カードローンの申込み基準:年齢・職業・バイト・収入・勤続年数…

Pocket

カードローンに申し込めるのは何歳から何歳までか
カードローンを借りるのに職業や勤務先は関係ある?
バイトや専業主婦は借りれるか
他社から既に借りている人は件数に注意

カードローンの申し込みには、いくつかの基準があります。「申し込み資格」とも呼ばれますが、年齢や収入について決まりがあるため、無駄な審査落ちを防ぐためにも、どのような申込み基準があるのかを確認しておきましょう。

カードローンには消費者金融系・信販系の、いわゆる貸金業法の下に営業している貸金業者発行のものと、銀行法の下に営業している銀行が発行しているものがあります。各カードローンのタイプによって申し込み条件が違います。ここでは、「年齢制限」「職業・勤務先」「勤続年数」「収入」「居住地」「借入件数」といった基準について説明していきます。自分の状況に合ったものを選び、申し込みようにしましょう。

カードローンの申込み基準:年齢・職業・バイト・収入・勤続年数…
目次
■年齢制限
 20歳未満の学生・社会人は借りられない?
 上限は65歳~70歳
■職業・勤務先
 アルバイト・パートタイムや契約社員
 専業主婦
■勤続年数
■収入
■居住地
 地方銀行のカードローン
■借入件数
■まとめ
■関連記事

年齢制限

カードローンは、成人してから、つまり20歳以上でないと申し込みは出来ません。学生が利用できるカードローンでも、20歳にならないと、利用対象にはならないので注意しましょう。

・20歳未満の学生・社会人は借りられない?

カードローンは一般的に、20歳以上であれば学生でもアルバイトなどで安定した収入があれば、借りることができます。ということは、18歳、19歳の大学生・社会人は借りることはできないのでしょうか?そうなんです。銀行や大手消費者金融は20歳以上となっていますので、借りられません。

※18歳でも借りるられる裏技

1.クレジットカードのキャッシング機能
オンラインショッピングの支払にもクレジットカードは必要ですよね。18歳から年会費無料で作りたいなら、楽天カードや三井住友VISAデビュープラスなどがあります。

2.学生ローンの利用
学生ローンとは、学生でも利用することができるキャッシングのことです。ただし、20歳未満の場合、親の同意が必要であったり、20歳以上という制限がある会社も多いです。あくまで、学生対象で社会人は対象外、借入れには学生証が必要です。

・上限は65歳~70歳

利用年齢の上限は、会社によって多少の差があり、だいたい65歳~70歳に定めてあります。65歳以上で、年齢制限が気になる方は、「年金受給者でも申し込めるカードローンはここ!」で、各カードローンの上限年齢をチェックしてみてください。

楽天銀行カードローンは20歳~62歳の利用としていますので、63歳以上は年金受給以前に年齢制限でアウトとなります。70歳以上で利用できるカードローンはほとんどありませんので、収入が年金のみであろうが、アルバイトをしていようが、基本的に70歳になるとカードローンは受付けされません。

関西アーバン銀行のアーバンカードローンの年齢制限は満20歳以上から満75歳未満となっています。他のローンでもうダメだ…となった人にも可能性があるということです。関西に拠点がある銀行ですが、居住地に関わらず申し込みができます。


職業・勤務先

カードローンの申し込み資格には、「安定的な収入のある人」と明記されています。定職があり、安定手的にお給料をもらえるような仕事についていれば、申し込みが可能です。

職業はもっとも重要な審査ポイントになっています。参考までに、審査上、どのような職業が有利になるかと言えば、一番安定しているとみられるのが公務員、次が会社員で、会社の規模によって評価が変わり、もちろん大企業ほど有利になります。

審査に通りやすい順に上げてみますと、
1、公務員
2、正社員
3、契約社員・非正規雇用社員(派遣社員を含む)
4、自営業
5、パート、アルバイト
6、無職(年金暮らしも含む)
7、その他(主婦、学生など)

自営業は安定度から言えば評価が低く、カードローンの審査上は、年収1000万円の自営業の人よりも、年収300万円の会社員の方が高評価なのです。


・アルバイト・パートタイムや契約社員

安定的な収入があれば、アルバイトやパート、契約社員などであっても申し込みが出来ます。アルバイト・パートで問題になるのは、どの程度就業していれば、安定収入と認められるか、ということです。

