教えて!…銀行と、消費者金融はどこが違うの? 銀行系消費者金融とは?

銀行と消費者金融の「法規制」の違いとは
銀行カードローンと消費者金融はどちらが審査に甘いか
スペックで比較「お得なローン」
銀行カードローンの耳寄り情報

おまとめローンやカードローンの利用を考えるとき、多くの人から「銀行カードローンと消費者金融はどこが違うの?」「どちらが得なの?」という質問・疑問の声を聞きます。

また、最近は大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融(銀行系消費者金融と呼ばれるもの)もあり、「これは銀行なの?消費者金融なの?」と分かりにくく感じている人もいます。

このページでは銀行カードローンと消費者金融の違いをはっきりさせたうえで、銀行カードローンのメリットをまとめてみました。なぜおまとめローンに銀行カードローンが適しているか、の答えも分かります。

銀行 VS 消費者金融  違い
目次

ずばり、銀行と消費者金融の最大の違いは?

昔は「サラ金」と呼ばれて、正直あまりクリーンなイメージのなかった消費者金融。しかし現在、大手消費者金融「プロミス」は、正式名称が「SMBCコンシューマーファイナンス プロミス」となっています。SMBCとは三井住友銀行のことで、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが三井住友銀行グループ傘下の企業になっていることが分かります。

また、近年人気の高いモビットも、そもそもは三菱東京UFJ銀行が作った消費者金融だったのですが、今は三井住友銀行グループに入っています。

このような銀行グループに入っている消費者金融は「銀行系消費者金融」などと呼ばれることがあり、銀行カードローンと消費者金融カードローンの境目を、より分かりにくくしています。

しかし、銀行と消費者金融は明らかに異なったものです。

適用される「法律」が違う!

銀行と消費者金融の最大の違い、それはずばり、それぞれに適用される法律が違う、と言うことです。

銀行は銀行法、という法律に乗っ取って、営業・運営を行っており、消費者金融は貸金業法のもとで営業・運営を行っています。

つまり、消費者金融は貸金業法が適用される貸金業者。一方で、銀行はカードローンやフリーローンなど似たような商品を扱って貸付を行っていても、銀行法のもとに営業しているので、貸金業ではありません。

どの法律の元で会社が成り立っているかが、銀行と消費者金融の根本的な違いです。

どうも分かりにくい…と言う人には、簡単な見分け方をお教えしましょう。

消費者金融(貸金業者)やノンバンクのキャッシングは、ホームページや広告などを見ると、たいてい下の方にこのような表示があります。

モビットの例

◇登録番号:関東財務局長(6)第01239号

これは、貸金業者が協会や財務局に届け出をして、正規に営業している証明番号です。つまり、この表示があればその会社は貸金業者で、かつ正式に運営している(闇金とかではない)業者だ、と判断できます。

ちなみに登録番号の( )内の数字は、登録を更新した回数を表します。更新は3年ごとに行われますので、モビットの場合は15年~18年未満の営業と分かります(2016年現在)。( )内の数字が大きいほど、長く正規な営業を続けている優良な貸金業者と分かります。

「総量規制」という貸金業法の縛りがある消費者金融

さて、カードローンについて調べている時に、必ず出てくるのが「総量規制」と言う言葉です。

総量規制とは、借りる人の年収の1/3以上のお金を貸してはいけない、と言う決まりのことです。たとえば年収100万円の人は約33万円まで、300万円の人は100万円まで、600万円の人には200万円までの貸付が認められます。

この総量規制は、貸金業法のなかに書かれている内容です。つまり、貸金業法のもとに営業・運営している貸金業者(消費者金融)に対する規則です。

例えばプロミスやモビット、アコム、アイフル、といった消費者金融(貸金業者)には、総量規制が適用されます。また、知名度の低いキャッシング業者でも、ホームページやチラシなどに貸金業協会の登録番号などの記載があれば、総量規制の対象となります。

