保険」に加入していること。
モビットのWEB完結の場合、融資方法は「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行への振込み」、返済方法は「(2つの銀行からの)口座振替」に限られています。したがって、どちらかに口座を持っていなければお話になりません。

もうひとつの「社会保険に加入していること」というのが、人によってはかなり難しい条件になってきます。というのも、さきほど説明したとおり、モビットのWEB完結には勤め先で加入している健康保険証(社会保険証か組合保険証)の提出が必須。要するに、アルバイトやパートで社会保険に加入していなかったり、自営業者で国民健康保険証しか持っていない人などは、モビットのWEB完結には申し込みできないということですね。
正社員や契約社員、派遣社員などで、勤務先の社会保険に加入している人だけしか借りれないので、融資対象は一般のカードローンに比べかなり絞られてしまうということは覚えておきましょう。

・モビット「WEB完結」のメリットは?
WEB完結で申し込むと、電話連絡なしにしてくれるだけでなく、すべての契約手続きをネット上で済ませてくれるので、契約書などの郵便物が自宅に届くこともありません。カードも発行されないので、契約後の取引はすべてカードレスで行われます。つまり、名前の通り、契約書も取引明細もすべてWEB上で行われ、カードも手元にないため、利用が家族や周囲にバレる心配もありません。これはかなり大きなメリットですね。

→ モビットのWEB完結のメリット (在籍確認の電話なし) と申込資格

→モビットのおまとめローン・借り換えローン必勝法

モビット以外で在籍確認の電話をなくす方法は?

最近、プロミスWEBだけで契約が完了できる「WEB完結」というサービスを始めています。
ただしこの「WEB完結」は、契約書類やローンカード発行・郵送をなくすことができるというもので、モビットのように電話連絡まではぶいたローン、ということではありません。現在のところ、「電話はしません」と公言しているのはモビットのWEB完結ただひとつになります。

とはいえ、「職場への電話」には抵抗がある人も多く、相談や苦情もかなり多いんです。たとえば派遣社員などは、派遣会社での電話応答自体が難しいこともありますよね。実のところ、キャッシング会社側も「手間のかかる電話はできることならはぶきたい」という本音もあったりします。実際、プロミスや他のキャッシング業者でも「勤務先への電話連絡」を省略してくれたという例は存在します。

モビットのように「電話はいっさい無し」と公式サイトに記載しているわけではありませんが、ここでは裏技として、「こうしたら電話がかかってこなかった!」という情報をまとめてお教えします。したがって、「100%在籍確認ナシでイケる」わけではない点は、ご承知おきください。

・審査~融資までの時間が短いローンを選ぶ
審査にかかる時間が長いということは、それだけじっくり、入念に返済能力を判定しているということ。つまり、審査の過程を省略できる可能性は限りなく低いのです。たとえば「おまとめローン」や「借り換えローン」と呼ばれているような商品は、審査から結果が出るまで数週間かかることもあります。

逆にねらい目なのが「審査スピードの速いカードローンを選ぶ」こと。「最短で即日融資!」とか、「30分で審査完了!」などと宣伝している金融会社は、審査がそれほど厳しくない=勤務先への電話を省略してもらえる可能性がある、と言えるわけです。プロミスをはじめ、アコムアイフルなどの大手消費者金融では、のきなみ「最短即日」や「30分審査」をウリにしていますから、在籍確認についても交渉の余地あり、と見ていいでしょう。

※銀行系カードローンは?

銀行系のカードローンは近年、消費者金融や信販会社などの貸金業者が保証会社に入るようになり、審査業務もおこなうようになっています。

これにより審査のハードルはぐっと下がり、「即日融資」にも対応する銀行も増えてきました。ただし、銀行カードローンの即日融資には、自動契約機へ足を運ぶ必要があったり、その銀行に口座を持っていることが条件なことがほとんど。大手消費者金融にくらべるとやや「お手軽さに欠ける」印象はあります。

ちなみに新生銀行カードローンレイクは、もともと消費者金融会社であったことから、現在でも「もっとも消費者金融に近い銀行カードローン」と言われています。銀行の振込み時間に契約が間に合えば、新生銀行に口座がなくても当日振込してくれます。

→新生銀行カードローン レイク
・借入希望額を少なくしておく(10万円以下がベター)
融資額が高くなればなるほど、金融機関側は貸し倒れを恐れて融資には慎重になります。つまり、審査にはより力を入れるため、「在籍確認の電話」を省略することは難しくなります。