審査に通す基準は各カードローン会社ごとに線引きがあるようですが、だいたい1年以上仕事をしてる場合は、問題ないでしょう。会社によっては、週3回以上の勤務、とか、正社員並みの勤務状況、など、独自の基準があるようです。


・専業主婦

一言で主婦といっても、お仕事の状況によって事情が変わります。主婦であっても、正社員として普通にお勤めしている場合は何も問題ありませんし、パートやアルバイトで自分の収入があれば、申し込みできます。

カードローンの中でも消費者金融系の場合は、貸金業法の中の総量規制という決まりによって、年収の1/3以上の貸付が出来ないので、パート収入などで年収が少なければ、思うように借り入れ限度額が付かないことがあります。したがって、収入のない主婦は、消費者金融系のカードローンが利用できません。

総量規制の縛りがないのは銀行系のカードローンです。収入のない専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば申し込みが可能です。専業主婦の場合は、多くのカードローンで限度額30万円と決まっているようです。

なかでも、収入のない専業主婦にオススメなのが、イオン銀行カードローンBIGです。専業主婦の借入限度額は30万円という銀行が多い中、イオン銀行カードローンは50万円を設定しています。現段階では、最も高額の借り入れが期待できます。審査完了後4~5日でカードが受け取れて借入れができます。

パート・アルバイトはしているけど、年収60万円程度で、消費者金融系カードローンでは20万円しかつかない、という人は、銀行系カードローンを利用したほうが確実に借入れができるかもしれませんね。


勤続年数

正社員、アルバイトともに、6ヶ月以上勤務していることが基本で1年以上であれば問題ないでしょう。もちろんそれ以上になると、信用度もどんどん上がります。どの程度から申し込めるか、というボーダーラインは、一般的に半年です。半年に満たない勤務経験では、審査に通過するのが難しくなりますので、仕事についたばかりの人、転職したばかりの人は、最低半年は頑張ってから申し込みしたほうが安心です。

収入

各カードローン会社の申し込み資格をチェックしても、「年収○○以上」と書いているところはほとんどありません(唯一オリックス銀行カードローンが200万円以上と明記しています)。カードローンの利用では、年収額が重要だと言うイメージがありますが、実は審査上、年収はあまり大きく取り上げられないのが現実です。

もちろん年収400万円以上あればまず問題ないですし、200万円以下でも、絶対に審査に通れない、ということはありません。それよりも、安定した収入源があるかどうか、という項目の方が重要視されます。

少額の借入の場合、給与明細などの収入を証明する書類を提出しなくてもよい会社もあります。だいたい50万円を超える借入の場合、必ず必要と考えてよいでしょう。

消費者金融系のカードローンは貸金業法の中の総量規制という法律によって、年収の1/3以上の貸付が出来ません。ですので、収入の1/3以上を借りようとするなら、総量規制の縛りがない銀行系カードローンをおすすめします。

居住地

国内に居住している人が対象になります。外国籍の方でも申し込めますが、永住許可を受けている人が対象になり、在留カードや特別永住者証明書の提出が必要になります。極端な例ですが、観光旅行で来日している外国の方が、お金が足りなくなったからと言って借り入れすることはできません。

・地方銀行のカードローン

横浜銀行など地方銀行のカードローンの中には、申込み資格を限定しているものもあります。

横浜銀行カードローンを利用できるのは
- 神奈川県内の全地域
- 東京都内の全地域
- 群馬県 桐生市・前橋市・高崎市
にお住まいか勤め先がある人に限定されています。

一方で、関西アーバン銀行は地方銀行ではありますが、三井住友銀行グループですので、全国どこからでも借入が可能です。


借入件数

他社借入れ件数は重要なポイントになります。4件以上で審査落ちの可能性があります。 他社から何件、いくらの借入があるかというのは、返済能力に関わってきますので、審査基準の中でも最も重要な条件といえるでしょう。

