三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの「テレビ窓口」使い方マニュアル

ネットで先に申込むと、待たされない!

三菱東京UFJ銀行の店舗には、「窓口」「ATM」の他に「テレビ窓口」というものが設置されています。

この「テレビ窓口」とは、一つ一つ小さな部屋のように仕切られていて、周囲の人の目を気にせず操作ができる窓口で、口座開設からカードローンの契約まで行えます。そのため、家族に知られるのも嫌だし、他の人からの目が気になる人に重宝されています。

また、テレビ窓口では専属のオペレーターが操作の案内をしてくれますので、初めての人でも困らないようにサポートしてもらえます。

ただし、事前準備をしっかりしなくては二度手間になってしまうことも…。

他にも、契約手続きや契約内容の変更などできることはたくさんあります。ここでは、そんな「テレビ窓口」について詳しく解説をしていきます。

「バンクイック」テレビ窓口
目次
お申込みはこちら

※バンクイックの公式サイトへ飛びます

「テレビ窓口」でできること

わからないことはオペレーターに相談

テレビ窓口は、平日に窓口が終了してしまってなかなか銀行に行けないという人や、ローン関連のことで周りの人の目が気になるという人に嬉しいシステムです。

それは、なんといっても平日でも土曜・祝日(バンクイックば日曜も利用可能)でも利用ができる上に、個別ブースのように仕切られているので周りの目が気になりません。また、この窓口ではローン関連以外にも銀行口座開設やじぶん銀行などのも取り扱っているので、何の用事で来ているのか知り合いにバレる心配もありません。

初めてで不安だという人でも安心してください。テレビ窓口では、オペレーターが案内してくれるので、わからないこともすぐに聞けます。

では、使ってみたくても「テレビ窓口」とは実際どんなサービスを扱っているのか、それを利用するにはどうしたらいいのかなど、詳しく説明していきましょう。

テレビ窓口を利用する前に

このテレビ窓口を利用する前に自分が希望する手続きには何が必要なのかを確認しましょう。

まず、店舗へ行く前にインターネットからの事前予約をしておきましょう。

特に、「口座開設」を希望している人は「ホームページからの事前予約」をした方が便利です。

事前予約を行うときに、申し込み者の登録情報や希望する商品の情報を入力しておくことで、待ち時間を短縮できます。さらに、テレビ窓口での手続きがスムーズになるので、操作でもたつかずにすみます。

次に確認しておきたいことは「テレビ窓口が設置されている店舗」の確認です。

場所によってはこのテレビ窓口を設置していない店舗もあります。そのため、公式サイトの「テレビ窓口設置店の検索」より確認してみましょう。

もし、お住いの近くにテレビ窓口がないという人はインターネットや電話など別の手段を検討してください。

●口座開設
●各種変更手続き
(預金種類や住所などの変更、通帳やカードの喪失や発見の手続き)
●ローン
(カードローンや住宅ローンなど)
●外国送金
●じぶん銀行

(1)口座開設

スマホや郵送では少し時間がかかってしまいますが、店頭窓口の時間じゃ忙しくて行けない…そんな人は、テレビ窓口での口座開設を検討してください。

テレビ窓口での口座開設なら平日18時、土曜祝日も利用が可能となっています。しかも、口座開設が最短即日でキャッシュカードなどが届け先に来るのが約1週間となっています。

利用手順

STEP.1 ホームページ事前受付

パソコンやスマートフォンなどのネット経由で「ホームページ事前予約」にて申し込みをします。
この時、書き間違いにご注意ください。
※受付が完了すると「HP受付番号」というものが発行されます。この番号をどこかに控えるなどをし、テレビ窓口に持参して下さい。(忘れてしまった場合はその入力した情報を利用できず、来店時に入力することになります)

STEP.2 テレビ窓口にて手続き

店舗へ来店し、テレビ窓口にて手続きを開始します。オペレーターがテレビ電話にて案内をしてくれます。
※事前予約で受付番号を忘れた場合、事前予約で入力した情報は1ヵ月後に自動的に削除されます。

STEP.3 ATMにて通帳発行

手続き完了後、ATMにて通帳を受け取って下さい。
※申込内容によっては通帳をATMですぐの発行できない場合があります。そのときは、自宅へと郵送されます。ですが、Eco通帳(インターネット通帳)の場合は、紙媒体の通帳は発行されません。
※三菱東京UFJダイレクトの場合、契約カードの到着前に残高照会などの一部取引きが可能になっています。

