おまとめローン比較:どこに申し込みすると得か? どの順番だと申込みブラックにならないか?

おまとめローン比較:どこに申し込みすると得か? どの順番だと申込みブラックにならないか?

おまとめローンに申し込む順番
やりがちな失敗!申し込みブラックを避ける方法
「他社借入OK」はホントかウソか

おまとめローンがしたいと思ったらどこから借りた方がお得なの? 比較したい!と、だれもが考えることですが、まず、最初に比較検討すべきは銀行のローンです。

おまとめローンに限らず、こと融資に関して一番お得な「金利」をつけているのは銀行です。その上、銀行は総量規制の対象外となってるので「年収の3分の1」以上の借入れも期待できます。(例えば年収450万円でも150万円以上借りれます)

でも、「銀行がいい」と言われても大手メガバンクから地方銀行、ネットバンクにいたるまでたくさんの銀行があるのでどこに申込んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこは、当サイトにお任せ下さい。様々なローンを徹底的に検証し、比較した結果の「お得なカードローン」をご紹介します。銀行ローンでの審査経験を活かした徹底比較です。おまとめを考えている方、読んで損はありません!

銀行ローン審査経験者が数あるローンを徹底比較して導き出した「お得なカードローン」を賢い申込みの順番とともにご紹介します。

もちろん、銀行審査に通らなかった場合の保険として審査が甘くて安心な消費者金融についても解説しています。

おまとめローン比較
目次

まずはオリックス銀行にトライ!それがダメならこの順番で

冒頭でも説明した通り、まずは銀行カードローンから申し込んでいくのが賢い申込み方です。属性別にいくつかの申込み例を紹介しましょう。

年収200万以下、借入れ3件のバイトならこの順番で

年収が200万円以下でも、借入件数が3件以内におさまっていれば、パートやアルバイトでも借りられます。

1番目の「オリックス銀行カードローン」は、毎月安定して収入を得ていればパートや自営業者でも申込みが可能です。しかも審査基準が消費者金融レベルなので、まずはオリックス銀行カードローンにトライすることをオススメします。

そして、あなたがアルバイトやパートで、すでに借り入れが3件以上あるようなら、アイフルのおまとめローンが一番審査に通過しやすいです。

3位の楽天銀行スーパーローンも、最近顧客の獲得に積極的で融資ハードルは低めになっています。専業主婦でも配偶者の収入証明なしで借りれますから、主婦のかたは要チェックです!

年収500万以上、借入れ2件の正社員は?

もしもあなたが、年収500万円以上で借入件数が2件以内の正社員だったら、次の順番で申し込んで下さい。

1番めの「三菱東京UFJ銀行バンクイック」は、全国展開のメガバンクで信頼性はバツグン。最近最低金利が引き下げられ、高い信用をもっているあなたなら高額の融資を低金利で受けられる可能性が高いです。

「オリックス銀行カードローン」と「みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》」についても、業界最低水準の金利が設定されてるので、おまとめとして利用するなら狙いたい銀行です。

しかも、みずほ銀行の場合、高年収向けのエグゼクティブプランが適用されれば、さらに金利が優遇されます。

金利で選ぶなら、まず銀行・銀行系

低金利の銀行カードローンなら、おまとめにピッタリ

最初に説明した通り、ローン会社の中で最も低金利に設定されているのは銀行です。

そして、融資において最も重要視すべきは金利です。なぜなら、せっかく借りても金利の高いところでは利息ばかり返すことになってしまい元金返済額がちっとも減らないからです。

金利の違いで見る借金の減り方の違い

借入金額:250万円(返済回数30回)

金利:上段6.0% 下段15.0%

回数 返済額 元金 利息 残高
1 89,947 77,447 12,500 2,422,553
100,446 69,196 30,385 2,430,804
10 89,947 81,003 8,944 1,707,866
100,446 77,382 23,064 1,767,786
20 89,947 85,146 4,801 875,221
100,446 87,617 12,829 938,721
30 89,947 89,495 447 0
100,446 99,203 1,240 0
累計 約270万 250万 198,405 0
約301万 250万 513,377 0

金利が9%違うだけで、返済総額には30万円以上の差があることがわかります。

250万借りて300万返すなんてもったいないと思いませんか?

