法律事務所が教えない、債務整理のデメリット(とメリット)

法律事務所が教えない、債務整理のデメリット(とメリット)

債務整理の種類について詳しく解説
弁護士(司法書士)の費用
自己破産した芸能人
債務整理しないですむ方法

カードローンやキャッシングで借金を繰り返したあげく、返済ができずにブラックリスト入りしてしまうと、どこの金融機関からも借金を断られてしまいます。

そうなると自転車操業さえも難しくなり、生活はどんどん追いつめられていきます。借金のことで頭がいっぱいで仕事に身が入らなくなり、さらに収入が減ってしまうかもしれません。

そんな人を夜逃げや自殺から救うための法律上の手続きが債務整理です。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、安易に自己破産を選んでしまうと、借金がチャラになるかわりに何もかも失ってしまいます。

しかし、正しい方法を選べば、マイホームを残したり誰にも知られずにこっそり借金を完済することができるのも確か。

このページでは、法律事務所がひた隠しにしようとする債務整理の真実のデメリットも交え、客観的にメリット・デメリット・借金返済のコツを解説いたします。

借金返済方法(裏技)
目次

債務整理は4種類!その違いとは?

債務整理をすると借金を返さなくてよくなるけど海外旅行にも行けなくなるし、クレジットカードも作れなくなるんでしょ?」私の所にくる相談者の多くから、こういった質問を受けます。

あたってる部分もありますが、それだけではすまない部分もあります。

というのも、債務整理には以下の4種類の方法があってそれぞれに特徴をもっています。
※いちばん上の「任意整理」がいちばん軽度。下にいくほど社会的ダメージ大。

・任意整理
・特定調停
・個人再生
・自己破産

この4つ、もちろん手続きの方法が違いますがなんといっても借金の減り方に大きな違いがあります。

実は、「自己破産」以外の方法では借金はゼロにはなりません。借金は減るけれど返済は続くというのがホントの所です。

「だったら自己破産が一番いいんじゃない?」と思いますよね?
でも、自己破産をしてしまうと借金は帳消しになるけど財産は全て没収となり、社会的ダメージがとても大きいのです。

弁護士が隠す《裏情報》
(自己破産がベストってホント?)

「弁護士の先生に相談したら自己破産をすすめられた」私の所にくる相談者の多くがそう言います。

そんなとき私は、「自己破産するとその後どうなるかちゃんと説明してくれた?」必ずそう聞くことにしています。

そうすると大抵はこう答えます。「自己破産すればこんなに楽になるという話は聞いたけど・・・」

実は弁護士にとって、自己破産ってとっても楽なんです。他の方法だと、ローン業者と交渉を重ねた上に失敗したりして結構面倒なんです。でも、自己破産なら段取り通りに手続きをすすめるだけですし報酬も高くとれますから。

私なら、初めから自己破産をすすめることはありません。だって、自己破産なんてしたらあなたの社会的信用は地に落ちて、後の生活に支障をきたすのは目に見えています。

債務整理それぞれの特徴とメリット・ デメリット

債務整理方法は4種類。
それぞれの特徴やメリツト・デメリツトを理解することが借金整理の第一歩です。

あなたにあった方法を選べば、今よりもずっと楽に借金を完済することができます。

任意整理

裁判所を通さないため、家族や会社にバレずに債務整理できるのが「任意整理」です。個人で手続きするにはハードルが高いので、弁護士や司法書士の手を借りる事になります。費用は1社(ローン会社)あたり5万円前後となります。

任意整理の仕組み

ローン契約当初からの金利を利息制限法(上限金利15~20%)にもとづいて見直した上で貸金業者と交渉を行い、これから支払う金利や遅延損害金をカットしてもらい借金を減額します。

ただし、弁護士や司法書士の交渉によってどこまで減額できるかが大きくかわってきます。裁判所が関与していないこともあり、交渉に応じてくれない貸金業者が多いのも事実です。

この方法を利用するメリツトとしては、整理する借金を選ぶことができる点があげられます。つまり、クレカ会社からの借金は整理するけど、自動車ローンはそのままにするといった選択ができます。この場合は、車を手放さずにすみます。

対象条件

減額後の借金が3年程度で返せること。
現在の収入が今後も見込めること。

どのくらい借金が減るの?

