三井住友銀行おまとめローン・借り換えローン完全ガイド

【利用可能なATM】

  • 三井住友銀行

  • ローソン

  • E-net

  • セブン銀行

  • ゆうちょ銀行

お申込みはこちら

※公式サイトへ飛びます

3大メガバンクのひとつである三井住友銀行のカードローンはおまとめ専用のローンではありませんが、おまとめローンとして最適のスペックなので利用する方も多く、人気があります。

大きな魅力とも言えるのが、なんといっても4.0~14.5%という低金利。審査に通ることができればかなりの低金利で利用することができるので、金利を重視してカードローンを選びたいという方から選択されています。

三井住友銀行といえば消費者金融であるプロミスと提携したことで話題となりましたが、審査難易度や借り入れに関する特徴は全く別物です。金利が低いのは魅力なのですが、そのぶん審査が厳しくなっています。同じく3大メガバンクのひとつであるみずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》よりも審査が厳しいとされているため、パート・アルバイトなどの方の場合、おまとめローンのような100万円を超える大口融資の審査をパスするのは難しいかもしれません。

ここでは「自分の場合は審査に通るのか?」と疑問に思っている方のために、三井住友銀行 おまとめローンの審査基準や長所・短所についてご紹介していきます。

三井住友銀行おまとめローン
目次

三井住友銀行カードローンの基本スペックとメリット

申込みはネット経由で24時間OK!

  • 金利設定4.0%~14.5%
  • 最短で即日審査・即日借入れ
  • 限度額800万円
  • 提携ATMがすべて無料
  • 総量規制対象外(年収と無関係)
  • 300万円までは収入証明書不要
  • ネットバンキングで最短30分審査
  • 口座があれば自動融資が可能

基本情報

実質年利 4.0%~14.5% 融資可能額 800万円
担保・保証人 不要 審査時間 最短即日
融資スピード 最短即日 借入診断 なし
使えるATM

ローン 専用 カード

三井住友銀行

ローソン

E-net

セブン銀行

ゆうちょ銀行

普通預金キャッシュカード

三井住友銀行

セブン銀行

ローソン

E-net

お申込みはこちら

※三井住友銀行の公式サイトへ飛びます

三井住友銀行カードローンの審査と評判、おすすめ度は?

三井住友銀行のおまとめローンは低い金利が魅力ではあるものの、利用するためには審査に通らなければなりません。審査は厳しいと言われていますが、具体的な審査基準や借入までの日数も気になりますよね。

まずは誰もが気になる審査基準に関する項目からチェックしてみましょう。

ぶっちゃけ審査は厳しい? 甘い?

結論から言ってしまえば厳しいです(少額なら簡単)。たとえばセブン銀行やジャパンネット銀行などのような大手ネット銀行よりも3大メガバンクと呼ばれる三井住友銀行みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》三菱東京UFJ銀行カードローンのほうが審査が厳しいというイメージがあると思いますが、三井住友銀行に関して言えば、それは正解。

逆に、みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》は信販会社のオリエントコーポレーションが、三菱東京UFJ銀行は同じグループ会社であるアコムが審査を行うようになってから、審査のハードルは驚くほど下がりました(「大手銀行の消費者金融化」です)。

対して、三井住友銀行はというと、三菱東京UFJ銀行と同じく、グループ会社であるプロミスが審査を行うようになりましたが、審査基準に関しては、昔ながらの敷居の高い大手銀行のレベルを堅持しています。

なぜなら、最近では三井住友銀行カードローンとプロミスのローン契約機が併設されるようになり、「返済能力の高い人は三井住友銀行カードローンへ、返済力の少ない人はプロミスに申込んでね」という住み分けをきっちりと行っているからです。

併設されるローン契約機

審査に関して特に重要なポイントになるのは勤務先に関することです。
たとえば公務員や上場企業にお勤めしてるなど、安定した職業に就いている人であれば三井住友銀行の審査に通る可能性も高く、低い金利での高額融資(おまとめローンなど)が可能となる可能性が高いです。

