パチンコ・パチスロで借金返済できない科学的な理由…ギャンブルで借金地獄!

これを読んでいるそこのアナタ…

もしや、パチンコやスロットなどのギャンブル依存で膨れ上がった借金を、あえて「パチスロで返済しよう」だなんて思っていませんか?

今回はそんなパチンコと借金にまつわるおハナシです。

結論から先に申し上げてしまいましょう。

限りなく無理ですww


では、なぜ「無理」なのかをこれからシンプルに、科学的に、ご説明いたします。

あ、

説教は聞きたくないですか。
なるほどー。
ではご自由に「借金地獄エクスプレス」へどーぞ、どーぞ。

ちなみに、筆者はパチプロではありませんがバイナリーオプション(FXの丁半博打)のセミプロでした。ギャンブラーです。

5年間トータルでの勝率は67.25%。
ペイアウト率(還元率)で言えば121.05%。
無作為にプレイした時の標準ペイアウト率が90%なので悪くない数字です。つーか、本格的にやったことのある人ならわかるでしょうが「すげーだろ」って感じです。

それでもバイナリーオプション、つまりギャンブルで借金は返済できないという結論に達しました。(貯金はできます。でも借金の返済はできません。そこには大きな違いと理由があります)

パチンコも同じです。なぜなら…

パチンコの還元率は85%。1球ごとに15%ずつ負けて最後は「0」になる

もちろん、世の中にはごく稀に「天才くん」と呼ばれる方がおられますから、めちゃくちゃ勝ちまくって借金返済を可能にした方は「数人」いるかもしれません。(私も5万円くらいの借金なら余裕で返済してました)

でも、それって確率的に何%だかご存知ですか?

パチンコはもちろんのこと、競馬であれ、競輪であれ、競艇であれ、オートレースであれ、ギャンブルというものは、すべて胴元が儲かるような仕組みとなっているのはご存知ですよね。

それこそ古くから言われていることですが「競馬(ギャンブル)で家を建てた奴はいない」という言葉があるくらいで、借金をパチンコで返済できる可能性は、ゼロとは言い切れませんが、限りなく低いというのが現実です。

その裏付けとなる根拠が、ギャンブルの還元率という数字。簡単に言えば、賭け金に対して払い戻される金額割合のことで、ペイアウト率とも呼ばれます。競馬、競輪、競艇などは75%前後とされているのに対して、パチンコやパチスロは80%~85%程度というのが目安です。

パチンコやパチスロは、競馬や競輪、競艇よりも高いじゃないか、と思うのは浅はか。
10万円つぎ込んで、戻ってくるのは「平均8万円ないし8万5千円程度」

…と単純計算するのも浅はかです。

なぜならこの「ペイアウト率(還元率)」というのは、1回のプレイ(パチンコなら1球)で還元される金額の平均だからです。つまり、10万円を一気に使ったら、たしかに8万円くらいは平均で戻ってくる勘定です。しかしその8万円を元手にして翌日またプレイすれば、64,000円に減ってしまいます。さらに翌日は51,200円、その翌日は40,960円と減り続けて…

10万円あった元手が
1ヶ月後には「99円」になってしまう勘定です。

パチンコの金の減り方(還元率80%計算)

100,000円 元金
80,000円 2日め
64,000円 3日め
51,200円 4日め
20,971円 1週間後
4,398円 2週間後
921円 3週間後
99円 1ヶ月(31日)後

読むのに飽きた人はここで辞めていただいてもかまいません。ただしこれだけは憶えておいてください。

還元率が100%を下回るギャンブルをしている限り、いくら元手があったとしても、それは必ず「あっという間」にゼロになってしまいます。機械割99.99%のスロット機種であっても同じです。要するに

100%を下回る還元率のギャンブルをしている限り、結局のところ還元率は0%と同じだということです。

それがギャンブルです。

あ、
「オレはもっと勝ってるもんね」
と思ったでしょ。そこのアナタ。

ではなぜ今こんな文章を読んでるんでしょう? 知らず知らずのうちに損した金額を補填してるんじゃないですか?

パチンコ・スロットで勝てる人というのは、極端な話をするならば、いちど玉(メダル)を買う金を用意したら、もう一生、その元手を補充するために銀行から金を下ろすことのない人です。

あなたはそんな「天才くん」ですか?

「でも、パチプロっているんでしょ」と思ったアナタ!