ちなみに、総量規制は1社につき年収の1/3までの借入が出来る、と言う意味ではなく、貸金業者からの借入の合計金額が、年収の1/3まで、と言う意味です。

例えば年間の収入が300万円の人が貸金業者から借りられる上限金額は100万円。カード会社Aから100万円借りてしまうと、もう他社からは借りられません。しかしA社から50万円、B社から30万円の借り入れをしている場合は、あと20万円は借り入れが可能、と言う計算になります。

銀行カードローンは総量規制の適用外

銀行系カードローンは冒頭でお話したとおり、銀行法で運営しており、貸金業法とは無関係。したがって、貸金業法で決められている総量規制は、銀行カードローンには適用されません。

ただし、総量規制が無関係の銀行系ローンとはいえ、例えば年収300万円くらいの人がいきなり契約希望額800万円で借りられたりすることはありません。借入には審査がありますので、返済能力を判断したうえで、貸付できる限度額が決定されます。

銀行カードローンだからいくらでも借りられる、と言うことはありませんので、注意しましょう。

銀行カードローンと消費者金融の「審査」の違いとは?

カードローン利用で一番気になるのは審査ですが、銀行カードローンと消費者金融では審査に差があるのでしょうか?

昔は「銀行はハードルが高い」と言われましたが…

以前は、

・消費者金融審査に通りやすい
・銀行カードローン審査が厳しい

と当たり前のように言われていましたが、実は現在カードローン業界では、この位置づけは崩れています。つまり、銀行カードローンだから消費者金融よりも審査が厳しい、とは言えなくなっています。なぜでしょうか?

その理由を探って行きましょう。

銀行カードローンの審査は消費者金融が行っている

実は…

現在、銀行カードローンの「審査」は、保証会社として入っている消費者金融信販会社が担当しています。

これ、事実です!
銀行カードローンだから銀行のスタッフの人が審査をしているのかと思いきや、実は保証会社として入っている外部の会社に、審査を含めた保証業務を任せている(委託している)状態です。

人気銀行カードローンの【保証会社】

銀行カードローン名 保証会社(審査担当)
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック アコム(株)
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株) ※
イオン銀行カードローンBIG イオンクレジットサービス(株)またはオリックスクレジット(株)
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 (株)オリエントコーポレーション
新生銀行カードローンレイク 新生フィナンシャル(株)
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(株)(プロミス)
※信販会社が保証会社に入っているカードローンを、信販系カードローンなどと呼ぶことがありますが、れっきとした銀行カードローンです!

例えば消費者金融最大手のアコムは、現在「三菱UFJフィナンシャル・グループ」に参入していて、その関係で三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの保証会社になっています。

つまり、バンクイックの審査はアコムが行っている、と言うわけです。

消費者金融や信販会社(クレジットカードの発行などを行う会社)が銀行カードローンの審査を行う場合、消費者金融よりもむしろ銀行のの審査のほうが通りやすくなっている、といえます。銀行カードローンを目指して申し込む人は、もともと属性(住所・氏名・職業などの個人データ)や個人信用情報機関の履歴情報の良いケースが多いからです。

また審査を委託している銀行側も、少々審査を通りやすくしていても、万が一のときには保証会社が債務を引き継いでくれます。お客となる人をより多く集められ、それでいて「貸し倒れの時」にも銀行側にリスクがないため、審査のハードルを下げていても問題なし、という美味しい事情がそこにはあります。

「保証人や担保の必要なローンは審査が楽で、金利も低い」ということは、なんとなくおわかりですよね?

