収入証明書が不要なおまとめローン・借り換えローン

収入証明書が不要なおまとめローン・借り換えローン

所得証明書の提出なしで借りれるカードローン
収入証明書として使える書類
収入証明書の取得方法

カードローンキャッシングでお金を借りる場合、運転免許証などの身分証明書を提出しなければならないことは誰でも知っていますよね。

しかし、ローン業者によっては身分証明書だけでなく、あなたにいくら所得があるかを確認するための書類、いわゆる「収入証明書(所得証明書)」を提出するように求めてくる場合があります。

この収入証明書、役所や役場に行かないと手に入らなかったり、借入金額や業者によって提出条件が異なっていたりと大変わかりづらく「収入証明書のせいで当日借入れを諦めた」という話をよく耳にします。

そこで、このページでは収入証明書がなくても借りられるカードローンや、その所得証明書の取り方(取得方法)を、書類ごとにわかりやすくまとめてみました。

賢い借金返済方法
目次
*人気の銀行カードローン徹底検証*

収入証明書が不要なカードローンは、ずばり、どこ?

カードローンを借りる場合、まず確認してもらいたいのが貸出条件です。年令や収入の有無など各社それぞれの基準があり、あてはまらないと申し込んでも審査に通りません。

とくに当日融資を希望するならば、必要書類をいち早く提出できるかどうかがカギになります。

なかには、みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》など、口座をもっていれば提出書類なしなんて銀行もまれには存在しますが、一般的には最低でも運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提出が必要です。

さらに、年収証明書類つまり、収入証明書の提出が必要な場合もあります。収入証明書の提出条件はカードローン各社で異なっているので要チェックです。大抵は利用限度額によって「◯◯円以上なら収入証明書の提出が必要!!」などと記載されています。

人気カードローンの収入証明書の提出条件

収入証明書の提出条件 カードローン
いくら借りても不要 千葉銀行カードローン
300万円以下は不要 オリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローンBIG、横浜銀行カードローン
200万円以下は不要 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》
100万円以下は不要 三菱東京UFJ銀行カードローン、新生銀行レイク
50万円以下は不要 アコム、プロミス
金額にかかわらず必要 東京スター銀行おまとめローン

上の表を見ていただけば分かる通り、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンでは、所得証明書の提出条件に大きな違いがあります。

消費者金融の場合、貸金業法で50万円を超える貸付を行う場合または他社との借入金額を含めて100万円を超える利用者への貸付には収入証明書類の提出が必要と定められています。

その点、銀行の場合は、この規制を受けていないため各社独自の基準を設けています。おまとめローンや借り換えをお考えで、なるべく大きい金額を借りたいなら、迷わず銀行カードローンを選びましょう。中でも、100万円まで収入証明書の提出が不要な三菱東京UFJ銀行カードローンなら「ネット申し込み+テレビ窓口でカード受取り」でハイスピード融資が可能です。

三菱東京UFJ銀行バンクイック
利率 借入限度額 審査時間
1.8%~14.6% 最大500万円 最短即日
知らないと損
(総量規制と収入証明書の関係)

借入金額を決める上で重要なのがあなたの年収です。

いくら所得証明書が提出できても、年収によって借入金額が制限されてしまう消費者金融では高額借入れが難しい場合があります。

なぜ消費者金融で高額の借入れが難しいのかというと貸金業法で年収の1/3を超える貸付は禁じられているためです。これを総量規制と言うのですが、銀行の場合、こういった制限がないため所得金額に関係なく借入金額を決めることが可能です。

ただし、融資金額の決め手はやはり収入額ですから、銀行といえども金額が大きくなると収入証明書の提出が必要不可欠になります。したがって、収入証明書の提出が必要となる金額が大きく設定されている銀行は、審査ハードルが低いということが言えます。

500万円以下なら収入証明書が不要なカードローン

300万円以下なら収入証明書が不要なカードローン

ここで注意してもらいたいのが、東京スター銀行おまとめローンですね。こちらも銀行ローンですが、おまとめ専用なので、既に高額の借入れをしている人や多重債務者が対象となるため、審査に厳しく、金額にかかわらず収入を証明しなくてはなりません。

ローンに必要な証明書類とは?

