バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)【完全ガイド】おまとめローンの方法も解説!

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)がおまとめローン最強の理由

おまとめローンとして最適な三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、メガバンクのカードローンでありながら、1.8%~14.6%という低金利です。これは通常のカードローンとしても、おまとめローンの利用(※)を考える場合でも、十分な低金利です。

しかも、かつては「審査が厳しい」と言われた銀行カードローンも現在はそうでもなく、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は保証会社(審査も担当)は消費者金融の株式会社アコム。以前よりも審査基準はぐっと引き下げられています(しかもアコムよりたくさん借りれます)

ずばり、おすすめの借入先。特に借入件数3社以内のおまとめローンには最適なのですが、ここではデメリットも押さえた公平な情報をお伝えしていこうと思います。

※同じカードローンでもアイフル以外の消費者金融は金利が高く、大金を借りるのは難しいのでおまとめ向きではありません。当サイトでは「おまとめローンに失敗する人」を増やさないためにも、この三菱東京UFJ銀行カードローン楽天銀行などを「おまとめローンでの借金返済方法」としておすすめしています。

ただし、正社員ではない人、借入件数がすでに4社以上あるという人は、バンクイックでのおまとめは厳しいです。「4件以上借り入れがある」「正社員ではない」という方は、アイフルのおまとめ専用ローンをおすすめいたします。


【利用可能なATM】

  • 三菱東京UFJ銀行

  • セブン銀行

  • ローソン

  • E-net

お申込みはこちら

※公式サイトへ飛びます
※借入4件以上だと審査に通りません!

三菱東京UFJ銀行バンクイックおまとめローン
目次

三菱東京UFJ銀行バンクイックの基本スペックとメリット

即日融資も可能な三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック。超大手銀行カードローンでありながら、手頃な金利と限度額、審査の通りやすさで、非常に申し込みやすいカードローンです。

  • 1.8%~14.6%の低金利設定
  • 銀行なのに即日融資可能!
  • 限度額500万円
  • 毎月の最低返済額は2,000円から
  • 提携ATMがすべて無料
  • 総量規制対象外(年収と無関係)
  • ネットから24時間申し込み可能
  • 銀行引落しで返済できる←重要
  • 「借りれるか?」無記名診断できる

基本情報

実質年利 1.8%~14.6% 限度額 500万円
担保・保証人 不要 審査時間 最短即日
融資スピード 即日融資 借入診断 あり
使えるATM

三菱東京UFJ銀行

セブン銀行

ローソン

E-net

お申込みはこちら

※※三菱東京UFJ銀行の公式サイトへ飛びます

※無記名で「借入可能か」3秒診断できます

※借入4件以上は審査に通らないので注意!

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査と評判、おすすめ度は?

三菱東京UFJ銀行カードローンについて、みなさんが特に気になる情報は、どの程度審査に通りやすいか、実際に使った人の評判はどうなのか、と言うことでしょう。

まずは審査について、まとめてみましょう。

ぶっちゃけ審査は厳しい? 甘い?

バンクイックの審査を担当してるのはアコムだから安心して申込みOK

実際のところ、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの審査は、通りやすくなった、と言えます。 かつては消費者金融と比べて審査が厳しいと言われた銀行カードローンですが、現在はそのようなことはありません。

審査が通りやすくなっている理由は、各銀行系カードローンとも保証会社として入っている消費者金融や信販会社に、審査を委託しているためです。

三菱東京UFJ銀行カードローンは、MUFJグループの消費者金融「株式会社アコム」に保証業務を委託しています。つまり、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査はすべてアコムが行っています。

もともとアコムのメインバンクとして古くから三菱信託銀行が入っており、ご縁のあった両社。アコムが平成20年にMUFGグループ(三菱UFJフィナンシャルグループ)の傘下入りしたことから、無担保ローンの保証業務などをアコムが担当するようになりました。

つまり三菱東京UFJカードローンの審査はアコムが行うようになってから、昔よりも審査基準が下がった、と言えます。

むしろ、アコムサイドとしては、銀行に申し込んでくる人は、消費者金融に申し込む人より年収や職業などの属性(個人ステータス)に優れていることが多いので、自社審査よりもゆとりをもって審査をしてるといった側面があります。

また保証業務を委託している銀行側にとっても、審査基準を低めに設定したところで、万一融資が回収出来なくても保証会社(アコム)に補填してもらえるので安心です。

このような理由で、現在三菱東京UFJ銀行カードローンの審査に通ることは決して難しくないと言うことができます。
おまとめローンの借入先としても、他社借入件数が3社までの方なら、かなり安心して申込めます。

借金返済のコツ(審査の甘さ)

どこかの情報をコピペしてるだけの情報サイト(たくさんあります!)では、内容が修正されないまま「銀行カードローンは審査が厳しいと主張して、むりやり消費者金融に誘導しようとするケースが非常に多いです。

多重債務に苦しんでいる方が消費者金融の一般キャッシングに申し込むと、審査落ちで「より申込みが難しくなる」か、ただ5万円ほど借りれただけで「借入件数が増えて首をしめるだけ」になります。消費者金融でおまとめローンは非常に困難です。ご注意ください!