それと同じことです。
銀行カードローンは、消費者金融が保証人がわりになってくれているから、審査が楽で、金利も低いわけです。

まとめ

★有名銀行カードローン審査は、保証会社として入っている消費者金融・信販会社が担当

⇒つまり、銀行カードローンはかなり審査に通りやすい状態

審査スピードもUP!即日融資OKの銀行カードローンもあり

銀行カードローンの審査を消費者金融や信販会社が担当するメリットは、審査が通りやすくなったことだけではありません。

銀行カードローンの運営に消費者金融の持つノウハウが活かされ、サービス面が充実してきています。

例えば消費者金融では当たり前の即日融資(申込み当日に在籍確認含む審査を完了させ、契約・融資を行うこと)は、かつて銀行では見られなかったサービスのひとつです。

銀行カードローン商品はもともと審査時間が長く、ローンカード発行までに時間が必要でしたが、現在は即日融資ができる銀行カードローンも登場しました。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと、新生銀行カードローンレイクは即日融資が可能。三菱東京UFJバンクイックは本支店にあるテレビ窓口で即日カード発行可能ですし、新生銀行レイクは振込融資がで出来ます。

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》では、すでに口座を保有している場合に限り、即日融資ができるケースがあります。

またカードローン返済日を知らせるメールサービスなどを取り入れている銀行もあり、サービス面でも銀行・消費者金融の違いはさほど大きいものではありません。

【まとめ】
銀行カードローンの保証会社に消費者金融や信販会社が入ることによって、審査の通りやすさや審査スピードに差がなくなったといえます。

銀行カードローンVS消費者金融

お得に借りれるのはどっち?

ここからはカードローンの金利や限度額などについて、銀行と消費者金融を具体的に比較してみましょう。

金利が低く、限度額別の設定で分かりやすい銀行カードローン

銀行カードローンと消費者金融では金利設定の方法が違います。

消費者金融の場合

金利設定は幅を持たせて〇○%~△△%との表示になっており、借入額に関わらず、審査によって、この範囲で適用金利が決定されます。

初めての申し込みでは最高金利が適用されることがほとんどで、その後の取り引きや利用額に応じて金利の引き下げが行われます。

消費者金融の金利例

消費者金融名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%

銀行カードローンの場合

銀行カードローンでは、融資限度額別にに、あらかじめ適用金利が決定されています。審査を待たなくても、借入希望額でおよその金利がわかるのがメリット。

限度額が大きくなれば、初めての申込であっても、金利が低く設定されているのが特徴です。

銀行カードローンの金利例

利用限度額が以下の場合 オリックス銀行 三菱東京UFJ銀行 イオン銀行
800万円 1.7%~4.8% 設定なし 3.8%
700万円 3.5%~5.8% 設定なし 3.8%
600万円 3.5%~5.8% 設定なし 4.8%
500万円 4.5%~8.8% 1.8%〜6.1% 4.8%
400万円 4.5%~8.8% 6.1% 4.8%
300万円 5.0%~12.8% 7.1% 7.8%
250万円 5.0%~12.8% 8.1% 設定なし
200万円 5.0%~12.8% 9.6% 8.8%
150万円 6.0%~14.8% 11.6% 設定なし
100万円 6.0%~14.8% 12.6% 8.8%
100万円未満
(50万円)
12.0%~17.8% 12.6%または14.6% 13.8%

借入限度額も銀行のほうが高額設定

借入限度額は、大手消費者金融は500万円で横並びです。

銀行カードローンは近年高額化が進み、最高で1000万円のカードローンも登場しています。

カードローン限度額の例

限度額 銀行名
最高1000万円 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》
最高800万円 オリックス銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、イオン銀行カードローンBIG、モビットなど
最高500万円 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローン、プロミス、アコムなど大手消費者金融各社

最少返済額はどちらが低い?

