借金返済のコツ:おまとめ前に 借入件数を減らす方法

おまとめ前に! 借入件数を減らす方法

---------------------------------
借入総額は変わらないけど
借入件数だけを効率よく
減らしていく方法!
---------------------------------

借入件数を減らす方法

借入件数を減らすには、借りている金額が少ない(できれば利息が高いもの)ものを先に返済して減らしていきます。他で借りている会社の融資限度額が余っている場合は、そこから借りて返済していきます。
例えばA社から20万円の借り入れがあり、他のB会社で融資限度額が20万円以上あれば、B社から20万円を借りて、A社に返済する方法です。借り入れ総額は変わりませんが、借入件数が減ります。

なぜおまとめローンを申し込む前に借入件数を減らすかは、以下の理由からです。
おまとめローンを申し込む際に、最も重要な要素が「借入件数を減らすこと」だからです。消費者金融大手では「他社借入は3件まで」という暗黙のルールを作っている会社が増えています。つまり他の審査条件が整っている場合、3社から借りている人には新たにお金を貸すことができるものの、すでに4社から借りている人には貸さないということです。

つまり借入件数が少なければ少ないほど借りることができる確率がアップ。4件より3件、3件より2件というように少なくなればなるほど、申し込みの審査の際のスコアリング(査定)がアップします。そのためにはまず何から始めるか? まずは借入の明細書と紙とペンと電卓を用意しましょう。

おまとめローンのシュミレーションをしてみよう

まず、あなたが借り入れしている会社の明細書をチェックして金額と利率を、融資限度額などを書き出してみましょう。
そして冒頭で紹介したように、返済金額が少なくて金利の高いものを1つずつつぶしていきましょう。融資限度額があといくらあるかは明細書をみて、電卓で計算すれば、良いだけです。そして「おまとめローンのシュミレーション」が終わったら、あとはリストをもとに借入件数を減らしていくだけです。できれば、3件以内にまとめるのが目標です。

なお、融資限度額(それにつれて利息も)は固定ではなく、あなたの返済実績(信用度)によって、そもそも「変化するものだ」ということを憶えておきましょう。3ヵ月きちんと返済するだけで「この人は貸し倒れのリスクが少ない」ということは、ちゃんと相手に伝わっていますから、その時こそ融資限度額の増額のチャンスです。増額分で「プチまとめ」。借入件数3社になったら「おまとめ一本化」です!


■■■関連記事■■■
→【重要】申込の前にすべきこと
→「審査」で最も重要なのがスコアリング
→一本化の具体的な手順とコツ

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->