そこで有効になりうるのが、申し込み時の借入希望額を少額に抑えることです。金額は少なければ少ないほど〇。できれば10万円以下にしておきたいですね。
小さな金額であれば回収不能に陥る可能性も低くなりますから、金融機関側の警戒もゆるくなるというわけです。これは、審査通過率を上げる技でもあるんですよ。

限度額少なめで申し込んだあと、もし途中で「もっとたくさん借りたい…」となった時には、増額の申請をして融資額を増やしてもらうという手もあります。返済の実績をきちんと積んでいれば、増枠はそう難しいことではありません。

→モビットで増額する方法。増額審査マニュアル

・信用情報に問題ない場合に限ります
「短い勤続年数の人」や「短期間に転職を繰り返している人」は、個人信用情報機関に記録されている勤務先情報と現在の勤務先が異なります。その確認のために、在籍確認される可能性が高いです。

また、「個人信用情報機関」の情報(クレジットヒストリー)に延滞や自己破産などの事故情報がある人も要注意です。キャッシング会社側は申込者がきちんと定期的な収入があり、過去に遅延や自己破産の経験のないかといったことを事前に調べますから、金融事故歴があると評価が低くなり、在籍確認にも慎重にならざるを得ません。

職場への電話をなしにしてもらいたい人は、まず自分の信用情報を調べて、問題がないことを確認してから申し込むことをおすすめします。

→ブラックリストとは?その確認方法:クレカから金融ローンまで

・ズバリ「カードローン会社に電話して相談」する!
勤務先への電話がただ「イヤ」という人だけではなく、実際に業務に支障をきたしたり、物理的に電話をつなぐのが難しい職場に勤めている人もいますよね。
審査担当者も鬼ではありませんから、そういった特別な事情があれば相談に乗ってくれます。他の条件(借入状況や返済状況など)に問題がなく、希望融資額も少ない、というような人であれば、電話以外の手段で在籍確認をすませてくれることもあります。まずは問い合わせ用のフリーコールへ電話をして相談してみてください。

ただしその場合には、モビットのWEB完結とおなじく、「在籍の証明できる書類」の提出が不可欠となります。給与明細書や勤務先の名前が入った健康保険証、社員証などを2点以上、用意しておくのがベストです。

徹底比較!モビットWEB完結vs他社

ここまでモビットのWEB完結と他社カードローンの在籍確認について勉強してきましたが、結局どちらが優れているのでしょうか?条件や商品の内容から比べてみました。

・確実に勤務先への電話を避けられるのは?
ここまでの説明を読んできた方ならもうおわかりだと思いますが、確実に電話連絡をなくしたいなら、モビットのWEB完結申し込み一択です。
他のカードローンでも勤務先への電話連絡を避けてくれる可能性はありますが、「絶対」ではありません。

・申し込み条件や提出書類は?
モビットのWeb完結の場合、上でも説明したとおり、勤め先の名前が入った健康保険証(社会保険か組合保険)が必要です。つまり、申し込みできるのは会社員(もしくは社会保険に加入しているパート)か公務員に限られます。自営業や社会保険に入っていないアルバイトなどで国民健康保険の方は対象外になってしまうので、この点は注意してください。

さらにモビットのWEB完結では、貸し付けリスクを下げるための措置として、借入額に関わらず収入を確認できる書類の提出が必要となっています。特に直近の給与明細書は必ず提出がもとめられます。

一方、プロミスなど他の一般カードローンでは、アルバイトでもパートでも、もちろん勤め先の社会保険に加入していなくても大丈夫。申し込みできます。また、一定額以下の借り入れなら、収入証明書の提出は不要。免許証などの本人確認書類さえあれば借りれます。

モビット (WEB完結) プロミス アコム アイフル レイク
必要な銀行口座 三井住友銀行 または
三菱東京UFJ銀行の普通預金口座
指定なし 指定なし 指定なし 指定なし
勤務・収入証明書類 金額に関わらず必要

・給与明細書(直近1ヶ月分)