毎月の返済額も消費者金融と銀行では設定が異なる為、どちらが低いとはなかなか断言できません。

消費者金融の場合

消費者金融の最低返済額は、借入金額にし決められた一定の割合を掛けて計算します。

プロミスの例

借入残高 返済額※ 返済回数
30万円以下 残高 × 3.61% 36回まで
30万円超100万円以下 残高 × 2.53% 60回まで
100万円超 残高 × 1.99% 80回まで
※1000円未満切り上げ

例えば5万円借入の最小返済額計算方法は、
5万円×3.61%=1,805円
⇒ 切り上げで2000円が毎月の返済額になります。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンでは、最低返済額も限度額別に決められています。返済額がおさえめなことで人気の三菱東京UFJ銀行では、消費者金融並みに2000円からの設定です。

三菱東京UFJ銀行の例

借入残高 三菱東京UFJ銀行
400万円超~500万円以下 92,000円~10万円
82,000円~90,000円
300万円超~400万円以下 72,000円~80,000円
62,000円~70,000円
250万円超~300万円以下 52,000円~60,000円
200万円超~250万円以下 42,000円~50,000円
150万円超~200万円以下 32,000円~40,000円
100万円超~150万円以下 22,000円~30,000円
50万円超~100万円以下 12,000円~20,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
10万円以下 2,000円
※1000円未満切り上げ

全体としてみれば、銀行カードローンのほうが、消費者金融よりも返済額はやや高めの印象があります。

ただし毎月の返済額は低いほどよい、というものではありません。あまりにも返済額が少ないと完済までの時間がかかりますので、その分利息の支払総額がどんどん増えていくこと知っておきましょう。

最低返済額に惑わされず、可能な範囲でしっかり返済を続けたほうが、最終的に総支払額をおさえることが出来ます。

銀行カードローンが消費者金融に負けている点ってある?

無利息サービスは?じつは銀行カードローンにもあり

消費者金融専業会社の方がサービス面での工夫が多いように感じますが、特に目を引くのは無利息サービスです。

プロミス・アコム・ノーローンといった消費者金融では、初めての申込などの条件を満たせば、一定期間利息が掛からないカードローンサービスを行っています。

銀行カードローンにはないサービスのように思いますが、実は新生銀行カードローンレイクが、30日間または180日間の無利息期間キャンペーンを常時行っています。

初回の振込融資は消費者金融だけ!

初めての申込みでは、消費者金融はどこもすみやかに振込融資を行ってくれます。銀行カードローンではカード発行後の取引が中心で、即日融資は出来ますが、口座保有や本支店でカード受け取りなどの条件がつきます。

トータルでメリットの大きい銀行カードローン。消費者金融はどんなときに使える?

審査に通りやすく低金利で高限度額。サービス面でも良いとなれば、銀行カードローンを活用しない手はありません。

では逆に消費者金融を選ぶべきなのは、どのような場合でしょうか?

・少額でもとにかく素早く、出来るだけスムーズに入金して欲しい

・緊急でつなぎ資金が欲しい

おまとめローンとかではなく、出来るだけ早く、スムーズに借入れを行いたい場合は、消費者金融が本領を発揮します。銀行カードローンと消費者金融の違いを知っておくと、キャッシングしたいときに適切なチョイスができますね!

知っておくと便利!銀行カードローン豆知識

銀行ローンの知っておくと便利な豆知識とは

最後に、銀行カードローンを利用する際に知っておくと便利な知識をまとめておきましょう。

専業主婦が借りるなら銀行カードローン、の理由

消費者金融では、総量規制により貸付可能額が年収によって計算されるため、無職の専業主婦が借り入れができません。そのような場合は専業主婦枠のある銀行カードローンを利用しましょう。

給与振込の銀行が狙い目

給与受け取りに利用している銀行では、カードローンなどほかの審査にも通りやすい傾向があります。

会社員で、どうしても利用したい銀行カードローンがあるなら、口座を開設してあらかじめ1~2か月、給与受け取りの実績をつくってから申し込むのもおすすめです。

住宅ローンと一緒の利用で金利が下がるケースも!

住宅ローンとセットで利用すると、カードローン金利が下がる可能性があります。すでに住宅ローンを組んでいる人なら、まずはその銀行のカードローンをそらべているのも一案です。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->