収入証明は最新のものを準備

先程から、収入証明書=所得を証明する書類と言っていますが、具体的にどのような書類を用意する必要があるでしょうか?

カードローンの場合、収入証明書として認められている書類は各社ほとんど同じです。

収入証明書として使える書類

・源泉徴収票の写し

・確定申告書の写し

・住民税決定通知書の写し

・課税証明書(所得証明書、収入証明書、非課税証明書)の写し

・納税通知の写し

・給与明細書(給与支払明細書)の写し

・年金通知書の写し(年金所得者)

通常、上記の中から最新のものを一点提出します。

ただし、個人事業主・自営業者・会社経営者などの給与所得者以外の場合は、住民税決定通知書/課税証明書/納税証明書のうちのどれかを提出します。

※個人事業主などの場合は、対象金額以下を希望した場合でも収入証明書の提出を求められることがあります。融資を急いでいる場合は、あらかじめ提出しておくのも手です。

これらの書類を、郵送やFAXで送付することになりますが、最近では必要書類を携帯カメラで写真にとりアプリやメールで送れるといった業者も増えています。そうすることで、業者側もいち早い対応ができ即日借入れを可能としている、というわけなんです。

カードローン別収入証明書の種類

カードローン名 金額 必要書類
オリックス銀行カードローン 300万円以上 お勤めの場合
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・課税証明書
・納税証明書
・確定申告書

個人事業主など
・課税証明書
・納税証明書
・確定申告書
イオン銀行カードローン 300万円以上 ・源泉徴収票
・直近3カ月以内の給与明細にヶ月分
・課税証明書
・納税証明書
横浜銀行カードローン 300万円以上 ・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告書
・住民税決定通知書
みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 200万円以上 ・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告書
・住民税決定通知書
三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円以上 ・源泉徴収票
・課税証明書
・納税証明書
・確定申告書
・住民税決定通知書
アコム 50万円以上
※他社借入れ含め100万円以上
・源泉徴収票
・給与明細書
プロミス 50万円以上
※他社借入れ含め100万円以上
・源泉徴収票
・確定申告書
・直近二カ月の給与明細書+1年分の賞与明細書

収入証明書の取り方(取得方法)

書類によっては区役所で取得

できれば、収入証明書が不要な範囲での借入れが簡単なのでオススメですが、どうしても高額の借入が必要で収入証明書を提出する必要がある場合は、以下の取得法を参考にしてください。

給与明細

給与明細は手元に保管してる方が多いかもしれませんね。ただし、給与明細の場合、直近12ヶ月+賞与明細などとされてることが多いので揃っているか確認してみてください。

源泉徴収票

源泉徴収票は12月の給与が確定されたあと、一か月前後で受け取る事ができます。もしも紛失してしまった場合でも、会社に申し出れば再発行してもらえるはずですから、人事担当者にお願いしてみて下さい。

もし、発行理由を聞かれた場合はカードローンの申し込みに必要などと言わずに「住宅ローンを検討しているので。」もしくは「引越しを考えている。」などと言ってみて下さい。とくに追求されずに発行してもらえるはずです。

住民税決定通知書

住民税決定通知書は、毎年6月頃会社から配布されます。紛失してしまった場合は、会社によっては再発行してもらえますが、区役所などでもらえる課税証明書でも代用可能です。

課税証明書

課税証明書は、所得証明書や収入証明書などと呼ばれることもあります。区役所(区役所課税課など)や市役所(市民税課など)に行って課税証明申請書または税証明交付請求書(公的収入証明書等の場合もあり)を提出してください。手数料300円程度で発行してもらえます。その際、運転免許証やパスポートなどの身分証明書と印鑑が必要になります。
※本人以外の代理人が申請する場合は委任状が必要です。

納税証明書(住民税納税証明書)

納税証明書は税務署で発行してくれます。窓口のほかオンライン請求にも対応しています。

毎月の給与明細や源泉徴収票を過去にさかのぼって保管している方はともかく、収入証明書の取得は何かと煩わしいものです。しかし、ローン業者の条件を確認してから申込めば提出なしで済ませられる可能性も大いにある、ということを覚えておいて下さい。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->