なので「安定した収入のある方であれば申し込みは可能」とされているものの、パート・アルバイトの方が申し込むのであれば三井住友銀行よりも三菱東京UFJ銀行オリックス銀行を検討したほうが間違いないといえます。

三井住友銀行カードローンには「無記名の借入れ診断(※)」が用意されていないのですが、代わりにプロミスの借入診断を使ってるという人が多いようです。しかし、プロミスは消費者金融であり三井住友銀行は銀行系ですよね。

当然、審査基準や各種条件は違っているわけなので、プロミスの借入診断を参考にして申し込みをするのはおすすめできません。

他の銀行と審査で比較すると?

自分にとって最適なカードローンを選ぼうと思っているのであれば、他社と比較をすることが大切です。審査の通りやすさを比べる際に大きな目安になるのが保証会社です(保証会社が審査を行います)

代表的なカードローンと保 証 会 社

カードローン名 保証会社 審査基準
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

イオン銀行カードローンBIG イオンクレジットサービス株式会社またはオリックス・クレジット株式会社

三菱東京UFJ銀行カードローン 株式会社アコム

オリックス銀行カードローン 新生フィナンシャル株式会社(レイクの系列会社)またはオリックス・クレジット株式会社

新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル株式会社

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)

横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

東京スター銀行おまとめローン 株式会社TSBキャピタル

残念ながら他のカードローンと比較すると三井住友銀行はやや審査が厳しいということが言えます。

ですが、審査基準が◎になっている横浜銀行カードローンも保証会社は三井住友銀行と同じSMBCコンシューマー ファイナンス株式会社であることに疑問を感じた方もいるかもしれません。

しかし、横浜銀行は地方銀行であり、地方銀行は3大メガバンクよりも審査基準のハードルが低めため、根本的に比較する事が難しいのです。

横浜銀行カードローンに申し込み可能なのは神奈川県や東京都、群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市に住んでいる人に限られています。このエリアに住んでいる方であれば確かに借りやすいのですが、その他の地域に住んでいる方は検討することもできません。

他にも、三井住友銀行は自身に安定した収入がなければ申し込みができないため専業主婦は申し込みをすることができないのに対し、横浜銀行カードローンは専業主婦でも問題なく申し込みが可能といった違いもあります。

審査と借入までの日数は?

三井住友銀行カードローンの場合、基本的の融資はは即日融資も可能です。即日融資のためには2つの方法があるので、都合が良い方を選択しましょう。

1. 口座を持たない方(ローン契約機を使う即日融資の方法)

申し込みから全てローン契約機で行うこともできるのですが、スムーズに契約をするためには事前にネット申込を済ませ、審査が通った際にローン契約機でカードを発行すると、もし審査に落ちた時に徒労感が少ないです。

カードが発行されれば、それを使ってATMから借り入れができます(コンビニ可)

2. 口座を持っている方(インターネットバンキングサービスを使った即日融資の方法)

事前にインターネットバンキングに登録済みの方しか利用することができませんが、ログイン後にカードローンの申し込みをし、審査に通れば普通預金のキャッシュカードを使って借り入れができるようになります。

注意しなければならないのが、(2)の方法で即日融資を希望する場合はンターネットバンキングにログインして申込む必要があるということ。ログインせずに通常の申し込みをしてしまうとカードが郵送されてくるまで待たなければなりません。

融資スピードを知る!