次に、人気ローンの金利を見ていきましょう。銀行の場合、設定された融資枠によって金利が異なるので、価格帯によってお得な商品がかわってきます。

カードローン金利比較

融資枠が以下の場合 オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 三菱東京UFJ イオン 大手消費者金融
1000万円 設定なし 4.0% 設定なし 設定なし 設定なし
800万円 1.7%~4.8% 4.0% 設定なし 3.8% 設定なし
700万円 3.5%~5.8% 4.5% 設定なし 3.8% 設定なし
600万円 3.5%~5.8% 4.5% 設定なし 4.8% 設定なし
500万円 4.5%~8.8% 5.0% 1.8%〜6.1% 4.8% 15.0%(上限)
400万円 4.5%~8.8% 6.0% 6.1% 4.8% 15.0%(上限)
300万円 5.0%~12.8% 7.0% 7.1% 7.8% 15.0%(上限)
250万円 5.0%~12.8% 9.0% 8.1% 設定なし 15.0%(上限)
200万円 5.0%~12.8% 9.0% 9.6% 8.8% 15.0%(上限)
150万円 6.0%~14.8% 12.0% 11.6% 設定なし 15.0%(上限)
100万円 6.0%~14.8% 12.0% 12.6% 8.8% 15.0%(上限)
100万円未満
(50万円)
12.0%~17.8% 14.0% 12.6%
または
14.6%
13.8% 15.0%(上限)

消費者金融の場合は、利用限度額毎に細かく金利が設定されていませんが、初回契約時は利息制限法いっぱいの上限金利が設定されることが多いので、
・100万円以上:15.0%
・100万円未満:18.0%
と理解しておいて問題ありません。
信販系はというと、銀行以上消費者金融未満といったところ。少なくとも上限が17.8%以下になってるので消費者金融よりも低金利です。

上記のことから、どの順番で借りていくとお得なのかというと、一般的には以下の順番になります。

1.銀行、銀行系ローン

2.信販系(クレジット会社)

3.消費者ローン

もちろん1. の銀行ローンで借りることができれば一番良いのですが、現実的に難しい場合もあります。なぜなら、金利がいちばん低いということは、審査基準もまた厳しいからです。

しかしながら、現在は銀行の融資審査を銀行系消費者金融や信販会社が代行しています。そのため、世間で言われているほど銀行の審査だけが特別厳しいということはありません。真実は、「銀行では高額借り入れが可能だから融資が厳しいという印象を受けてしまう。」ということなんです。借り入れ金額が高ければ審査も厳しいだろう、と思い込んでしまっているんです。

消費者金融では始めてのお客に50万円を超える融資をしません。「少額だったらすぐに貸すよ。」というスタンスをとっているから審査に通りやすくなるわけです。

銀行系カードローンは限度額・極度額のどちらも消費者金融に比べて高い傾向にあります。おまとめするなら銀行がオススメなことは確実です。実際に審査しているのは消費者金融なのですから、銀行を敬遠する必要はありません。

このページはおまとめローンの比較をかなり綿密に行っています。最近では、楽天銀行やソニー銀行などの比較的新しいローンも増え、質問サイトなどでは、おまとめローンの比較が積極的に行われていますが、なんでも鵜呑みにしてはダメですよ!

質問日時や回答数などを見て、信用できそうな回答のみアテにするようにしましょう。

なんで銀行は総量規制の対象外なの?

冒頭部分でサラッと書いてしまいましたが、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

総量規制とは改正貸金業法で定められたルールであり、年収の1/3以上の借入れを禁止する法律なのです。つまり、もしあなたの年収が300万円であれば、あなたは100万円以上の借り入れはできないということになります。ヤミ金などの金融業者からの悪質な取り立てが問題になり始めた、2010年に制定されました。利用者を守るための法律です。

でも、よく考えてみたらコレ、おかしいですよね。だってこれじゃ住宅ローンはもちろん、場合によっては自動車ローンも組めません。

実はこの法律には抜け道があるのです。というのも、総量規制ってあくまでも貸金業法の中の法律なんです。貸金業というのは消費者金融などの金融会社が行っているもの。

つまり、銀行法で統括されている銀行カードローンには全く関係なし!おまとめローンも問題ありません!

私たちが銀行カードローンでのおまとめをオススメしている理由は、こんなところにもあるのです。もちろん、借入額が年収の1/3を超えないことが一番ですが…。

ちなみに、同じ消費者金融でも、実は「おまとめ専用ローン」などの目的ローンに関しては、総量規制の対象になりません。審査も銀行よりゆるめですから、「審査が不安だけど、おまとめしたい…」と悩んでいる方は、アイフルのおまとめローンなども、選択肢の一つですよ。

住信SBIネット銀行はオススメ?

最近話題の住信SBIネット銀行カードローン。オススメかオススメでないかは、その人の状況にもよりますが、審査、という点に限ってはあまりオススメできません。

特に一般コースと違って、金利が優遇されるプレミアムコースの審査はなかなか厳しく、通ったとしても融資までさらに数日かかってしまいます。申し込み者は収入証明書の提出も必要です。

審査に通っても、約定返済日も自分で決められませんし、返済方法も自動口座振替のみ。

でも、その代わりプレミアムコースの下限金利は破格の1.99%!