ただし、アイフルなどの「おまとめ専用ローン」は別です。もともと多重債務者向けに作られた目的ローンですから、総量規制(年収による融資制限)も関係なく、おまとめが成功しやすいのです。また、すでに借り入れが5件を超えているような人は、「おまとめ」より「債務整理」を選んだ方が良いケースもあります。

複数の借り入れがあり返済に苦しんでいる人は、次の選択肢が人生を左右します。決して適当な情報に惑わされないでくださいね。

他の銀行と審査で比較すると?

気になる銀行カードローンの審査が厳しいか、甘いか、について調べたい時、保証会社を調べる事で、ある程度予想することができます。

三菱UFJ銀行と他の有名カードローンの保証会社を比べてみましょう。

審査を行う保証会社を比べる!

カードローン名 保証会社 審査基準
三菱東京UFJ銀行カードローン 株式会社アコム

オリックス銀行カードローン 新生フィナンシャル株式会社(レイクの系列会社)またはオリックス・クレジット株式会社

新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル株式会社

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 株式会社 オリエントコーポレーション(オリコ)

イオン銀行カードローンBIG イオンクレジットサービス 株式会社またはオリックス・クレジット 株式会社

横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス 株式会社(プロミス)

三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス 株式会社(プロミス)

モビット 株式会社モビット

東京スター銀行おまとめローン 株式会社TSBキャピタル

この一覧表でも分かるように、銀行カードローンの審査はどこも消費者金融や信販会社が入っていますね。
その中でも特に審査基準が低めのところには、◎をつけています。

同じように消費者金融に審査をまかせていても、みずほ銀行と三井住友銀行は〇、△、と違います。

その理由は、「みずほ銀行」の場合は銀行のブランドイメージが下がらないようにしているため。

三井住友銀行は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と自動契約機が併設されていたりするので、「住み分け」をハッキリ区別させるためです。

以前は「金利は低いし銀行だから安心だけど、審査がなぁ…」と言われた銀行カードローンですが、審査ハードルが低くなっているのなら銀行カードローンを避ける理由はありません。

大口融資も積極的に行い、金利が安く安心して使える銀行カードローンだからこそ、本気で借金返済や債務整理をしようとしているおまとめ希望者に選んでほしいものです。

審査と借入までの日数は?

三菱東京UFJ銀行では、最短で申し込んだ日に融資が受けられる、即日融資が可能です。(審査と借入れが早い金融機関ほど審査が甘い傾向があります)

審査を消費者金融が担当することで、審査スピードも速くなり、銀行カードローンの中にも即日融資可能なところが出てきています。

融資時間を比べる!

カードローン名 融資までの時間 即日融資の方法
三菱東京UFJ銀行カードローン 即日融資可能 テレビ窓口でカード受け取り
三井住友銀行カードローン 即日融資も可能 テレビ窓口でカード受け取り
プロミス 即日融資も可能 振込融資
横浜銀行カードローン 即日融資も可能 振込融資
オリックス銀行カードローン 最短、即日融資可能 ※契約が完了すれば、最短即日で融資可能です
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》
通常1~2週間
みずほ銀行に口座がある場合
イオン銀行カードローンBIG
通常1~2週間
イオン銀行に口座がある場合

おまとめローンはじっくり検討して選ぶことが多いので、即日融資を求める人は多数ではないと考えられます。

しかし、思い立ったが吉日、とばかりに、素早くおまとめしてしまいたい人は、ぜひ即日融資の条件をチェックしておいてください。

バンクイックで即日融資を受ける方法

三菱東京UFJ銀行カードローンで即日融資を行いたい時は、以下の方法で申込み~審査~融資までを行えます。

テレビ窓口なら最短40分でカード発行、即利用OK!!

インターネットから申し込みを行う

運転免許証を用意する

審査に通過したら、最寄りの三菱東京UFJ銀行に行きテレビ窓口※でローンカードを受け取る

インターネットバンキングかATMから借入金を受け取る

※テレビ窓口とは、ATMコーナーに設置してある機械で、モニターを通じてオペレーターと話しながら、色々な手続きが行えます。

※ローン契約用の機械ではないので、テレビ窓口を使っているのを知人に見られても安心です。もっとも囲まれたブースになっているので、何の手続きをしているかが周囲に見られる心配はありません。

消費者金融の即日融資は口座への振込融資で行われますが、バンクイックはローンカードの発行をもって契約完了になります。したがって、カードを手に入れなければ、借入れすることは出来ません。

ただし、カード発行されれば、その後の借入には振込融資とATMからの融資の両方が使えます。

三菱東京UFJ銀行カードローンを利用するには、まずホームページか申し込み専用サイトからインターネット経由で申し込みを行います。(申し込み受付は24時間ですが、審査結果の連絡は朝9時~平日は21時まで、土日祝日は17時まで)

審査結果は最短30分で分かりますが、審査状況によっては時間がかかるかもしれません。

無事に審査に通過したら、運転免許証※を持って、もよりの三菱東京UFJ銀行の本支店に行きます。

※運転免許証がない人は、テレビ窓口の利用はできません。カードは郵送で受け取りましょう。

ATMコーナーに設置してあるテレビ窓口で契約手続を完了すれば、その場でカードが発行され、借入が可能になります。

その場でATMを使い、融資を引き出してもかまいませんし、三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座があれば、会員サイトから自分の銀行口座へ振込入金の申込みをすることもできます。

最終的にテレビ窓口に行く必要があるのなら、初めからテレビ窓口に行けば良いのでは?と言う意見もありますが、あらかじめネット申し込みで審査を通してしまったほうが、あきらかにスムーズです。