STEP.4 キャッシュカード等受け取り

キャッシュカードや三菱東京UFJ銀行ダイレクトの「ご契約カード」は、約1週間程で届け先住所へと郵送(簡易書留)されます。
※転居先への転送は行われません。
※インターネットバンキングは、申込日から45日以内に「契約カード受取登録」を行わなくては取引できなくなります。

受付時間

受付時間は、設置場所によって変わりますので、お間違いのないようご注意下さい。

設置場所:ATMコーナー

書類 受付時間 混雑予想時間
平日 本人確認書類 9:00~18:00 12:00~15:00
その他本人確認書類 9:00~15:00 12:00~15:00
土曜
祝日
本人確認書類 10:00~18:00 比較的余裕がありそうです
その他本人確認書類
手続き不可

設置場所:店舗ロビー

書類 受付時間 混雑予想時間
平日のみ 本人確認書類・
その他本人確認書類
9:00~15:00 12:00~15:00

※日曜、祝日、12/31~1/3、2/11は休業
※年末年始、お盆、3月~4月などの繁忙期により、混雑時間に変動あり。

※本人確認書類…現在の住所が記載されている運転免許証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書
※その他の本人確認書類…上記以外の書類

持ち物

テレビ窓口へお越しの際は、必ず持っていくものとなります。もし、不足している書類などがありましたらまた後日改めての来店になってしまい、二度手間となります。

本人確認書類
対象書類のいずれかを持っている人
・運転免許証
・パスポート
・特別永住者証明書(カード)
※上記いずれも持っていない人は、それ以外の本人確認書類を持参してください。
(こちらの人は、店舗窓口にて本人であるかの確認をするため、平日15:00までに有人店舗へ来店してください。)

印鑑(届印)
シャチハタなど不可

(2)各種変更手続き

今まで普通預金の銀行口座を別の種類に変更したい場合や住所や電話番号の変更などができます。

どんな手続きが行える?

実際にどういった手続きが行えるかを説明していきます。

【預金種類の変更】
この変更内容とは、
・「普通預金」から「スーパー普通預金(メインバンク プラス)
・「メインバンク総合ステートメント提供方式」の変更
・「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」の段階金利型と全額保護型の相互変更
以上のような内容のものとなります。

商品内容によっては取り扱いが出来ない場合があります。その時は、店舗窓口にて手続きを行ってください。

【住所・電話番号の変更】
引っ越したり、登録してある電話番号を変更したいというときに変更が可能となっています。ただし、こちらは代理人による住所変更はできませんので手続きを行う際にはご自身でお願いします。

【喪失・発見】
こちらは、「キャッシュカード」「通帳」「三菱東京UFJ銀行ダイレクト契約カード」「ワンタイムパスワードカード」のみに対応しているサービスとなります。印鑑紛失や、暗証番号の失念によるものに関しては店舗窓口にて手続きを行う必要があります。

以上の内容に関する手続きが可能です。それぞれの利用手続きはほぼ同じような流れですが、持ち物が変わってきますのでご注意下さい。

利用手順

STEP.1 テレビ窓口へ

来店したらテレビ窓口のメニュー画面に表示される「各種お届け」を選択します。

STEP.2 手続き開始

それぞれ希望する手続きをオペレーターに案内してもらい、進めていきます。
※住所・電話番号の変更の場合は「キャッシュカード」が必要となります。

STEP.3 手続き完了

手続きが完了しましたら手続きを終了させます。

【受付時間】

設置場所:ATMコーナー

平日 9:00~18:00
土曜・祝日 10:00~18:00

設置場所:店舗ロビー

平日 9:00~18f:00
土曜・祝日 受付不可

持ち物

【預金種類の変更】

普通預金キャッシュカード

【住所・電話番号の変更】

普通預金または貯蓄預金のキャッシュカード
※場合によっては「マイナンバー(個人番号)が確認できる書類」「新住所を確認できる本人確認書類」が必要になることがあります。
※「店頭ICカード認証取引」の停止をしている場合は、共通印鑑を届けている口座ICカードでの利用はできません。
※代理人カードは利用できません。

【喪失・発見】

本人確認書類
対象書類のいずれかを持っている人
・運転免許証
・パスポート
・特別永住者証明書(カード)

印鑑(届印)
シャチハタなど不可
※発見手続きの場合は、これらに加え、発見されたもの(キャッシュカード・通帳など)もお持ちください。

(3)ローン

ローン相談や手続きもOK!