任意整理の場合、自己破産や個人再生ほど大幅に借金が減額されることはありません。しかも平成18年以降に借金した場合は、ほとんど減額されないので意味がないといえます。

任意成功に成功すると、借金が2割程度減額でき、さらに、平成18年以前に金利18%以上で多額の返済を続けていた人の場合過払い金として2~3割返還されます。

成功事例:
任意整理前借入総額:300万円

任意整理後:170万円
(過払いによる戻り:70万円)

良い点/悪い点比較

メリット デメリット
借入先からの催促や取立てが一時的にこなくなります。 信用機関に事故情報が載るので、いわゆる「ブラックリスト入り」となり今後の借入れが6年ほどNGになります。クレジットカードなども作れません。
過去に20%以上の利息を長期間支払っていた場合、計算しなおした返済額に減額されることがあります。 減額率は低いです。債務整理に応じない債権者(金融会社)の場合、もう、どこも貸してくれないので自己破産するしかありません。
まだ支払うべき利息が残っていたら、免除されます。 費用が1社整理につき3~5万円ほどかかります。

任意整理は、借金をなくすのではなく単に減らすだけなので、やり方によってはおまとめローンの方が借金総額が低くなる可能性があります。

しかも、個人信用情報機関にネガティブ情報が記録されてしまうので、俗にいう「ブラックリスト入り」が確実です。この情報は完済後5年間は残るので、例え借金を完済してもすぐにクレカを作ったり、ローンで携帯スマホを買うことはできません。

特定調停

「特定調停」は、裁判所を通して行います。

特定調停の仕組み

返済金額を減らす方法は、ほとんど任意整理と同様です。ただし、過払いがあった場合は別途「過払い金請求」しないと返金が受けられません。

手続きは、まず申立を債務者が裁判所宛に行います。それを受けた簡易裁判所が借入先との間に入って、借金減額の手続きを行います。弁護士などの法律事務所に依頼する必要がないので費用を節約できますが、書類作成などを全て自分でやる必要があります。そのため、一定の知識と時間が必要になります。また、手続きに時間がかかるため債権者からの取立行為が長く続く恐れがあります。

特対象条件

減額後の借金が3年程度で返せること。
現在の収入が今後も見込めること。

どのくらい借金が減るの?

特定調停の場合も任意整理と同様で、自己破産や個人再生ほど大幅に借金は減りません。しかも過払い金は別請求しないと返還されません。

成功すれば、借金が2割程度減額できます。※平成18年以前に借金していた場合

成功事例:
特定調停前借入総額:300万円

特定調停後:240万円
(過払い請求で:60~80万円位戻る可能性あり)

良い点/悪い点比較

メリット デメリット
収入印紙や切手代がかかるだけで費用が大幅に節約できます。 手続きにかなりの知識と時間がかかるので債権者からの催促が長く続く可能性があります。
任意整理と同様に金利をカットできる可能性があります。 過払い金があっても別途手続き(過払い金返還請求)しないと返還されません。
自己破産すると制限されてしまう職業の人でも利用できます。 「ブラックリスト入り」となり今後の借入れが6年ほど出来なくなります。

借金が返せなくて債務整理を考えているわけですから費用負担が少ないのは大きな魅力ですが、個人で債務整理をするのは難しいといわざるをえません。

時間や知識がないのであれば、他の方法を検討した方が賢明です。

個人再生(民事再生)

住宅などの財産を残した上で、住宅ローン以外の借金を減額できるのが「個人再生」です。

よく、会社が事業を立て直すために利用するのが民事再生ですね。その個人版が個人再生というわけです。

個人再生の仕組み

個人再生の場合は、住宅等の財産を保有したままで借金を減額できます。

ただし、住宅ローンについては一切軽減がないので、住宅ローンが返せないから債務整理するという人は利用できません。

手続きは大変難しいため、弁護士や司法書士などの手が必要になります。CMなどでは、弁護士事務所相談無料などとでていますが実際には数万円の費用がかかります

また、任意整理と違って整理する借金を選ぶことができないので住宅ローン以外は全て整理対象となります。そのため、連帯保証人をつけている借金があると、保証人にも迷惑がかかってしまいます。

対象条件

住宅ローンを除く借金の総額が5千万円以下。
返済不能になる可能性があること。
現在の収入が今後も見込めること。

どのくらい借金が減るの?