テレビ窓口を使用せず、自宅への郵送でカード受け取りする場合は1週間程度かかります。

それでも、オリックス銀行カードローンと同じくらいなので、カードローン融資としては、早いほうに入るでしょう。

【まとめ】

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、即日融資可能。カードを郵送で受け取る場合も1週間程度で到着。

他の銀行にはない特徴

無記名のお試し診断がある

銀行カードローンには珍しい「お借り入れ診断」をホームページで行うことが可能です。結果表示までわずか3秒

打ち込む情報は、

・生年月日

・性別と独身か既婚か

・健康保険の種類

・他社借入の詳細(件数、金額)

の4項目。

おまとめローンを考える人は、他社借入の状況などで、実際に審査に通るかということが一番の心配事……。

100%お試し審査の通りになるとは言えませんが、借入件数を記載して「ご利用可能です」と出れば、自信を持って申し込めますね。

審査、融資スピード、低金利、でバランスが良い

三菱東京UFJ銀行カードローンは、利用者がカードローンに求める条件のうち、3審査の通りやすさ、融資スピード(即日融資)、低金利、提携ATMの手数料無料をバランスよく備えています。

特に、決め手となるのは金利の低さ。返済実績の豊富な人が500万円の限度額で契約する場合の「最低金利」は1.8%で業界トップクラスの低さですが、はじめての人が借りる場合に適用される「最高金利」同士を他のカードローンと比べても、これまたトップクラスの低さです。

審査を行う保証会社を比べる!

業者名 商品名 金利 限度額 融資までの日数
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円 最短即日
三菱東京UFJ バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円 最短即日
横浜銀行 横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1000万円 最短即日
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 4.0~14.0% 10~1000万円 最短即日
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円 最短即日
東京スターローン スターワンバンクローン(おまとめローン) 5.8~14.8% 30~1000万円 最短数日
アコム 借り換え専用ローン 7.7~18.0% 1~300万円 最短即日
プロミス おまとめローン 6.3~17.8% 1~300万円 最短即日
アイフル おまとめMAX 12.0~15.0% 1~500万円 最短1日

おまとめローンとして利用する際、複数のポイントを押さえたローンは注目度が高いローンと言えます。

またおまとめローンの返済は口座引き落としが鉄則ですが、余剰金の繰上返済にATMがタダでサクッと使えるのはちょっと嬉しいですね!

提携無料ATMを比べる!

カードローン名 無料で使える提携ATM
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 三菱東京UFJ銀行/セブン銀行/ローソン銀行/E-net
オリックス銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行/三井住友銀行/西日本シティ銀行/ゆうちょ銀行/セブン銀行/ローソン銀行/イオン銀行/E-net
じぶん銀行 三菱東京UFJ銀行/ゆうちょ銀行/セブン銀行/ローソン銀行/E-net
楽天銀行スーパーローン 三井住友銀行/みずほ銀行/セブン銀行/ローソン銀行/イオン銀行/E-net
新生銀行カードローン レイク 新生銀行/レイク/セブン銀行/ローソン銀行/E-net
イオン銀行カードローンBIG イオン銀行
セブン銀行カードローン セブン銀行

三菱東京UFJ銀行のデメリット

振込融資・口座引き落としの返済には三菱東京UFJ銀行の口座が必要

通帳がなくても利用は可能!振り込みと引き落としには口座開設が必要!!

三菱東京UFJ銀行のカードローンの申し込み条件には「(当行の)銀行口座は必要ありません」とあります。

事実、UFJ銀行の口座がなくても申し込み可能です。…と言うか、銀行口座を全く持っていなくても、バンクイックの取引は可能です。その場合、借入・返済はすべてATMを使って行うことになります。

しかし、借入・返済を銀行口座を使って行いたい場合は、三菱東京UFJ銀行の自分名義の口座しか使うことが出来ません。

おまとめローンの返済は、返済にあてるためのお給料を使い果たしてしまわないよう、半強制的に銀行の口座引き落としで返済するのが完済への鉄則です。しかし、バンクイックで口座引き落としを利用するには、自分名義のUFJ銀行の口座が必ず必要。

実は、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を厳しくしない理由はここにあります。融資するのが危なっかしい人にお金を貸すリスクと引き換えに、「三菱東京UFJ銀行に口座を作ってもらおう」ということですね。

なので、おまとめローンとして使う人は、バンクイック申し込みの際に必ず口座も開設するようにしましょう。(出来れば計画的に口座開設し、給与受け取り口座として2~3か月実績を積んでおけば、より審査対策として万全になります!)

口座引き落としはカード発行後、自動支払い依頼書と言う書類で申し込みし、手続きが完了してからの利用になります。

なお、振込融資もUFJ銀行の自分名義の口座のみ。自動返済に使う口座と同じ口座を会員サイトから指定してください。

収入証明書が申し込み200万円超で必要

オリックス銀行カードローンや、横浜銀行カードローンは300万円までの借入では原則として収入証明書の提出を免除しています。

しかし、三菱東京UFJ銀行カードローンでは現在、公式サイト上で「収入証明書不要」に関する広告文を掲載しておらず、200万円を超える申し込みの際は、収入証明書が必要になってきます。

限度額が最高で500万円

限度額が500万円というのは、はっきり言って消費者金融並み。オリックス銀行で最大で800万円、みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》で1000万円と高額な限度額が主流になりつつある現在、銀行カードローンで限度額500万円は最も少ない額です。

もっとも、おまとめでも500万円で十分、と言う場合は、さほど問題にならないでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンと比較されるローン

三菱東京UFJ銀行と合わせて、おまとめローンによく名前の上がる大手銀行や消費者金融のカードローン。

これらのカードローン会社を通知表のように4段階評価で表してみましょう!