カードローン名 融資までの時間 即日融資の方法
三井住友銀行カードローン 即日可能 インターネットバンキングで申し込みまたはローン契約機
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》
通常1~2週間
みずほ銀行に口座がある場合
オリックス銀行カードローン 最短即日(※) ※契約完了の後、最短即日で融資可能
三菱東京UFJ銀行カードローン 即日可能 テレビ窓口でカード受け取り
イオン銀行カードローンBIG
通常1~2週間
イオン銀行に口座がある場合
モビット 即日可能 振込融資
横浜銀行カードローン 即日可能 振込融資

審査は最短30分となっていますが、職場への在籍確認が済まなければ借入ができるようになりません。

土日などで在籍確認ができない場合、審査に通ったとしても実際に借り入れができるようになるのは翌営業日以降になるということは理解しておきましょう。

プロミスでの借り入れが審査に影響するってホント!?

はい。たしかに影響します。

前述したように、三井住友銀行カードローンの審査はプロミスが行っており、その申込み者が過去にプロミスで借入れがあった場合、その「返済履歴」を審査のための大きな判断材料としています。

ですので、

プロミスで延滞なく、しっかり返済を行っていた人

↓↓↓

三井住友銀行カードローンの審査に通りやすくなります。

--------------------------------------

プロミスで延滞などの履歴がある人

↓↓↓

それが発覚した時点で審査に落ちる可能性が高くなります。

三井住友銀行のデメリット

三井住友で借りるデメリットとは?

三井住友銀行はとても金利が安いという長所があるわけですが、欠点についても理解しておきましょう。
先に紹介した「返済能力がある人でなければ大口の融資は審査に通らない可能性が高い」というのが最大の欠点ではありますが、他にもいくつかあります。

口座がないと不便

三井住友銀行では、口座を持っている人を対象としたサービスがいくつかあります。また、口座振替による返済にも対応しているのですが、この返済方法を選択する場合も三井住友銀行に口座が必須となってしまいます。

返済方法としては他にもATM返済や振込返済がありますが、口座振替を選択したい場合は口座を作らなければなりません。

無利息期間が無い

三井住友銀行のカードローンには無利息で借りられるサービスの期間がありません。「次の給料日まであと少しだけ足りないから、数万円だけ借りてすぐに返したい」という場合には、無利息期間があるローンを選択しましょう。そうすれば、実質無料で借りることも可能です。

ただ、無利息期間として用意されているのはアコムなど消費者金融が主で、わずか30日間なので、返済期間が長くなりがちなおまとめローンとして使用する場合はどのみち使えないと言えます。そのため、それほど大きな弱みにはなりません。

ネット口座を作ることで利用できるサービスとは?

ネットバンキングならローンの借り入れもラクラク

三井住友銀行には、SMBCダイレクトというインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングがあります。こちらであれば、カードローンが更に便利に使えるのです。

出金口座として使う

ネット口座で振込・振替などを行う際に、カードローンから出金が可能です。

自動融資

返済用預金口座から公共料金や各種クレジットカード利用代金などが残高不足で引き落とせなかった場合、不足した分をカードローン口座から自動融資できます。こちらは別途登録が必要ですが、うっかり引き落とし日を過ぎてしまうことが多い人にもおすすめです。

三井住友銀行の金利と返済は?

おまとめローンを使用する際には、できるだけ低い金利のところを選ぶのがポイントです。

50万円・100万円・200万円・500万円の借入で他銀行と金利を比較

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%となっており、消費者金融の金利(おおむね初回は18%)などと比較するとかなり低いと言えます。また、銀行系の中でも低いほうなので、金利にこだわってカードローンを探しているという人からも選ばれています。