金利が良いのは魅力的。でも少し不便な気もします。不便は借金返済において、重大な精神的負担にもなるので、どちらを取るかは利用者次第、ということでしょう。

ちなみに返済方式は残高スライド元金定額リボルビング返済です。

もしも、銀行で借りることがダメだったら?

クレカのキャッシングは使いすぎに注意!!

もし、銀行の融資審査でNGとなってしまったら、その次に申込みたいのが信販系のローンです。つまりカード会社のローンですね。。

借入限度額が最も多いところだと、なんと700万円可能な信販会社もあります。もちろん実際にお金を借りる際には、よほど収入の良い「堅い・大企業」にお勤めされている方でなければ、700万円をポンと貸し出すようなことはないかもしれません(年収1000万を大きく越える人かもしれませんが...)。いずれにせよ、信販会社系の金利が、いわゆる専業の消費者金融より低いことに変わりはありません。

ただし、クレカ付帯のキャッシングは借金感覚が薄くなるので「気が付いたら200万円越えてた。」なんてことになりがちです。くれぐれも使いすぎには注意しましょう。

審査に通りやすいのは消費者金融

さて、銀行も信販会社もひょっとしてダメな場合...。
その時の選択肢は、先ほども紹介した消費者金融系となります。3番目というと、あまり良くないイメージですが、実は多くのメリットがあります。
まず、声を大にして言いたいのが、前述したように銀行や信販会社系に比べると、審査が比較的通りやすいこと。

ほかにも以下のようなメリットがあります。

1. 即日振込などに対応していて、申込から融資までの時間が短い。

2. 他社借入件数の許容範囲が、他の金融機関(銀行や信販系)よりも広いため借りやすい。

3. 初回借入時は短期間無利息などのサービスを付帯している場合が多い。つまり、初回返済額が安い。(アコムプロミスアイフルなど)

4. 自動契約機の設置や会員メニューなどサービスが充実している。

金利については、銀行や信販会社系よりも高めですが、貸金業法の改正前の「グレーゾーン金利」の時代から比べるとグッと低く抑えられてますので、金利の比較を必ず行ないましょう。さらに、借金返済方法や提携ATMなども比較できたらいいですね。借りるときには大したことないと思っても、いざ返済生活が始まると、意外と気になることは多いのです。

おまとめローンを組んで、「少しでも返済を楽にしたい」のに逆に金利の高いところで借りてしまってはおまとめローンの意味がありません。当たり前ですが、「今までの金利と比べて低いかどうか?」も必ずチェックしてください。
※返済金額や返済期間を比較したい場合は、プロミス三菱東京UFJなどの公式サイトで提供されてる返済シミュレーションを使うと便利です。

得するおまとめローン
(審査が不安なら消費者金融のおまとめローンがベスト)

おまとめローンといえば東京スター銀行という印象を持ってる方が多いようです。

限度額は最高1000万円とおまとめに十分な金額が設定されており、他社への返済は初回利用時に東京スター銀行が代行してくれるというメリットがあります。

ただし、申し込めるのは年収200万円以上の正社員・派遣社員・契約社員に限定されていて、実際審査にはめちゃくちゃ厳しいのが悩みどころ。

そこでおすすめしたいのが、アイフルなどの消費者金融のおまとめ専用ローンです。(おまとめ専用ローンは総量規制の対象外で、年収による融資制限はありません)

「おまとめ専用ローン」は多重債務者向けの商品のため、通常のキャッシングより審査ハードルが上がるのは説明したとおりですが、それでも銀行ローンよりはずっと借りやすいんです。

金利も一般のキャッシングより低めに設定されていますから、審査に不安があるという人は、まず消費者金融のおまとめローンを検討してみてください。

おまとめローン徹底比較:総合ポイントで勝る安心ローンは?

さて、ここまではローン会社の特徴やお得度を紹介してきましたが、ここからはおまとめローンの利用に最適なものとして多くの利用者が検討しているカードローンを徹底比較していきましょう。

人気カードローン4段階評価

カードローン名 金利 審査レベル 実際に借りられる額 融資スピード 最小返済額
オリックス銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》

×

楽天銀行カードローン

横浜銀行カードローン

この表を見た限り、最強スペックは間違いなく横浜銀行ですが、実はこのローンには一つだけ欠点があります。

それは、申込み対象者が

・神奈川県内全地域

・東京都内全地域

・群馬県内(前橋市、高崎市、桐生市)