人気カードローン4段階評価

カードローン名 金利 審査レベル 実際に借りられる額 融資スピード 毎月の返済額
三菱東京UFJ銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

千葉銀行カードローン

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》

×

横浜銀行カードローン

この評価だけを見ると、横浜銀行カードローンは完璧なカードローンに見えます。実際ところ、基本的なスペック使いやすく高評価です。

ただし、申し込みに居住地、または在勤の条件があり(東京都、神奈川県、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市)全国誰でも申し込める、と言うわけにはいきません。

またバンクイックは限度額が500万円と銀行カードローンの中では少な目なので、評価△です。 

お申込みはこちら

※※三菱東京UFJ銀行の公式サイトへ飛びます

※無記名で「借入可能か」3秒診断できます

※借入4件以上は審査に通らないので注意!

三菱東京UFJ銀行の金利と返済は?

50万円・100万円・200万円・500万円の借入で他銀行と金利を比較

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの借入金利は1.8%~14.6%です。

銀行カードローンは限度額別に金利を設定をしていますので、審査結果を待たなくても、金利の予測が出来ます。

バンクイックも極度額別にはっきりとした金利を打ち出しています。消費者金融のように、審査を受けてみないと実際にどのくらいの金利になるかわからない、ということはありません。

人気のおまとめローン4社を比べる

利用限度額が以下の場合 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 イオン銀行
1000万円 設定なし 設定なし 4.0% 設定なし
800万円 設定なし 1.7%~4.8% 4.0% 3.8%
700万円 設定なし 3.5%~5.8% 4.5% 3.8%
600万円 設定なし 3.5%~5.8% 4.5% 4.8%
500万円 1.8%〜6.1% 4.5%~8.8% 5.0% 4.8%
400万円 6.1% 4.5%~8.8% 6.0% 4.8%
300万円 7.1% 5.0%~12.8% 7.0% 7.8%
250万円 8.1% 5.0%~12.8% 9.0% 設定なし
200万円 9.6% 5.0%~12.8% 9.0% 8.8%
150万円 11.6% 6.0%~14.8% 12.0% 設定なし
100万円 12.6% 6.0%~14.8% 12.0% 8.8%
100万円未満
(50万円)
12.6%または14.6% 12.0%~17.8% 14.0% 13.8%

さて、50万円、100万円、200万円、500万円の借入をした場合、バンクイックの金利はどうでしょうか?

オリックス銀行の金利に幅があるため、確定ではありませんが、最も金利が安くなる可能性があるのは50万円借入時と500万円借入時です。

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》、イオン銀行がバンクイックよりも安い金利を確定金利として公式に表示していますが、500万円の借入れではバンクイックの金利が最も安く設定されています。

いくらまで借りれる?(限度額)

三菱東京UFJ銀行 バンクイックの借入限度額は500万円。はっきり言って、これは銀行カードローンの中では少ない額です。アイフルやプロミスと言った消費者金融と同額ですね。

限度額を比べる!

限度額 銀行名
最大1000万円 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》、東京スター銀行おまとめローン、住信FBIネット銀行Mr.カードローン ジャパンネット銀行ネットキャッシング、トマト銀行キューり、広島銀行スーパーカードローンVIP
最大800万円 オリックス銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、りそな銀行プレミアムカードローン イオン銀行カードローンBIG、但馬銀行スピードポケットプラス、など
最大500万円 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローン、紀陽銀行カードローン、 みちのく銀行カードローン、ほか、地郷銀行多数、大手消費者金融各社

高限度額のカードローンのメリットは、実際の利用希望額より限度額が高く設定してもらえた場合、金利が下がるということです。

たとえば、おまとめローンで500万円利用したい場合、実際に限度額は500万円でOKなのだけど、審査でもし700万円の枠が付いたら、500万円の借り入れでも限度額700万円の金利が適応になる、という仕組みです。

しかし、いくら銀行は総量規制(年収によって借入れできる上限が決まる法律り)が無関係とはいえ、いくらでも限度額を上げてくれるわけではありません。

したがって、自分がとてももらえそうもない高限度額に惑わされるよりは、おまとめ希望額が500万円以内で収まるのなら、審査の通りやすさでバンクイックを選ぶのは、きわめて現実的でかしこい方法です。

年収(総量規制)は関係ある?

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)総量規制は関係ありません。銀行カードローンの場合、利用限度額は年収によって上限が決まるわけではなく、申込時の審査によって決まります。

借金返済のコツ(総量規制)
総量規制とは、貸金業法で決められている項目で、利用者の年収の1/3以上を貸し付けてはいけない、という内容です。
プロミスアコムといった貸金業者にだけ適応になりますので、銀行カードローンを利用する際には無関係です。ただし、アイフルのおまとめローンのように、用途が限られている「目的ローン」の場合は、総量規制の対象外となり、ケースによっては年収以上の融資を受けることも可能です。

毎月の返済額と返済方法

返済額

三菱東京UFJ銀行カードローンの毎月の最低返済額は2000円から。これは10万円以下の借入に対する返済額です。

毎月の返済金額は、どこの銀行カードローンでも借入残高によって決まります。月々の負担が気になる人は、希望する限度額でおおよそどのくらい返済すれば良いかを確認しましょう。

借入残高別返済額を比べる!