ここでは、「バンクイック」のカードローン申し込みやカード発行、住宅ローンの相談などローンに関する手続きが行えます。気を付けていただきたいのは、ここでは返済の銀行振込などの設定変更、増額申し込みなどはできません。もし、そういった目的の人がいましたらこちらをご覧ください。

テレビ窓口でのカードローン「バンクイック」への申し込みやカード発行は重宝されています。

その理由は、平日20時まで受け付けている他に、土日祝日も対応しているので普段昼間に時間が取れない会社員や主婦の人、突然お金が必要になったときが日曜日という場合でも申し込みができるのです。しかも、最短40分でカード発行されます(ただし、申し込みの受付時間や審査状況によっては翌日以降の対応になる場合があります)。

また、本人確認書類には「運転免許証」を持っていくのがいいでしょう。運転免許証があれば、その場でカードが発行され、自宅への郵送物はありません。それ以外の書類ですと、カードは後日郵送となってしまいます。

「バンクイック」の手続き

カードローン「バンクイック」の申込方法は簡単ではありますが、審査なども行っていますので、待ち時間が少し長いかもしれません。ですが、少しでも申込手続きをスムーズにという人はこちらの「申込受付シート」を事前に用意しておきましょう。

【利用手順】

STEP.1 テレビ窓口で申し込み

来店したらテレビ窓口にてオペレーターと話をしながら申し込みをしていきます。

STEP.2 審査と回答

必要書類の提出をし、審査申込が完了次第、審査が始まります。その間、少し時間がかかってしまいますが、そのままテレビ窓口内にてお待ち下さい。
※状況により、審査回答が翌日以降に連絡される場合があります。

STEP.3 カード受け取り

審査を通ったらカードの受け取りができます。すぐに受け取りたい人は必ず「運転免許証」をお持ちください。もし、運転免許証をお持ちでない場合は、自宅への郵送となります。

利用手順をみても分かるように、申し込みからカード発行・受け取りまでこの「テレビ窓口」で完了するのは手間もなく、便利と言えます。
しかも、カードを受け取ってから借り入れができるというのも魅力の一つです。

ところで、在籍確認はいつやっているの?
審査のタイミングでおこなわれています。

平日であればこの審査のときに在籍確認もしているので、最短40分という早い対応ができています。そのため、もし、土日祝日に会社が休みの場合、審査結果は翌日以降の対応となる可能性があります。
テレビ窓口はカード発行まで早いから必ずしも即日対応というわけではありません。できれば少し時間に余裕をもって平日に申し込む方が即日対応してもらえるでしょう。

【受付時間】

受付時間 混雑予想時間
平日 9:00~20:00 11:00~15:00
土曜
祝日
10:00~18:00 12:30~15:00
日曜 10:00~17:00 12:30~15:00
※12/31~1/3、2/11は休業

【持ち物】

本人確認書類
有効期限内・現住所記載の原本に限ります。
こちら以外の本人確認書類になると、カードの受け取りは後日郵送の対応となります(学生の人は、加えて学生証も用意する必要があります)。

勤務先の情報
申し込みのとき、勤務先についての記入がありますので、前もって勤務先に関する情報(住所、電話番号、社員数、入社年月)をご用意ください。

収入証明書
(200万円超の利用限度額を希望する場合)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書 その1、その2(個人事業者の人)
・確定申告書 第1表・第2表

上記いずれか1点。
※こちら以外にも追加で書類を用意する場合があります。
※申込時の内容と送付した内容に相違がある場合は、審査結果が変更されることもあります。

事前にしっかりと持ち物を確認し、申込書類などの誤字に気を付けていれば審査申し込みもスムーズにいきます。

【こんな申し込み方法も】

テレビ窓口からであれば申し込みからカード発行までできるのでとても利便性が高いといえます。ですが、バンクイックでは利用者のニーズに合わせた申し込み方法があります。

まずは、ネット申込からテレビ窓口でカード発行してもらうという手順を三菱東京UFJ銀行でもおすすめしています。

もし、テレビ窓口で審査結果を待つのが辛いという人は、パソコンやスマートフォンなどインターネット申込を行い、審査結果が出た後にテレビ窓口に行くという方法がいいでしょう。