個人再生の場合、借金を5分の1程度まで減らすことができます。

ただし、この金額はあくまでも目安で、一般的に3年程度で返せる金額が設定されます。

成功事例:
個人再生前借入総額:300万円

個人再生後:60万円

良い点/悪い点比較

メリット デメリット
家などの財産を残せます。 50万円以上の必要がかかります。
借金が大幅に減らせる可能性があります。 住宅ローンは整理できません。
自己破産すると制限されてしまう職業の人でも利用できます。 「ブラックリスト入り」となり今後の借入れが6年ほど出来なくなります。
ギャンブルなどの理由で借金を作った人でも利用できます 官報(国の広報誌)に掲載されるので、第三者に知られる可能性があります。

個人民事再生の場合は、任意整理よりも大幅に借金を減らせる可能性がありますが、どの借金を整理するか選択することができません。

また、官報という国の広報誌に掲載されてしまうため、人に隠すことができません。(インターネットで簡単に調べられます。)
※住民票や戸籍に記録される心配はありません。

弁護士が隠す《裏情報》
(官報は悪用される)

誰だって債務整理を経験したなんて、人に知られたくありませんよね。

でも、自己破産や個人再生手続きを行うと個人信用機関以外にも情報が載ります。

例えば、国の広報誌である「官報」や、自治体が管理する「破産者名簿」です。

官報はインターネットで無料閲覧が可能です。一般の人があまり検索することはないかもしれませんが、実は官報を細かくチェックしている人がいます。

それは、ヤミ金業者です。官報には氏名はもちろん住所も掲載されてしまうので、それを見た闇金業者がダイレクトメールなどを送り付けてくることがあります。これらの業者は、法外な金利でお金を貸しつけている上に、トラブルになっても弁護士などでは対処できないことも多いのです。

自己破産

自己破産は社会的ダメージ大

債務整理と聞いて誰もが頭に思い描くのが「自己破産」ですね。
自己破産を行えば借金はなくなりますがあなたの生活は劇的に変化してしまいます。

自己破産の仕組み

自己破産を行うと借金返済義務が一切なくなりますが(借金チャラ)、20万円を超える財産は全て処分されてしまいます。(現金のみ99万円まで残せる場合あり)
※滞納していた税金の支払い義務は残ります。

自己破産の手続き中は、弁護士や税理士など一部の職業に就くことが制限されています。海外への渡航を制限されることもあるので、仕事に支障がでる可能性もあります。

また、自己破産手続きを個人がやるのはかなり難しいので弁護士などの専門家におねがいする必要があります。自己破産相談窓口などを儲けている所もあります。

対象条件

支払不能に認定されること。
過去7年間に免責を受けたことがないこと。

どのくらい借金が減るの?

自己破産すれば、借金はすべてなくなります

成功事例:
自己破産前借入総額:300万円

自己破産後:0円
※財産も0に・・・

良い点/悪い点比較

メリット デメリット
借金が0円になります。 家や車などの財産20万円を超える財産を残すことができません。家も競売にかけられます。身ぐるみはがされる感じです。
申立を行うとすぐに借入先からの催促が止まります 7年間ブラックリストにのるため、クレジットカードやローンの利用が一切不可になります。
※官報や破産者名簿にも掲載
給料の全てを生活費にあてられるようになります。 費用が1社整理につき3~5万円ほどかかります。

ギャンブルなどが理由で出来た借金では、自己破産できません。

また、破産者になってしまうと世間に秘密にすることが難しく社会生活が送りづらくなることが懸念されます。保証人がいる借金があった場合、大変迷惑をかえることになるので、人間関係にも大きなヒビがはいってしまいます。

弁護士が隠す《裏情報》
(税金は免責対象外)

”自己破産すれば借金から開放されて明日からキレイサッパリ新生活!!”
借金返済の相談サイトに必ずのってる殺し文句ですね。

でも、ちょっと待って下さい。
実は、自己破産しても支払い義務が残るものがあります。
それは、税金健康保険の保険料、それから年金です。

税金は国民の義務であるため、破産法の免責対象から外されています。自己破産後に生じた料金はもちろん、以前から滞納していた分も全て支払う義務があります。

自己破産すると財産は処分され、現金も最大でも99万円しか手元に残らないので滞納していた税金なんて払えませんよね。実際、それで苦しんでる人はたくさんいます。

でも、お役所が相手ですから、「聞いてないよ。」は通りません!!