借入残高 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 イオン銀行
800万円超~ 設定なし 設定なし 1000万超~(利息で超過した場合)
21万円
設定なし
950万超~1000万以下
20万円
900万超~950万以下
19万円
850万超~900万以下
18万円
800万超~850万以下
17万円
700万円超~800万円 80,000円 750万超~800万以下
16万円
60,000円
700万超~750万以下
15万円
600万円超~700万円以下 650万超~700万以下
14万円
600万超~650万以下
13万円
500万円超~600万円以下 70,000円 550万超~600万以下
12万円
50,000円
500万超~550万以下
11万円
400万円超~500万円以下 92,000円~10万円 60,000円 450万超~500万以下
10万円
82,000円~90,000円 400万超~450万以下
90,000円
40,000円
300万円超~400万円以下 72,000円~80,000円 50,000円 350万超~400万以下
80,000円
62,000円~70,000円 300万超~350万以下
70,000円
250万円超~300万円以下 52,000円~60,000円 45,000円 60,000円 35,000円
200万円超~250万円以下 42,000円~50,000円 40,000円 50,000円 30,000円
150万円超~200万円以下 32,000円~40,000円 35,000円 40,000円 25,000円
100万円超~150万円以下 22,000円~30,000円 30,000円 30,000円 20,000円
50万円超~100万円以下 12,000円~20,000円 20,000円 20,000円 15,000円
40万円超~50万円以下 10,000円 10,000円 10,000円
または
前月10日の残高
10,000円
30万円超~40万円以下 8,000円 5,000円
20万円超~30万円以下 6,000円 7,000円 5,000円
10万円超~20万円以下 4,000円 5,000円
10万円以下 2,000円 3,000円

三菱東京UFJ銀行カードローンや、イオン銀行カードローンは、借入額が定額の場合は、毎月の最低返済額はかなりおさえめに設定しています。

ただし!
返済額があまりにも低額だと、支払いが長期にわたり、最終的に利息が増えておまとめした意味がなくなってしまいます。

おまとめローンでは、目先の返済額のみにとらわれない、長期的な計画が必要です。毎月の返済額を押さえて返済期間を延長することは、極力避けなくてはいけません。

どうしても現在毎月の支払いで生活が破綻しかかっている場合は、一時的に返済額をギリギリに設定して生活を整えるのも一案です。

しかし、ひと息ついたら必ず返済額の見直しを行って下さい。完済するには「毎月3万円は返済にあてるぞ!」と言うような気合が必要です。

返済方法

三菱東京UFJ銀行カードローンの返済は、以下の方法が使えます。

三菱東京UFJ銀行の契約者本人名義の口座からの引き落とし

●指定された口座への銀行振込

●提携ATMからの入金

これらの方法で、毎月の希望した指定日に返済を行います(指定口座への振込とATMからの入金では35日ごとの返済も選べますが、毎月返済日が変わるのでおすすめできません)

「東京三菱UFJ銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合の返済」で注意すべきは、以下の2点。

・口座からの自動引き落としは、三菱東京UFJ銀行の契約者本人名義の口座からしかできない
・引き落としは契約完了後、再度手続きが必要

バンクイックの申し込み条件には、銀行口座は必要ありません、とありますが、口座引き落としで返済を行うなら、三菱東京UFJ銀行に自分名義の口座を作っておかなくてはいけません。

口座引き落としによる強制的な返済方法が、借金完済への近道です。

借金返済のコツ(返済方法)

「銀行引き落としで返済する」ということは、おまとめローンを成功させるための必須条件です。おまとめして完済しよう!と意気込んでいても、弱い心に負けてしまうのが人間です。

融資を受けた後、他社への返済法

三菱東京UFJ銀行でおまとめ目的で借入を行った場合、まとめたい借り入れ先には自分で返済してください。

東京スター銀行のようなおまとめ専用ローンでは、ローン会社が直接、数社の借入先に返済(完済)してくれるケースもありますが、バンクイックは一般のカードローンなので、そのようなサービスはありません(だから審査が甘いのです)

したがって、自分で責任をもって返済する必要があります。おまとめとして融資を受けたら、即座にまとめたい借入れをそれぞれ完済しましょう。

利用できる提携ATMと手数料

三菱東京UFJ銀行カードローンは、提携ATMがすべて無料で利用可能です。手数料は必要ありません。

提携ATMの数自体はさほど多くありませんが、コンビニATMが無料で利用できるのは、コストを掛けたくない繰上返済時には便利ですね!