そこで、この数字が他社と比べてどうなのかまとめてみました。

人気のおまとめローン4社を比べる

利用限度額が以下の場合 三菱東京UFJ銀行 オリックス銀行 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 三井住友銀行
1000万円 設定なし 設定なし 4.0% 設定なし
800万円 設定なし 1.7%~4.8% 4.0% 4.0%~4.5%
700万円 設定なし 3.5%~5.8% 4.5% 4.5%~5.0%
600万円 設定なし 3.5%~5.8% 4.5% 5.0%~6.0%
500万円 1.8%~6.1% 4.5%~8.8% 5.0% 6.0%~7.0%
400万円 6.1% 4.5%~8.8% 6.0% 7.0%~8.0%
300万円 7.1% 5.0%~12.8% 7.0% 8.0%~10.0%
250万円 8.1% 5.0%~12.8% 9.0% 8.0%~10.0%
200万円 9.6% 5.0%~12.8% 9.0% 10.0%~12.0%
150万円 11.6% 6.0%~14.8% 12.0% 10.0%~12.0%
100万円 12.6% 6.0%~14.8% 12.0% 12.0%~14.5%
100万円未満
(50万円)
12.6%または14.6% 12.0%~17.8% 14.0% 12.0%~14.5%

三井住友銀行は総合的に見ても低い金利なのですが、オリックス銀行の金利の低さにはかないません。中でも利用限度額が200万円以下の場合をみてみると、三井住友銀行が10.0%~12.0%であるのに対しオリックス銀行は5.0%~12.8%とかなりの違いがあります。

また、三井住友銀行やオリックス銀行カードローンのように金利幅が設定されてる所は避けたいというのであれば、三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメです。とくに300万円以上の借入れでは、三井住友銀行の下限金利よりお得な金利が約束されています。

三井住友銀行の住宅ローン借入中の方は要チェック!

住宅ローン返済に遅延がない方は、カードローンの新規申し込み時、または増額の申し込みをする際に通常の借入利率より引き下げとなる場合があります。

いくらまで借りれる?(限度額)

三井住友銀行カードローンの借り入れ融資限度額は800万円となっています。

限度額比較

限度額 銀行名
1000万円 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》、東京スター銀行おまとめローン、住信FBIネット銀行Mr.カードローン ジャパンネット銀行ネットキャッシング、トマト銀行キューり、広島銀行スーパーカードローンVIP
800万円 三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、りそな銀行プレミアムカードローン、イオン銀行カードローンBIG、但馬銀行スピードポケットプラス、など
500万円 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローン、紀陽銀行カードローン、 みちのく銀行カードローン、ほか、地郷銀行多数、大手消費者金融各社

消費者金融の多くは500万円までとなっているので、借入額が多い方は選択できなかったかもしれません。ですが、800万円までであればほとんどの場合、「おまとめ」できると思います。

自分の借り入れは総額300万円程度だし…と考えて限度額500万円の銀行を選択する方もいるかもしれません。
ですが、実際のおまとめ額が少なくても800万円の限度額がついた場合、限度額500万円の銀行よりも大幅に金利を抑えることができるのです。

増額希望は電話だけでなくローン契約機からも可能であるというのは魅力ですね。

年収(総量規制)は関係ある?

年収で融資額が制限される「総量規制」は?

三井住友銀行カードローンは総量規制(※)の対称にはなりません。そのため、年収によって借りられる金額が制限されることもありませんし、他社での借入れ金額の総額も関係ありません。

実際にいくらまで融資が受けられるかというのは申し込み時に行われる審査や使用実績によって決められます。

借金返済のコツ
(※ 総 量 規 制とは)

総量規制とは、貸金業法によって定められている「年収の1/3以上の金額を貸し付けてはいけない」という決まりです。

消費者金融やクレジットカードによるキャッシングは対象となりますが、銀行のローンやクレジットカードによるショッピングは規制の対称となりません。

毎月の返済額と返済方法

返済額

どの銀行でも借入残高ごとに返済額が設定されています。三井住友銀行カードローンの返済額は次の通りです。

借入残高ごとの返済額

借入残高 三井住友銀行
700万円超 ~800万円以下 70,000 円
600万円超 ~700万円以下 65,000 円
500万円超~ 600万円以下 60,000 円
450万円超 ~500万円以下 55,000 円
400万円超 ~450万円以下 50,000 円
350万円超 ~400万円以下 45,000 円
300万円超~ 350万円以下 40,000 円
250万円超~ 300万円以下 35,000 円
200万円超 ~250万円以下 30,000 円
150万円超~ 200万円以下 25,000 円
100万円超~ 150万円以下 20,000 円
50万円超 ~100万円以下 15,000 円
50万円以下 10,000 円
1万円未満 1万円を上限とした約定返済時の利息金と借入れ残高の合計額

