「個人信用情報センター」って何ですか? そもそもローン審査ってどういう会社(機関)で行うんですか?

■Q
ローンやキャッシングの審査の際に「個人信用情報センター」というところで照会されると聞きました。そもそも個人信用情報センターって何ですか? どんなことが記録されているのでしょう? ひょっとして本人が自分の情報を見ることはできませんか?

■A
「個人信用情報センター」は、融資の申込みをした人の個人信用情報(住所や年齢・勤務先などの個人情報や、申込み、返済実績、延滞などの事故情報)などを収集・管理を行い、ローン会社や銀行などにその個人信用情報を提供している機関です。ここはキャッシングやクレジット、そしておまとめローンなどの審査をスムーズに行います。こちらは融資の申し込んだ人が延滞や回収不能の事態に陥らないことを目的として設立された機関です。

「個人信用情報センター」と一口に言っていますが、銀行、専業消費者金融、信販会社(クレジット会社)は、原則的にはそれぞれ違った機関を利用することになっています。現在は以下の3つの機関があります。

→全国銀行個人信用情報センター
金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労金、農協など)が会員。
→株式会社シー・アイ・シー(CIC)
信販会社、家電、百貨店、量販店などが会員。
→株式会社日本信用情報機構(JICC)
クレジット会社信販会社などが会員。

さきほど「原則的にはそれぞれ違った機関を利用することになっている」とは言ったものの、現在これらの3つの機関は、それぞれの会員が相互に情報を利用できるようになっています。つまりクレジットで延滞を起こした人の「事故情報」を、銀行の融資担当者が閲覧して知ることも可能だということです(このシステムのことをCRIN:クリンといいます)。

そのため、延滞や未払いなどの履歴がある方は、どんな金融機関からお金を借りるにしても、過去の事故情報が全部(それも即座に!)わかってしまうわけですね。
多重債務などで苦しむ方にとっては、なんとも恨めしいシステムですが、
しかし!
意外にも自分自身で「どんな自分の個人データがどのように記録されているか」が確認することができるんです。これらの情報センターでは「本人開示」といっていて、所定の手続きを踏めば「自分の借入履歴の情報」がわかるようになっています。
借入れの審査が不安な方は「申込みブラック」にならないためにも、あらかじめ自分の情報をチェックしてみると良いですね。

ちなみに、その情報は「どれくらいの期間保存されているのか?」 「ひょっとしたら一生消すことができないの?」というのが気になりますが、安心してください。 「回収不能(自己破産)」などの情報は5年、「返済遅延記録」などは2年間。繰り返し融資を断られた履歴(申込みブラック)などの軽い情報は1ヶ月〜3ヶ月で抹消されるようになっています。つまり、ある程度の期間がたてば消えてしまうのです。
 

■■■関連記事■■■
→「審査」とは何を調べるのか?
→申し込みブラックって何?
→過去の延滞がおまとめローン審査に与える影響は?


カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->