社会保険証または組合保険証
以下の場合不要

・借入れ希望額が50万円以下

・他社との利用残高の合計100万円以下
以下の場合不要

・借入れ希望額が50万円以下

・他社との利用残高の合計100万円以下
以下の場合不要

・借入れ希望額が50万円以下

・他社との利用残高の合計100万円以下
以下の場合不要

・借入れ希望額が100万円以下
必要な収入証明書類 いずれか

・源泉徴収票(最新のもの)
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月とできれば1年分の賞与明細書)
いずれか

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・税額通知書
・所得(課税)証明書
いずれか

・源泉徴収票
・給与明細書(直近1か月ぶん)
・市民税や県民税の税額決定通知書
・所得証明書(いずれも最新のもの)
いずれか

・源泉徴収票
・給与明細書(直近2か月ぶん)
・住民税決定通知書、納税通知書
・確定申告書
・決算書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書、通知書
いずれか

・源泉徴収票
・所得(課税)証明書
・(上記2点の提出が困難な場合)給与明細書(直近3か月ぶん)
「免許証だけでさっと借りたい」「給与明細書とか、とっておいてないよ…」というような人は、モビットWEB完結以外のキャッシングに申し込んだ方がよさそうですね。

・借り入れや返済が便利なのは?
一般のカードローンでは、契約の際に「ローンカード」が発行されます。
これはATMでお金を引き出したり、返済したりするためのものです。大手消費者金融ならコンビニのATMも利用できるようになっていますから、思い立った時にすぐおろしたり、返済したりできるのが便利です。

ところがモビットWEB完結では、借り入れは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行への振込みキャッシング、返済は2行からの引き落としオンリー。カードレスですから、カードローン用ATMは使えません。また、銀行の振込み時間でなければ融資が実行できませんから、夜間や休日に「急にお金が必要!」となった時にも、すぐにはお金を手にできない可能性があります。

このようなケースを考えると、通常のカードでの申し込みにしようか迷うところですが、確実に「在籍確認の電話なし」で借りれるのはモビットのWEB完結申込みだけなので、自分がもとめているメリットを考慮して、どちらか選ぶようにすると良いでしょう。

※クレジットカードの在籍確認は?

カードローンだけでなく、クレジットカード審査でも、在籍確認はおこなわれます。方法も同じで、ほとんどのクレジットカード会社では、勤務先への電話連絡を基本としています。

ただし、最近では「電話連絡」を省略するクレジット会社も少しずつ出てきています。たとえば楽天カードやヤフーカードなどは、他の個人情報に問題がなければ職場への電話をしないケースもあるようです。

関連記事

  • 在籍確認の電話連絡なしのおまとめローン、カードローン審査はココだ!
  • モビットの審査と評判、即日融資の借り入れ方法
  • モビットのWeb完結のメリット(勤め先確認電話連絡なし)と申込資格
  • モビットのおまとめローン、借り換えローン必勝法
  • モビットで増額する方法。増額審査マニュアル
  • 自動契約機(無人契約機)のあるカードローンと使い方
  • カードローンの申込み基準:年齢・職業・バイト・収入・勤続年数…
  • 教えて!専業主婦が内緒で借りれるカードローンは、ずばりどこ?
  • 自営業・個人自営業でも申し込めるカードローンはここ!
  • 年金受給者でも申し込めるカードローンはここ!
  • カードローン即日融資で失敗しない手順、即日で借りれる会社一覧
  • カードローン人気ランキング(申込み承認数で算出)
  • 「カードローン審査」のしくみを知ろう!
  • あなたが審査に落ちる8つの理由
  • カードローン審査が不安なら、「借入診断(無記名)」でシュミレーション
  • 信用情報機関とは? 回復までの期間とは?(ブラックリストなどの信用情報の解除)
  • スコアリングとは?属性とは?:カードローン審査の影響
  • 審査が通らないです。借入れできない理由は何が考えられますか?
  • ローン審査の申し込みで絶対に嘘をつけない3項目。年収?勤続年数?
  • 「3秒診断」でできるおまとめローン・カードローン
  • 即日融資/収入証明書が不要なおまとめローン・借り換えローン
  • 借金返済一本化で評判の銀行おまとめローン
  • 【関係者情報】審査に通りやすくなる方法:通りやすいローンとは
  • 申し込みブラックでも借りれるカードローン:カードローンブラック対策と賢い申し込み方法
  • 教えて!…パート・アルバイトでも審査に通りやすい銀行カードローン
  • 専業主婦が内緒で借りれるおまとめローン、借り換えローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加