上記の地域に居住地または勤務地がある人に限定されているという点です。

もしも、この条件にはまってるなら迷わず最初に申込むを行うべきです。

では、ネットユーザーからも高評価を得ている全体的にバランスが良い商品はどれかと言うと、オリックス銀行カードローンです。

ゆうちょを始めとする多くの提携ATMが無料で使えるので、「損をしたくなければオリックス銀行カードローンを狙え!!」と強くオシたい銀行です。

基本情報

実質年利 1.7%~17.8% 融資限度額 最高800万円
提携ATM

三菱東京UFJ銀行

三井住友銀行

西日本シティ銀行

ゆうちょ銀行

セブン銀行

ローソン

ミニストップ

イオン銀行

ファミリーマート

E-net

審査難易度は消費者金融レベル!金利設定も業界最低水準!!高額融資OK

オリックス銀行カードローンでは、最短即日融資に対応しています。ただし、当日の場合借入方法は振込のみ。当日中にローンカードを手にしたいなら、 カード発行まで最短40分の三菱東京UFJ銀行のバンクイックを検討してみて下さい。公式サイトで借入れ診断ができるので、審査が不安な方にもオススメしています。借入件数が3件以上の人は厳しいですが、勤続年数が半年以上の正社員やパート・アルバイトの人にはおすすめです。(延滞歴のある人は確実に審査に落とされますのでご注意!)

立て続けの申込はNG:申し込みブラックに注意

最初に紹介した「審査が通りやすい人にとってのお得な申込み順」は以下のとおりでした。

1.銀行、銀行系ローン

2.信販系(クレジット会社)

3.消費者ローン

この順番は最も効率的な借入方法ですが、ひとつだけ気をつけてほしいことがあります。それは申込みブラックにならないようにすること。
申し込みブラックとは、金融業界においてブラックリスト入りしてしまうこと。1ヶ月のうちに4社以上の金融会社に借入申し込みを行った人、などが申し込みブラックになります。

短期間のうちに数社に申し込み、どんどん断られていくと、その審査落ちの過程が個人信用情報センターに「履歴」として残ってしまい、次の申込先で「この客はかなり返済に困っているようだ、返済能力がないかもしれない」という判断をされてしまい、貸し倒れのリスクを連想させてしまうのです。

ずいぶん昔(2000年頃まで)は、銀行と消費者金融では、照会すべき信用情報機関の種類が違っていたため、まず銀行で申込みを3件、次に消費者金融で申込みを3件、というふうな「申込み戦法」が取れておりましたが、昨今の銀行と消費者金融との合併で、その戦法も通用しづらくなりました。やはりここは、「1ヵ月に3件まで」に留めておくのがベストです。
そのかわり、その3社への申込みは、1日のうちに3件まとめて行ったほうが、「翌日、次の会社に履歴が照会される」ことが少ないため、審査に通りやすくなります。

審査においては、勤続年数や借入目的、なども基準になりますし、借入債務総額なども審査会社には筒抜けです。嘘はもちろんのこと、記入ミスもアウトです。審査申し込みや契約書を書くときは、慎重に確認してくださいね!

他社借入れOK、複数申込み可:ネットの噂ウソ・ホント

すでにいくつかの会社でお金を借りてると、新しいローンの審査には通りにくくなってしまいます。おまとめローンを申し込む場合でも、借入れ件数は3件以内が理想です。

「4件以上の借入れがあったら好条件での借り換えはまず難しいので、借入先を減らしてからおまとめする。」ことをおすすめします。

なかなか借りる所が見つからないと、「他社借入OK!複数申込み可!極甘審査ファイナンス」などの広告ばかり目につくようになります。

でも、そんなところはまともな商売をしてません。法外な利息をとられる悪徳貸金業者(闇金)である可能性が高いです。そんな返済先を選んでしまったら、もうお先真っ暗。支払額ばかりかさんでいく未来へまっしぐらです。

また、「貸し倒れリスクが高い顧客層へも貸し出すため、取立てが厳しい」場合があると困りますよね。昔に比べて法律が厳しくなっているため、そのようなケースは減っていますが、そういった情報も事前にネットで検索しておけば安心です。

ただし、任意整理や自己破産といった債務整理を5~7年以内に実施した方は事故情報が残っており、「事故者」という扱いになるので新たなローン契約はできないと思って下さい。

得するおまとめローン
(借入件数を減らしておまとめするには?)

既にお話しましたが、借入件数が4件以上だと新規ローンの契約が難しくなります。

そこで、今借りてるローンの中で一番金利が低いものを選んで増額申請する方法を紹介します。

増額の手続きはネットや電話で簡単にできます。当然、審査はありますが、契約時より収入があがってるなどの査定アップポイントがあれば案外簡単に増額に応じてもらえます。

うまく増額できたら、そのお金で最も高金利なローンを完済してしまいましょう。この方法を繰り返して借入先が3件以内になったら、銀行でおまとめを行い一気に全ての借金完済を目指しましょう。

でも、どうしても借入先を減らすことができない場合は専門家に頼るのも有効な手段です。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->