よく、マンガや映画、ドラマ、Vシネマなどで格好の“題材”として取り上げられ続けているパチプロという存在がいますよね。パチンコで勝った上がりを収入源としているという人々ですが、これらは、あくまでフィクションであるということを忘れちゃいけませんですよー。

でもって、専門誌やCS番組、地上波の深夜番組、ネット放送なんかに出ているパチプロって人たちがいますよねー。

実はこの人たちって、パチンコやパチスロの上がりだけで、食べてるんじゃないんですよねー。

ネタバラシをしちゃうと、この人たちは、パチンコやパチスロの攻略法記事の原稿料や番組の構成や企画演出料とか、出演料とかをもらって生活してるんです。

例えば、専門雑誌にて、長く人気となってるパチスロ台「ミリオンゴッド」に関する連載ページの記事を書くこと。

あるいは自分のブログなどを活用して、ドル箱機種である「アナザーゴッドハーデス」に関する情報として、「ヘルゾーンに突入できる確率はどれ位?」
といった投稿者からの質問に専門家として回答しつつ、閲覧数を稼ぐことでメーカーから宣伝料をもらうといった方法で、お金を得ているわけですね(近頃はYoutubeで稼ぐ人も増えましたね)

ちなみに、筆者にはそうゆうギャンブラー仲間がわんさかいるので、そのうちの1人に聞いてみたら、「仕事として生活費を稼ぐ一環として打ってるだけでプライベートじゃパチンコは一切やらないよ」だそうですww 

もちろん借金生活は自動車ローンと住宅ローンを除き、無縁だそうで「カードローンやキャッシングを限度額一杯まで借りているようなヤツとは一緒にされたくない」とのことでしたw

お笑い芸人さんのパチンコ話もまた、ビジネスである

もうひとつ、あまり売れてない(失礼w)お笑い芸人からよく聞かれる、本業のギャラより趣味のパチンコの方が、収入が上回っているという「ネタ」

なかには、パチンコでマンションを買ったという内容の書籍を出しているツワモノもいますね(その本を読んだことはありませんがw)。

こうした芸能人は、人々の話題になるように面白おかしく話を盛って伝えているのだけですよ。もちろん、そんなことは分かってますよね。

えっ…本当だと思ってた…まあ、そういうことなんで(汗)

あ、いつの間にか前置きがこんなに長くなってる。そろそろ、借金があるとギャンブルには勝てないという根拠をお話しましょうか。

ギャンブルとは「損な条件」を、経験と勘で「お得な条件」に変えるゲーム

人気マンガのカイジに、こんな台詞があります。

「(そのギャンブルの詳しい仕組みやポイントを)知らないやつは、勝負の前に負けている!

で、パチンコ屋に連日通っているというアナタ、そのパチンコ店について、何をどれだけ知ってますか? 優良店だとか、スロット機種が多いとか、そんな上っ面なことはどうでもいいんです。

例えば出目や連荘などの設定は、何時間で変わるのか?列ごとに変わるのか?ブロックごとか?変えているのは店長か?機械で自動的か?などなど。

もう一度言いますが、パチンコやスロットというものは、元々勝てないように出来ているもの。

勝つためには、そうした不利な条件を、深い知識や情報に裏打ちされた経験と、勝負で磨いてきた勘で、勝てる状況を自分で切り開くしかないんです。そこまでのこと、やってますか?

借金を抱えていて心の余裕がない人には無理なんじゃないでしょうか?
まあ、やっていたとしても、勝ち続けるのはほぼ不可能なんですが…

「取り返そう」という心理下では、人のパフォーマンス力は下がる

もうひとつ、
借金を抱え、これまでの損を取り替えさなきゃ、という「焦り」や「プレッシャー」を感じている場合には、勝負に勝てなくなるという科学的根拠があるんです。

それこそ、パチンコやパチスロに限らず、仕事やスポーツなどでもそうですが、「焦り」や「プレッシャー」があると、上手くいかないということは、あるあるですよね。

このことは大学の心理学のセンセーなどによって実験なども盛んに行われていて、科学的にも証明されています。(具体的に何%ダウンという結果を探したんですけど、見つからなかったのでゴメンなさい。m(_ _)m)

つまり、ただでさえ勝てないパチンコやパチスロが、ますます勝てなくなり、さらに取り返そうと、ますます依存症になっていくという、負のスパイラルへ陥ってしまうのですね。

そう聞いてもまだ、「俺ならパチンコはうまくやれば勝てる。負けた金はパチンコで勝って返してやる」という考えを捨てられない方も多いことでしょう。
そんなアナタは既に立派なパチンコ依存症・パチスロ依存症なのですよ…

では、試しにあなたも、借金を抱えている状態でパチンコやパチスロをやり、どの程度勝てたのかを記録してみてください。

元々パチンコやパチスロの還元率は80%~85%程度ですが、借金という焦りやプレッシャーがある場合は、それよりもさらに低くなってるはずです。

ギャンブル依存症からの脱出方法を計画してみる [医学偏] 

さて、ここまでの話で、まだ借金をパチンコやスロットで返そうと思っている方、この先は読まなくて結構です。どうぞそのまま、債務地獄への道を進んでくださいね。

逆に、パチンコやスロット依存症から抜け出したいと決意した方、その方法を一緒に考えていきましょう

実は現在、医療の世界では、ギャンブル依存症やそれに伴う借金癖といったものは、精神疾患として認識されていて、さらにはその治療も受けられるって、知ってましたか?

