超低金利ローンは融資保証詐欺などの可能性があると聞いたのですが大丈夫?

■Q
超低金利ローンは融資保証詐欺などの可能性があると聞いたのですが「融資保証金詐欺」とはどういったものなのでしょうか?

■A
融資保証金詐欺とは、別名「貸します詐欺」とも呼ばれ、新たな振り込め詐欺の一種です。
主に多重債務者などをターゲットにして、保証金などの名目でお金を振り込ませて騙し取ることを目的にした犯罪です。金融機関などを装い、偽(にせ)のダイレクトメールなどを送ります。
そのメールの内容は「特別な優遇金利で融資可能です。まずは融資額の1割程度の金額を保証金としてお振り込みください」などと書かれていたりします。

本来は融資を受けるのに保証金など必要はありません。しかしいくつもの金融機関からお金を借りていている多重債務者や資金繰りに悩んでいらっしゃる方は「背に腹変えられない状態」。そのため、ワラにもすがるような気持ちでお金を振り込んでしまうことが多いのです(そして騙し取られてしまうわけです)。

この犯罪の手口としては「きちんと印刷されたDMが送られてくる」「新聞広告に電話番号を載せている」など、人の心理を微妙についた方法で、一見しっかりとした金融機関を装っているところに特徴があります。
またこの例のような「保証金を騙し取る」という手口の他にも、契約書の中身に巧妙な罠をしかけて、最初は低金利だったものが、どんどん高金利に膨れあがっていくタイプのものもあります。

振り込め詐欺の中でも、手口が広く知られるようになった「オレオレ詐欺」などが減少傾向にあるのに対して、融資保証金詐欺は年々増加傾向にあります。
超低金利だからといってすべて怪しいとは言い切れませんが、その可能性もありますので、くれぐれもご用心ください。
そしてローンやキャッシングなどは、やはり知名度があり安心できる金融機関を利用することをおすすめいたします。


カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査