バンクイック提携ATM

終日無料で使える提携ATM
三菱東京UFJ銀行/セブン銀行/ローソン銀行/E-net

申し込み方法と契約までの流れ

三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みには、以下のような方法があります。

・インターネット経由(パソコンやモ バイル)

・テレビ窓口(本支店に設置)

・電話

・郵送

このうち、最も申し込みから契約完了までが速いのは、パソコンやスマホなどからインターネット経由で申し込みを行い、その後テレビ窓口でカード発行してもらうパターンです。

インターネットからの申し込みや契約、実際の借り入れまでをわかりやすくまとめてみました。

借入れまでを図解で解説

PC・スマホから申込めば最短30分で審査の結果が回答されます。

STEP1 まずはお試し診断(無記名)

下記のボタンから公式サイトへアクセスし、「お試し診断」のボタンを押して借入れ可能かチェックしてみてください。(わずか4問。時間1分)

STEP2 「借入れ可能」なら

同じ公式サイトの「お申込みはこちら」の金色のボタンを押して、案内に従い、申込みフォームに記入してください。(10分程度)

STEP3 審査と回答

申込み後、メールまたは電話で審査の結果が回答されてきます。(最短30分)

※審査結果の連絡は9時から21時まで

STEP4 テレビ窓口で契約・カード受取り

三菱東京UFJ銀行の店舗へ出向き、運転免許証と、健康保険証またはパスポート(学生は学生証)をお持ち下さい。200万円以上借りる方は収入証明書として「源泉徴収票」「納税証明書」「確定申告書」「住民税決定通知書」のうち、どれかひとつをお持ち下さい。

ネットから申込んでおけば、その場で契約。ローンカードの受け取りができます。



※郵送やFAXでの手続きもできますが時間がかかります。(3~7日ほど)

収入証明書、口座、保証人は必要?

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでは、200万円を超える利用限度額を希望する場合は、収入証明書の提出が必要です。

原則収入証明書なしで契約できる上限額

千葉銀行カードローン 500万円
三井住友銀行カードローン 300万円
住信SBI銀行Mr.カードローン 300万円
オリックス銀行カードローン 300万円
イオン銀行カードローンBIG 300万円
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 200万円
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 200万円
プロミス・アコム・アイフルなど消費者金融 50万円か、他社と合わせて100万円まで

収入証明書が必要な場合は、以下のような書類を用意して下さい。

収入証明書として使える書類

お勤めの人 源泉徴収表/住民税決定通知書/課税証明書/納税証明書/確定申告書
個人事業主・自営業者・会社経営者など 住民税決定通知書/課税証明書/納税証明書/確定申告書

口座

三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みには、銀行口座は必要ありません。カードローンを発行し、ATMを使って借り入れ・返済が可能だからです。

しかし、借入金を銀行口座で受け取ったり、返済を口座引き落としにしたい場合は、三菱東京UFJ銀行の自分名義の口座しか指定できません。

したがって、確実に口座引き落としで返済したい、本気のおまとめローン希望者は、あらかじめ口座を開設しておくか、ローン申し込み時に同時に口座開設を申し込んでください。

保証人

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、保証人を立てる必要はありません。

現在、銀行カードローンでは、保証人の代わりに保証会社に業務を委託しています。三菱東京UFJ銀行では(株)アコムが保証会社で入っています。

もしも返済不能になった場合は(株)アコムが債権を引き継ぐので、別に保証人を用意する必要はありません。

また、保証料も不要です。

申し込めるのはどんな人?

★ご注意!★ 2016年12月の情報として、「パート・アルバイト」「自営業者」「専業主婦」の審査通過率が大きく下がっています。勤続1年未満(アルバイト)3件以上のローンの借入がすでにある方は、楽天銀行スーパーローンに申し込んだほうが得策です。

三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込めるのは、このような人です。

・年齢が20歳以上65歳以下の人

・日本国内に居住している人(外国籍の場合は永住許可を受けている人)

・(株)アコムの保証を受けられる人

・原則安定した収入のある人

・学生の人も申し込めます

・本人に収入がなく配偶者に収入のある人も申し込めます

では具体的に以下のようなケースはどうでしょうか?

パート・アルバイトは?

パート・アルバイトOK

毎週20時間、とか毎月15日間、などと言うように、毎月継続して仕事があり、安定収入のある場合は、申し込むことが可能です。

収入が安定して継続していることが重要なので、極端に言えば、毎月8万円コンスタントに稼いでいる人の方が、1年に1か月だけ100万円稼いでいる人よりも、安定収入と言う点ではポイントが高いです。

ただし、アルバイトやパートの人は、おまとめするのに十分な金額(100万円以上)を借りるのは難しいです。借り入れが2件以内、金額が数十万程度であれば可能性はありますが、それ以上の人はアイフルのおまとめローンを第一選択肢に入れてください。

自営業者は? 専業主婦は?

自営業者

自営業者・個人事業主OK

自営業者でも毎月安定して収入があれば、もちろん利用可能です。

収入証明書の提出を求められたら、住民税決定通知書や納税証明書、確定申告書などをご用意ください。

専業主婦

専業主婦OK

三菱東京UFJ銀行カードローンは、自分に収入のない専業主婦の人でも、配偶者の収入で申し込むことが出来ます。
ただし、その場合限度額は30万円に限定されますのでご注意ください。
また、専業主婦の方で他社に借入れが1件でもあると、審査落ちの可能性がぐぐっと高くなってしまいます。主婦の方が「おまとめ」としてバンクイックを利用するなら、アルバイトでもいいのでまず「自分で収入を得てから」チャレンジすることをおすすめします。

無職の専業主婦OKのカードローン

カードローン名 専業主婦の限度額
千葉銀行カードローン 30万円
三菱東京UFJ銀行
カードローン バンクイック
30万円
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 30万円
横浜銀行カードローン 専業主婦可
(限度額調査中)
オリックス銀行カードローン 専業主婦不可

借入れ4件以上の人は?