三井住友銀行の毎月の返済額は、他の銀行と比べても「やや低め」に設定されています。おまとめローンの金額が大きくなると返済額も大きくなってしまいますが、毎月の返済額の少なさにこだわりたいという方でも三井住友銀行カードローンであれば安心でしょう。

ちなみに、三菱東京UFJ銀行カードローンや、横浜銀行カードローンは毎月の返済額が三井住友銀行よりも低く設定されているので、こちらもチェックしてみて下さい。

返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は以下の3つです。

●ATM
●振込み
●口座振替(自動引き落とし)

借金返済のコツ
(おまとめなら口座振替がマスト)

おまとめローンとして、借金のすべてを一本化して完済を目指すなら、返済方法は口座振り替えにしなくてはいけません。理由は明白です。自動的に口座から引き落としにしておけば、「思わぬ無駄遣いで延滞」なんてことが起こりづらいこと(給料日直後がベスト)。そして完済へのモチベーションを「繰上返済」にまわしやすいこと(その際はATMを使用)。

人間というものは弱いものです。まとまったお金が目の前にあると、つい使ってしまうのです。「積立貯金でないと貯金できない人」は、特に注意してください。おまとめローンに限らず、大きな借金の返済は「銀行口座からの自動引き落とし」がマストです。

融資を受けた後、他社への返済法

三井住友銀行のカードローンはおまとめ専用のローンではないということもあり、他社への返済は自分で行う必要があります。実際の融資が降りたら、すぐに他社の返済(完済)をして、借入れ件数を減らしてください。手元に大金があると「これくらいなら」と、すぐに使って、なくなってしまいます。

提携ATMと手 数 料

ATM利用手数料、時間外手数料は全て無料というのが嬉しい点です。

三井住友銀行カードローン提携ATM

ローン専用 カードで使える提携ATM

三井住友銀行

ローソン

E-net

セブン銀行

ゆうちょ銀行

三井住友銀行/E-net/ローソン/セブン銀行/ゆうちょ銀行

普通預金キャッシュカードで使える提携ATM

三井住友銀行

ローソン

E-net

セブン銀行



三井住友銀行/E-net/ローソン/セブン銀行/ゆうちょ銀行

借金返済のコツ
(ローン専用 カード)

財布の中にローン専用カードを入れておくことを不安に感じている方もいるでしょう。仮に見られてしまえば、借金をしてることがバレてしまいますよね。

三井住友銀行ではローン機能とキャッシングカードが一体化されたカードが用意されています。返済を「銀行口座からの自動引き落とし」にすることも考えると、三井住友銀行口座を同時に作ってキャッシュカード兼用にするとよいでしょう。

銀行キャッシュカードと一体!


キャッシングカード一体型を発行している会社は、他にみずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》などがあります。

限度額と増額の方法について

三井住友カードローンの増枠は、電話かローン契約機を使って増額の申し込みをする事が出来ます。

上限は800万円までとなっているので、よく考えたうえで増額を希望しましょう。

増額を希望した全ての人が認められるということではなく、審査に合格した場合に増額が受けられます。

300万円までの借り入れでは収入証明書は不要ですが、増額分を含め希望金額が300万円を越える場合には収入証明書を用意しておきましょう。

借金返済のコツ
(増額審査に受かるためのポイント)

借金返済中にどうしてもお金が足りなくなってしまうこともありますよね。その際に、新たに他の会社のローンを申し込むのではなく、三井住友銀行で増枠を申し込むのがおすすめです。