ほかにも、土日祝日関係なく申し込みを受け付けている電話(申込先:0120-959-555)からも可能です。こちらも申し込み後、テレビ窓口へ行ってカード発行することができます。

このように、テレビ窓口だけでなく、インターネットや電話なども利用したりもできるので、自分に合った申し込み方法を検討してください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはこちらでも詳しく説明しているので、ぜひ一度ご覧ください。

住宅ローンの新規・借り替えの相談

個室のように仕切られているので、周囲の目も気にならず、聞きたいことをじっくり話すことができるでしょう。書類なども個人情報だから他の人に見られるのは心配、ということなく安心して書類を広げられるのも利点です。

また、このテレビ窓口では住宅ローンの相談や借入可能額の目安、返済シミュレーションなどの案内となっています。実際の申し込みなどは店舗窓口にてお願いします。

【受付時間】

設置場所:ATMコーナー

平日 9:00~18:00
土曜・祝日 10:00~18:00

設置場所:店舗ロビー

平日 9:00~15:00
土曜・祝日 受付不可

【持ち物】

必要書類
・前年度の収入の確認ができる書類(源泉徴収票、確定申告書など)

・借り替えの場合は、現在借入れ中のローン返済予定表も一緒に

※この書類は、なくても相談はできますが、あった方がより正確な相談ができます。

住宅ローン・住宅金融支援機構融資

こちらでは、住宅ローンや住宅金融支援機構融資の繰り上げ返済についての手続きができます。繰り上げ返済や条件の変更にかかる手数料などについてもくわしく話をすることができます(契約内容によっては店舗窓口での対応となります)。

手続きには、それなりの日数がかかりますので、少し余裕をもって相談しましょう。

【利用手順】

STEP.1 テレビ窓口で申し込み

来店したらテレビ窓口にてメニューの「ローン」を選択してください。

STEP.2 オペレーターと手続き

こちらは、テレビを通じてオペレーターと相談しながら進めます。

STEP.3 手続き完了

ここで、郵送での手続きが必要な場合は、その郵送を返送し、完了となります。
※郵送による手続きの案内は、オペレーターがやってくれます。

【受付時間】

設置場所:ATMコーナー

平日 9:00~18:00
土曜・祝日 10:00~18:00

設置場所:店舗ロビー

平日 9:00~15:00
土曜・祝日 受付不可

【持ち物】

●住宅ローンの場合

普通預金キャッシュカード
※「店頭ICカード認証取引」の停止をしている場合は、共通印鑑を届けている口座ICカードでの利用はできません。

印鑑(届印)
シャチハタなど不可

●住宅金融支援機構融資の場合

印鑑(届印)
シャチハタなど不可

※代理人(同居親族限定)が来店の場合には最新の「償還予定表」を用意。

年金担保貸付

こちらの新規申し込みや一括返済の書類を作成します。また、テレビ窓口で手続きをしていくのですが、正式な手続きは支店窓口へ行く必要があります。

テレビ窓口だけで完了する手続きではないのでご注意ください。

【利用手順】

STEP.1 テレビ窓口で申し込み

来店したらテレビ窓口にてメニューの「ローン」を選択してください。

STEP.2 オペレーターと手続き

オペレーターと話しつつ手続きを行います。

STEP.3 支店窓口で正式な手続き

テレビ窓口で手続きが終わりましたら、そのまま支店窓口にて正式な手続きへと進みます。この支店窓口にて手続きは完了となります。

【受付時間】

新規申し込み

平日 9:00~15:00

一括返済

毎月16~20日 9:00~15:00

※20日が銀行窓口の休業日だった場合は、翌営業日になります。

【持ち物】

新規申し込みの場合
・年金振込通知書など
・年金証書
・実印
・収入印紙(申込金額により異なります)
・印鑑証明書
・普通預金通帳(Eco通帳を利用している場合はキャッシュカード)
・本人確認ができる写真付きの書類(運転免許証など)
・資金用途と必要金額の確認ができる資料(融資額が10万円の場合は不要)
一括返済の場合
・返済口座の届印
・通帳(Eco通帳を利用している人はキャッシュカード)
・年金証書預かり証
・実印
・本人確認ができる写真付きの書類(運転免許証など)