これも法律事務所のホームページには決して載ることのない債務整理の大きなデメリットです。

弁護士・司法書士に支払う費用は?

有名な弁護士ほど費用は高額

借金を減額できても弁護士や司法書士への支払額が高額では、意味がありません。

▼債務整理の費用(目安)

種類 弁護士 司法書士
任意整理 1社につき5万円 1社につき3万円
個人再生(民事再生) 住宅ローンあり:50万円
住宅ローンなし:40万円
住宅ローンあり:35万円
住宅ローンなし:30万円
自己破産 30~50万円 20~50万円

債務整理にかかる費用は、法律事務所が独自に設定できるので一概には言えません。(上の表は目安程度に考えて下さい)

最近では、相談料無料の事務所が多いようですが、実際に依頼する場合は「成功してもしなくても支払わなくてはならない着手金」と「減額金額に応じて支払う報奨金」が設定されています。

費用については、事前に細かく確認しておきましょう。

※国民再生支援サポートセンターはNPO団体で国の組織や弁護士事務所ではありません。

体験談:債務整理で得したこと損したこと

実際に債務整理を経験した人に話を聞いてみました。

得したこと:

テレビで「払い過ぎた利息を取り戻せる」ことを知って弁護士さんに相談しました。

弁護士さんが社会人としての立場を感上げて「任意整理」をすすめてくれました。300万円近い借金を250万円ほどに減額できたので、なんとか完済できました。
すぐに、督促がとまったのもありがたかったです。

借金の催促がとまって安心できたというのは大きなメリットですね。

損したこと:

はっきり言って無駄でした。

減額できた額より、弁護士さんに支払った費用の方が多かったくらいです。

しかも、忙しいらしく電話してもなかなか担当の弁護士さんと話すことができませんでした。

多忙を理由に、なかなか連絡がとれない弁護士さんも多いようです。良心的な弁護士を探すのが難しいというのも債務整理のデメリットと言えそうです。

芸能人の自己破産年表

芸能人の借金話はよく聞きますが、自己破産した人も多いようです。

★芸能人の自己破産年表

▼債務整理の費用(目安)

時期 名前 借金理由と負債額
1994年 大場久美子 レストラン経営の失敗(1億4千万円)
1998年 岸部四郎 事業の失敗、連帯保証人(4億円)
2005年 ジャンボ尾崎 ゴルフ場開発の失敗(16億円)
※民事再生
2006年 林葉直子 借金の肩代わりなど(8000万円)
2009年 Toshi
(X Japan)
自己啓発セミナーへの傾倒(数億円)

他にも、元国会議員の浜田幸一、元プロ野球選手の小林繁など自己破産した有名人はたくさんいます。

自己破産まではいかなくても、カンニング竹山、加山雄三など債務整理で借金を減額し、なんとか完済した人もいます。

債務整理の前にできること

債務整理を行うと、借金額が軽減され一時的に生活を立て直すことができます。しかし、その一方では、「失う物が大変大きい」という事実を忘れてはいけません。

しかも、自己破産以外の方法では借金が減るだけで返済義務は残ります。例え借金がなくなっても、弁護士費用や税金の支払い義務は残りますし、ブラック情報(債務整理情報)が登録されてしまうので、債務整理後10年近く「ブラックリスト入り」という大きなダメージをおってしまいます。

でも、金利が安い所に借り換えて地道に返済する道を選べば個人情報に傷がつくこともなく、人に迷惑をかけることもありません。

もしもあなたが、金利の高い(18%)消費者金融でお金を借りているなら、まずはおまとめローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか?銀行なら最大金利は14%程度なので今より楽に借金が返せるはずです。

そして、おまとめも検討したけど、やっぱり自力ではどうにもならないとなったら、1人で悩まないで専門家の手を借りましょう。

「債務整理のデメリット」の関連ページ


カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->