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、銀行カードローンでは珍しく借入診断を行っています。それによれば、借入件数5件でも貸付可能、と出てきます。

しかしながら、他社借入件数5件では、実際のところ審査に通るのは《ほとんど無理》と考えてください。(4件でもかなり難しいです。借入診断はごく簡単な情報だけで判定しますので、本審査と必ず同じ結果になるわけではありません)もし奇跡的にうまくいっても、10万円以下の少額しか借りれない場合がほとんどです。

まずは、おまとめローンをする前に借入件数を4社以内(できれば3件以内)にすること。そして、当サイトおすすめのローンに申し込んでいくのが、最も確実性が高いです。もし4件以上の借り入れで「どうしても今、おまとめをしたい!」という人は、アイフルのおまとめローンで一本化することを検討してみてください。

アイフルおまとめローンの申し込みはこちら
※利用目的の入力欄に必ず「おまとめローン」と記入して申し込んでください!
借金返済のコツ(借入件数申告)

申込みの時、ウソの申告してバレると、その場で審査に落とされてしまいます。

そして、ウソの申告がいちばん多いのが、この「他社借入件数」です。

他社借入件数と、その履歴は、審査の際に必ず個人情報センターにアクセスして調べられますので、絶対にウソは見破られてしまいます。注意しましょう!

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査、必勝法

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査にどうしても通りたい人は、ぜひ以下の点に注意して申し込んでください。

申し込みフォーマットの記入は正確に!ウソ、ミスは厳禁!

実は審査落ちの原因、第1位は、申し込みフォームの記入ミス、って知っていますか?

たとえば生年月日の入力ミスは、正しい個人信用情報が照会出来ないため、即審査落ちになってしまいます。

最近はスマートフォンから申し込む人が多いのですが、画面操作でつい間違えて…と言うことも少なくないとか。

申込は落ち着いて、正確に行いましょう。

複数のカードローンを立て続けに申し込んだりしない

おまとめローンを考える人は、当然複数のローンを抱えていますから、審査落ちを極端に恐れるケースが多いものです。

だからと言って「いっぱい申し込めばどこか通るだろう」とばかりに、あちこちいっぺんに申し込むのは絶対にやめてください。

カードローンの申込情報は、個人信用情報機関に登録されます。短期間に何件もの申し込みを行うと、その情報も全て残り、お金に極端に困っている属性の悪い客、と判断されてしまいます(俗にいう申し込みブラックの状態)。

複数の借入がある時点でリスキーなのですから、さらに条件を悪くすることはやめましょう。

信用情報をきれいにしておく

勧められるままに作ってしまった未使用のクレジットカードやローンカード、ありませんか?

自分ではすっかり忘れていた、普段使っていないこのようなカードでも、与信枠(利用可能なショッピング枠やキャッシング枠)が残ったままになっているので、カードローン審査に影響することがあります。

与信枠は第3者が見ると、いつか使うかも知れない借金の枠、と判断します。「このカードはもう使う予定はないけど…」と言うのは通用しません。

たとえ忘れていた与信枠でも仮に200万円の枠があれば、それだけの信用取引(クレジットカードでのショッピングですね)をしたり、何割かをキャッシングしてしまう可能性もゼロではない、と判断されます。

そのような事態を避けるためにも、日ごろからカード類の管理には気を配り、キャンペーン目当てで特に必要のないカードを申しこんだり、解約せずに放置したりしないように心がけてください。

アコムで審査に落ちた人は申し込まない

半年以内にアコムに申し込みをし、審査落ちした人は申しこまないでください。

バンクイックの審査はアコムが行っているためですが、審査落ちの情報は、個人信用情報機関に半年間は残っています。

したがって、いまバンクイックに申し込んでもまた審査落ちになる可能性が大です。再チャレンジするにしても、少し間隔をあけてからにしましょう。

【裏技】:あらかじめ三菱東京UFJ銀行に口座開設して、給与振込口座にし、実績を作っておく!

銀行口座がなくても申し込み可能な三菱東京UFJ銀行カードローンですが、銀行口座を使った振込融資や、口座引き落としでの返済には、自分名義のUFJの口座が必要です。

おまとめローンの返済には、強制的に口座引き落とし出来る環境が必須。したがって、まだ口座がない人は、あらかじめ口座開設しておくのがスムーズです。

でも、ココでちょっと耳より情報!

実はたいていの銀行カードローンでは、自行で給与の受け取りをしている顧客のほうが、審査通過率が高いのです。

つまり、バンクイックに申し込んで口座開設するのであれば、あらかじめ計画的に口座開設し、自分の給与振り込みを三菱東京UFJ銀行にしてしまいます。

そして、グッと辛抱して、3か月程度は給与振込の実績を積みます。

その後、晴れて顧客の一員として(笑)バンクイックの申込みを行ってください。あらかじめ口座を持っている場合は、申し込み方法も簡略化されているうえ、審査通過率UPも見込まれます。


お申込みはこちら

※三菱東京UFJ銀行の公式サイトへ飛びます

※無記名で「借入可能か」3秒診断できます

※借入4件以上は審査に通らないので注意!