それこそ昔から、ギャンブルがやめられないという依存症者はいたそうですが、単に自制心がないヤツ、我慢が出来ないダメ人間で片付けられていたそうです。確かに、そうでしたね。

しかし近年では研究が進み、例えば依存症の患者を検査してみると、脳の機能のバランスが崩れている状態であるとか、いろんなことが分かってきたそうです。

治療の面でも、ギャンブル依存症の専門病棟を設けている病院や、自助グループ、回復施設といったものがどんどん出来ているんだそうですよ。(入りたくねー)

あと、大事なのは、自分は本当にギャンブル依存症をやめたいという意思。それがなければ、治療もなにもあったものではないそうです。

もう一度聞きます、アナタは本当にギャンブルが辞めたいですか?

借金返済方法や借金整理について、いいやり方が無いか考えてみる

もうひとつの切実な問題として、膨れ上がってしまっているパチンコ借金、返済額は人それぞれですが、少しでも減らす方法がないか、知りたいですよね?

ではひとつ。借金の借入先が消費者金融や信販会社(自動融資機でのキャッシングや自動融資カードローンの場合も含めて)の場合、過払い金請求の手続きができないかどうか無料相談できる専門家にお願いしてみること。

過払い金って言葉は、近頃よく聞くよね?どんなものかって言うと、債権者(つまり貸し手側)が、法律を都合よく解釈して、本来の上限以上に利息をむしり取った分(グレーゾーン金利って聞いたことあるでしょ?)のこと。

近頃では借金相談にのってくれる弁護士事務所や司法書士事務所なんかが、この過払い金請求についても依頼できるようになってるのですよ。

今まさに返している借金だけじゃなく、過去10年以内に払った分も、不当に払った分の利息を請求できるってことなんで、これはチェックすべきでしょう。複数から借りている多重債務者ならなおさらです。

費用が心配なら、相談が無料で、費用も取り返した分からの成功報酬ってところを選べばオケ。闇金融なんかが相手だと、報酬割合を増やさないとダメらしいですけどね。

どっちにしても、借金解決の第一歩として、減らせる返済金額は減らしておく。これ大事です。

債務整理の最終手段、自己破産について、知っておこう

ギャンブル依存症の治療を始めた、過払い金請求もした、あとはコツコツパチンコ借金返済をしていくだけ…でも簡単じゃないですよね。そこで、あくまで最終手段ですが、借金がどうしても返済できない場合の自己破産について説明しておきますね。

これは借金返済がどうしても困難という時に利用できるセーフティネットとして用意されているもの。例えば手取り収入が月額20万円なのに借金の返済額がそれを上回っていて生活費も残らないなんて場合に、手続きを踏むことで、借金をチャラにしてもらえるというもの。でも、簡単に出来るほど甘くないですよ。

と言うのは、パチンコやパチスロなどのギャンブルが原因で作った債務には自己破産は適用外というのが原則だから。

ただし、さっきも言ったように、近年ではギャンブル依存症は精神疾患という認識が広まってきているので、自己破産が認められるというケースも増えてきているんだとか。だからといって、アナタの場合もOKという保証はないですよ。依存症治療に取り組んでいることや、人生をやり直そうとしていることをしっかり示さないとダメです。

もうひとつ、自己破産をした場合には、官報に氏名が掲載され、数年間は自動融資カードローンを含むローン全般やクレジットカード、カードによるキャッシングなどが利用できなくなるので、そのつもりで。

その他、借金解決のやり方には任意整理や個人再生といった方法もありますが、いずれにせよ、専門家へ相談しないとダメです。街角法律相談所でもいいので、とにかく相談することです。

最後にもうひとつ、パチンコ依存から抜け出して欲しい理由は…

長々と書いてきましたが、ここまで読んでくれたアナタは、ギャンブルを辞めたいけど辞められなかった、でもパチンコで借金返済は無理と分かってくれた方、ですよね?

そのことを分かってくれたなら、この記事を書いた甲斐がありました。実は筆者の知り合いで2人、ギャンブル依存症からの借金地獄の果てに自殺してしまった友人がいたんです。

ごく普通の会社員と主婦で、そんなことになってるなんて、全く気づかなかったんですけどね。

だからこそ、なにか自分にできないかと思ったのが、この記事執筆です。パチンコで借金返済は無理ということを、一人でも多くの人に分かってもらえたら嬉しいです。最後までお付き合いありがとうございました。

    
カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->