金利が高くて元本がなかなか減りません。良い解決法はありませんか?

■Q
金利が高くて元本がなかなか減りません。良い解決法はありませんか?

■A
解決法は3つあります。

1. 金利が低いローンへの借り換え
2.(現在のローンで返済実績があれば)金利引き下げの交渉
3.(利息制限法より高金利だったら)特定調停

金利が低いローンに借り換えた場合、借りているお金の元金の返済のスピードが早くなります。たとえば、100万円を実質年率15%で借り入れしている場合、以下のようになります。

--------------------------------
一ヶ月分の利息は
1,000,000×15(%)×1/365(日)×30(日)=12,328円

仮に毎月の支払額を20,000円とした場合、元金に充当される分は
20,000円 − 12,328円 = 7,672円
--------------------------------
となります。

つまり支払額の約38%しか元金に充当されません。
これを実質年率8%の低金利ローンで借り換えた場合どうなるでしょう。

--------------------------------
一ヶ月分の利息は
1,000,000×8.0(%)×1/365(日)×30(日)=6,575円

毎月の支払額を20,000円とした場合、元金に充当される分は
20,000円 − 6575円 = 13,425円
--------------------------------
となり、この場合、支払額の約67%が元金に充当されることになります。

67%と38%では1.7倍も違います。この差が返済総額に反映されてくることで、
グーンと返済期間が短くなります。

また、借りている金利が利息制限法以上の場合などは
特定調停による債務整理が考えられます。

特定調停というのは、簡易裁判所の調停委員があなたと貸金業者の間に入って話し合いで解決していく方法です。

高い金利で現在借りているということなので、利息制限法に基づいて再計算を行い、元本や利息の減額など協議和解をします。
その場合は返せる範囲内で返済していくことになります。
再計算の結果、過去に利息を多く払い過ぎた場合には、「過払い」といって、払い過ぎたぶんのお金が戻ってくることもあります。

貸金業者側もあなたが自己破産されると困ってしまうので、和解に応じる可能性が高いのです。そのかわり以後少なくとも5年間はどの金融機関からもローンは組めませんので、あしからず。

任意整理・過払い金請求・特定調停・民事再生・自己破産などについては、以下のサイトをご参照、ご相談ください。
→詳細、ご相談は「債務整理.COM」へ(外部リンク)


■■■関連記事■■■
→過払いとグレーゾーン金利について
→おまとめ前に!借入件数を減らす方法


カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査