ここでも、消費者金融のカードローンは総量規制という法律により、借入総額が年収の1/3までと決められています。つまり、年収が300万円の場合、すでに他社からの借入が80万円あるとすると、最大でもあと20万円しか借りられないということになります。 また、審査には通っても条件によって借入限度額や金利が変わることもあります。

一方で、銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外です。

・借入診断を利用してみる

手軽に借り入れできるか診断できる「借入診断」サービスをウェブサイトに用意しているカードローンもありますので、心配な人は実際に申し込む前にためしてみることをオススメします。スマートフォンからも診断できます。

【SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 3秒診断】


【アイフル 1秒診断】


【アコム 3秒診断】


【モビット お借入診断】

TOPページの 返済シミュレーション → お借入診断

【三菱東京UFJ 銀行 バンクイック お試し診断】


【新生銀行カードローン レイク お借入診断】


名前や住所などの個人情報を入力する必要はありませんから、誰にも(もちろん相手の金融機関にも)バレる心配はありません。安心して利用してみてください。

まとめ

消費者金融も銀行も、個人信用情報機関に借入状況を照会確認して、審査を行いますので、ウソを記入してもすぐバレるうえに、審査に落ちてしまいます。

一度審査に落ちてしまうと、審査に落ちたという記録が残ってしまい、この記録が消えるのにさらに6ヶ月程度かかります。必ず、正確に正直に記載しましょう。

また、過去に遅延や自己破産等の債務整理の経験があるかどうかも、個人信用情報機関に問い合わせた段階で明らかになります。これらの事故情報がある場合も、審査に落ちる要因となります。

このように、カードローンの申し込みの基準は、はっきり明記されているものや、暗黙の内容となっているものまで、いくつか基準になる項目があります。

新規申し込みする際、ほとんどの人が、金利、毎月の返済額、コンビニ返済手数料、口座振込可能か、口座開設が必要かどうか、手続きの速さ、などを比較します。しかし、審査に通らなければ借入れはできません。審査基準をしっかり理解しましょう。

ここで、説明した以外にも、既婚・未婚や賃貸かマイホームか、返済にいくらあてられるか、特定の銀行口座を持っているかで、同じ条件でも審査結果が変わることがあります。また、審査には通っても、借入限度額や借入利率が変わることもあります。

各ローンサービスの申し込み概要を読んだり、あるいはお問い合わせ窓口に相談してみて、それぞれの審査基準を理解しましょう。そして、これらを知ることで、審査落ちを防ぐことができるのです。インターネットから申し込む場合は、記入ミスも致命的です。充分に確認して送信しましょう。


関連記事

  • 自動契約機(無人契約機)のあるカードローンと使い方
  • カードローンの申込み基準:年齢・職業・バイト・収入・勤続年数…
  • 教えて!専業主婦が内緒で借りれるカードローンは、ずばりどこ?
  • 自営業・個人自営業でも申し込めるカードローンはここ!
  • 年金受給者でも申し込めるカードローンはここ!
  • カードローン即日融資で失敗しない手順、即日で借りれる会社一覧
  • カードローン審査で勤務先に電話のない会社は?モビットVS他社、在籍確認を比較!
  • カードローン人気ランキング(申込み承認数で算出)
  • 「カードローン審査」のしくみを知ろう!
  • あなたが審査に落ちる8つの理由
  • 銀行カードローンの保証会社一覧! 前に審査落ちの保証会社だとまた落ちる!
  • カードローン審査が不安なら、「借入診断(無記名)」でシュミレーション
  • 信用情報機関とは? 回復までの期間とは?(ブラックリストなどの信用情報の解除)
  • スコアリングとは?属性とは?:カードローン審査の影響
  • 「3秒診断」でできるおまとめローン・カードローン
  • 即日融資/収入証明書が不要なおまとめローン・借り換えローン
  • 借金返済一本化で評判の銀行おまとめローン
  • 【関係者情報】審査に通りやすくなる方法:通りやすいローンとは
  • 申し込みブラックでも借りれるカードローン:カードローンブラック対策と賢い申し込み方法
  • 教えて!…パート・アルバイトでも審査に通りやすい銀行カードローン
  • 専業主婦が内緒で借りれるおまとめローン、借り換えローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加