(4)外国送金

ここでは、外国送金の手続きができます。

直接テレビ窓口へ行く前に、事前にインターネットより「外国送金依頼書」を作成しておきますと、窓口ですぐに使えて手続きがスムーズになります。ただし、インターネットにてこちらの情報を作成後、10営業日以内に店舗にて手続きを行いましょう。

また、もし前回テレビ窓口で利用したことがあるという人は、それが前回と同一の内容の定期的に送金するものだった場合、そのときの計算書を持参するとさらに手続きが楽になります。

他にも取り扱う通貨なども確認しておいてください。

利用手順

STEP.1 テレビ窓口で手続き

来店したらテレビ窓口にてメニューの「外国送金」を選択し、オペレーターと話しつつ手続きを行ってください。

STEP.2 持参した情報を読み取り

事前に準備をしてきた送金情報を読み取り機械から情報を送ります。

STEP.3 送金情報の確認

送られた送金情報をオペレーターが画面で確認をし、問題や誤りなどがなければ受付は完了となります。

受付時間

平日 キャッシュカード ・磁気ストライプカード ・スーパーICカード、ICキャッシュカード(コンビタイプ)
・スーパーICカード、ICキャッシュカード(セキュリティタイプ身体情報あり)
海外向け・国内他行向け
9:00~18:00

(一部、翌営業日の取引扱いの場合があります)
・スーパーICカード、ICキャッシュカード(セキュリティタイプ身体情報なし) 海外向け9:00~14:00
(円貨建の場合は一部、銀行あては9:00~11:00の取り扱いとなります)

国内他行向け
9:00~11:00
通帳および届印

持ち物

通常の持ち物
・普通預金キャッシュカード(本人のカードで、送金資金引落口座のもの)
・通帳および届印

上記2点のうちいずれか。
銀行側から書類提示を言われた場合
・運転免許証や各種健康保険証などの名前、生年月日、現住所などがわかるもの

こちらも加えて持参してください。

※引き落とし口座は円普通預金のみ、身体情報登録のある口座や通帳が発行されていない口座はキャッシュカードの利用が可能。
※無人店舗のATMや一部出張所に設置されているテレビ窓口では「セキュリティタイプで身体情報登録のあるカード」「通帳および届印」は利用不可。
※取り扱いは本人名義のキャッシュカードのみのため、家族の利用や代理人カードの利用は不可。
※「店頭ICカード認証取引」の停止をしている場合は、共通印鑑を届けている口座ICカードでの利用不可

申し込みに必要な情報

まず、取り扱っている通貨は以下のようになっています。

・円
・ドル
・ユーロ
・英ポンド
・豪ドル
・NZドル
・カナダドル
・香港ドル

対象の通貨があり、外国送金を利用するのであれば、まずはこちらの情報を英文にて作成します。

必要情報
・名前や現住所など申込者に関する情報
・送金先の銀行の情報
・名前や口座番号など受取人に関する情報
・送金目的などの取引に関する情報

※住所などの変更がある場合は、そちらの手続きを先に済ませましょう。
※送金先の国によって受取人に関する情報が必要になるケースがありますので、事前に準備をしておいてください。

外国送金手数料

海外向け 海外他行あて 3,500円
海外当行支店あて 3,000円
国内向け 国内他行あて 外貨建 3,500円
円貨建 送金額
3万円未満
600円
送金額
3万円以上
800円
「円為替取扱手数料」
円貨建で送金の場合は、上記に加え、円為替の取引手数料がかかります。
ですが、国内他行あて送金(依頼するのが個人の場合)は、円為替取扱手数料はかかりません。
2,500円
(テレビ窓口の場合)

その他、送金実行後の内容変更などに別途手数料がかかったりします。詳しくはこちらの「テレビ窓口に関する公式サイト」をご覧ください。

(5)じぶん銀行

こちらでは、じぶん銀行の口座開設などを取り次ぎます。

なぜそんなことができるのか…実は、じぶん銀行とは、2008年にKDDI三菱東京UFJ銀行が設立したインターネット銀行なのです。そのため、銀行代理業者として、じぶん銀行の口座開設の取り次ぎが可能となっています。

また、三菱東京UFJダイレクト(オペレーター対応を除いて)の場合、じぶん銀行と三菱東京UFJ銀行の間での振り込み手数料が無料になります。

テレビ窓口でメニュー画面やオペレーターとの相談をしつつ取り次ぎを申し込んでください。

こちらの申し込みには「携帯電話番号」「携帯メールアドレス」が必要となりますので、事前にメモをとるかなどのご準備ください。そのほか、推奨機種などの情報は「じぶん銀行公式ホームページ」をご覧ください。