増枠の審査に通りやすくなるポイントは以下の2つ。

・使用実績を作る
最低でも半年以上遅延なしで返済してることが重要です。

・定期的にカードローンを使う
ほとんど未使用の状態では増額が難しくなります。返済実績がいちばん大事であり、返済実績の優秀な方の場合には、ローン会社のほうから「ぜひ、もっと借りてくれ」というお誘いがあるのです。

申し込み方法と契約までのながれ

借入れまでを図解で解説

STEP1 まずは公式サイトへ移動

三井住友銀行の公式サイトへ移動します。

お申込みはこちら

※三井住友銀行の公式サイトへ

STEP2 申込み(口座がなくても可)

公式サイトの「お申し込みはこちら!」ボタンを押し、申込みフォームに記入をします。(限度額300万円迄なら収入証明書の提出は不要)

STEP3 審査回答

申込み後、最短30分で審査結果が電話またはメールで届きます。

STEP4 契約手続き

郵送とローン契約機(ACM)のどちらでローンカードを受け取るか選択しましょう。(即日融資希望ならローン契約機を選択)

郵送の場合は契約書類とローン専用 カードが届いたあとに本人確認資料を返送します。

ローン契約機を選択した場合は本人確認資料を持って三井住友銀行のローン契約機に向かいます。

本人確認書類は、以下のうちどれかを選びましょう。

他社のカードローンをふくめて300万円以上の融資を希望する場合、所得証明書が必要です。

STEP5 カードの発行
郵送を選択した場合は後日郵送で、ローン契約機を選択した場合は自動契約機でカードが受け取れます。利用開始です。

申し込めるのはどんな人?

三井住友カードローンに申し込める条件とは?

三井住友銀行カードローンに申し込むための条件は次の通りです。

(1) 申込時の年齢が満20歳以上、満65歳以下の人

(2) 原則安定した収入がある人

(3) 保証会社の保証を受けられる人

パート・アルバイトは?

パート・アルバイトとして勤務されている方でも、申し込み可能です。

ただ、正社員など、安定して充分な収入がない方は数百万円の「おまとめローン」として使うのは厳しいと思っておいて下さい。

自営業者は? 専業主婦は?

自営業者

安定した収入が継続していれば申し込み可能ですが、300万円以下でも収入証明書の提出を求められることがあります。

専業主婦

専業主婦の方でも配偶者が安定収入を得ていれば申し込み可能です。

パート・アルバイト・自営業・専業主婦でも申し込みは可能ですが、先に紹介したように、三井住友銀行は安定した職業で働いている方でなければ厳しいカードローンです。

雇用形態や職業の関係から不安があるという方は三菱東京UFJ銀行カードローンオリックス銀行カードローンがおすすめです。

借入れ4件以上の人は?

ケースによりますが、なかなか厳しいです。三井住友銀行カードローンでは返済能力が高いかどうかを重視するので、借り入れ件数が多くなると審査に通りにくいと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンの審査、必勝法

SMBCダイレクトからの申し込みだと審査に通りやすい

銀行系カードローンに申し込む際は、普段から銀行の口座を使っておけば審査が有利になります。三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の口座開設を必須としていませんが、開設しておいて損はありません。

そしてその口座を給与振込口座として登録してる場合は、さらに信用度がアップするので、審査に通る確率がかなり高くなります。

三井住友銀行の口座を持っていないという方はカードローン申し込み前に口座を開設し、半年ほど給与振込口座としての実績を積んでから申し込むのもおすすめです。

先に一般的な申し込みのながれをご紹介しましたが、これ以外の方法としてSMBCダイレクトというネット&モバイルバンキングを通して申し込む方法もあります。

SMBCダイレクトからの申し込みはログイン後に申し込みボタンを押していくだけでいいので非常にスムーズなのが魅力です!

審査完了後に申込代表口座のキャッシュカードを使ってすぐに借り入れが可能となります。

お申込みはこちら

※三井住友銀行の公式サイトへ飛びます

「三井住友銀行カードローン」の関連ページ





カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->