「三菱東京UFJ銀行カードローン」の関連ページ


*おまとめローン審査」の関連ページ*



おまとめローン完全マニュアル

「おまとめローン」とは、多重債務をまとめて低金利のローン一本に借り換えることを言います。

「借入先が多く、毎月の返済が大変」「返済金額や返済回数を管理しきれない」「なんとか利息を減らして完済にもっていきたい」このページにたどり着いたあなたは今現在様々な悩みを持ち、借金の一本化に望みをつないでいるかもしれません。

どうしても返済ができない状況の場合は「債務整理」という手段もあります。たとえば2010年より前に貸金業者から借入をしている人は、利息制限法以上の高金利で融資を受けていた可能性が高く、過払い金請求でお金が戻ってくる可能性もあります。しかしそうでない方は、社会的なダメージを考えればできるだけ自力で完済しておきたいところです。そして、「おまとめローン」ならそれも可能なのです。

当サイトではそんな「借金をおまとめし、自分の力で債務を完済したい」というあなたのために、あらゆる情報を提供しています。まずは基礎知識から実際にオススメのローンまで、役に立つページを厳選しました。ぜひ最後まで目を通して、「おまとめローン」を成功させてください。

おまとめローン完全マニュアル 目次

おまとめローンの基礎知識

「おまとめローン」とは、複数ある借金を一本にまとめて返済を楽にすること

「おまとめローン」というのは、かんたんに言えば「借金の一本化」です。複数ある借金をひとつにまとめることで、《返済日が月に一回になり返済管理が楽になる》《低金利のローンにまとめて借り換えることで利息の負担を減らし、返済総額を抑える》という2つの効果を狙うことができます。

「おまとめローンとは何か」「メリットデメリットは?」などの基本的な知識を得ることによって、あなたの借金返済生活は大きく変わるはずです。まずはこちらの記事をしっかり読んで、多重債務者生活から抜け出す一歩を踏み出しましょう。

おまとめローンの基本的情報

おまとめローンを成功させるコツ

審査に通るための基準を知り、準備をしよう

「おまとめローン」をするには、まず審査に通らなければ話になりません。たとえば借入件数が4件以上ある人などは、おまとめしたいと思ってローンの申し込みをしても、審査で落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。では、審査に通るためにはどうしたらいいのか?おまとめできない場合の対策は?こちらの記事ではおまとめを成功させるためにあなたが把握しておくべき「ポイント」と「コツ」を徹底的に解説しています。

おまとめ成功のために知っておきたいポイントとコツ

元多重債務者のおまとめ体験談

条件に合わせて申し込む、おまとめローンを比較

自営業? 専業主婦? 年収や借入れ件数は? 条件別に見るおまとめローン

おまとめローンに関する基礎知識を頭に入れたら、次はおまとめローンの選び方です。たとえばあなたが「会社員」であれば問題ありませんが、たとえば「自営業」やはたまた「専業主婦」や「パート」の場合、借りれるローンはあるのか。これらの属性によって選ぶべきローンも変わってきます。また、現在の借り入れ件数や残高などの債務状況もローン選びを左右する重要な情報です。こちらの記事を読めば、あなたがどの条件を優先すべきなのか、そして条件で比較したときにどの金融会社のローンを利用すれば有利なのかまで、きちんと理解できるようになっています。

職業によって「審査に通るローン」は絞られる!

現在の「借り入れ件数」によっても選べる銀行は変わる!

その他の条件でおまとめローン先を探す!

おまとめローンを成功させるための裏技

金利を下げる? 延滞を回避? おまとめローンを成功させるための「裏技」

おまとめローンを成功させるのに、ただ「一本にまとめて借り換え」ればいい、と思っている人はいませんか?実は知っておくだけでおまとめを有利に進めることができる、とっておきの裏技があるんです。元銀行の融資担当だった当サイトの管理人ならではの業界裏情報をお教えします。

おまとめローンの裏技テクニック

オススメのおまとめローン

必見!損をしない、オススメのおまとめローンを一挙紹介&徹底解説!

さあ、ここまできたらあとは最終的に「どのローンを選べばお得なのか」を吟味するだけです。こちらにあるページでは、銀行の一般カードローンを中心に当サイト一押しのオススメローンを徹底的に解剖・研究・解説しています。「金利」「限度額」「審査」の3点をきっちり押さえた優秀なローン情報がここにあります。最後まで読んで、あなたにぴったりの「おまとめローン」を見つけてください。

まずは比較ランキングからチェック

オススメ銀行カードローンを徹底解剖

オススメできないおまとめローン

選んじゃダメ!損をする「おまとめローン」を知っておこう

各金融機関では個人向けに色々な金融商品を出していますが、「おまとめに向かない」「おまとめしても損をする」ローンというものも存在します。

たとえば消費者金融は金利が高く、かえって支払額が増えてしまう可能性がありますし、総量規制(貸金業法)の関係から年収の1/3以上の高額融資が受けられません。宣伝文句に惑わされず、正しい「おまとめローン」を選びましょう。

選んではいけないローンとは何か

消費者金融会社のオススメできない「おまとめ専用ローン」

おまとめローンでよくあるご質問Q&A

「おまとめローン」のここがわからない!あなたの疑問に一つ一つわかりやすくお答えします。

「ちょこちょこ出てくる総量規制って何?」「なぜ消費者金融より銀行の方がいいの?」「申し込みブラックってどういう状態?」ここまでおまとめローンについて勉強してきた中で、様々な細かい疑問が出てきたことでしょう。より深く「おまとめローン」を知ってもらうために、当サイトがあなたの疑問に徹底的にお答えします。

おまとめローンQ&A

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->