受付時間

設置場所:ATMコーナー

平日 9:00~18:00
土曜・祝日 10:00~18:00

設置場所:店舗ロビー

平日 9:00~15:00
土曜・祝日 受付不可

持ち物

必要情報
・現住所記載の運転免許証
・じぶん銀行申込書
・留意事項説明書

※運転免許証以外の本人証明の公的書類はテレビ窓口では受付ておりません。
※郵送専用申込書や店頭への備え付け申込書・留意事項説明書よりご利用ください。

「テレビ窓口」のメリットとデメリット

「テレビ窓口」のメリットとデメリット

ここまで「テレビ窓口」では何ができるのか、利用するにはどういった手順があるのかを説明させていただきました。

ですが、実際にはATMも店舗窓口も便利ではあるのです。

テレビ窓口とはどういったメリットでおすすめしているのか、逆にデメリットには何があるのか、これからはそのことについて検証していきましょう。

メリット

まず、大きなメリットとしては「周囲の目が気にならない」というところです。

最初にも言っているように、テレビ窓口とは個室のようになっていて周囲からは何をやっているのかなどが見えません。その上、テレビ窓口はさまざまな手続きが行えるため、何をしているのかもわからないのです。そのため、ローン返済をしていても、知り合いにテレビ窓口から出てきたところを見られたとしても実際何をやっているかわからないのでバレることも少ないです。

次のメリットとしては「申し込みから完了までオペレーターに相談できる」というところです。

何でも契約や申し込みなどは細かいところが多く、分かりづらいところもあるかと思います。そんなとき、テレビ窓口であればオペレーターが手続きの案内をしてくれるので安心して申し込み手続きができ、契約まで完了します。これなら、初めての人でも安心して申し込むことができますね。

また、「受付時間が長い」というのも普段忙しい人にとっては嬉しいサービスです。

平日忙しくてなかなか銀行にいけない、という人がいましたらご安心ください。テレビ窓口であれば、土曜・祝日も対応しているのです(バンクイックへの申し込みであれば日曜も受け付けています)

テレビ窓口で一通り完了してしまうというのもメリットといえるでしょう。

このように、周囲の人の目が気になる、手続きが初めてで不安だという人にぜひ利用してもらいたいサービスとなっています。

デメリット

一方、デメリットはどこかというと「待ち時間が長い」ということです。

そもそも、突然テレビ窓口へ行って空いているかどうかが問題です。もし、全て利用してあれば待たなくてはいけないのが大きな時間ロスとなります。そのため、テレビ窓口を利用される場合には、インターネットより事前予約を入れるのが一番です。そうなると、ちょっと時間がかかってしまい、すぐにテレビ窓口を使おう!というのには難しくなってしまいますね。

このテレビ窓口が「設置していない店舗がある」というのも意外とデメリットです。

かならず設置しているわけではなく、一度ご自身で近くにテレビ窓口が設置してある店舗やATMはあるかの検索をしなくてはなりません。近くにない場合はインターネットや店舗窓口での手続きしか選べません。

そして、さらにテレビ窓口で不便と思うのは「書類忘れ」です。

予約をしたのはいいものの、持ち物を忘れてしまうともう一度テレビ窓口へ来なければならなくなってしまい、二度手間になってしまいます。事前準備が少し大変かもしれませんね。

また、契約を完結させるには「店舗窓口やインターネットの利用など、別媒体」が必要となることがあります。確かにバンクイックの申し込みではローン審査の結果待ちの時間を短縮できるインターネットからの申し込みは有利に働きます。しかし、それ以外では手続きはこのテレビ窓口で行いますが、本契約には店舗窓口に行かなければならないということに…。さらには受付られない内容は店舗窓口へ移動して聞くという事態になってしまいます。

本当に大切なのは、自分にとってはどのやり方があっているのかを見極めることです。メリット・デメリットをしっかり把握し、より便利に三菱東京UFJ銀行を利用していきましょう。

便利に活用といえば、三菱東京UFJ銀行カードローンを契約されている人には「会員サイト」もおすすめしています。借入金額や残高の照会、返済額の増減など返済に便利なサービスがあります。ぜひこちらもご活用ください。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->