絶対に知っておきたい「金利の計算方法」

----------------------------------
おまとめローンへの「まず一歩!」
金利の計算方法を知ることで
返済計画が立てやすくなります。
----------------------------------

金利の計算方法が知りたい

なるべく低金利のおまとめローンを申し込みたいけど、
いったい金利ってどうやって計算するの?
そんな疑問をお持ちの方も多いようです。
ここでは簡単にできる金利の計算法をを紹介します。

■金利の計算方法
ローンにおける金利は、下記の式で算出されます。

金利(利息)=借入残高×利率(実質年率)÷365×利用日数

1か月後の返済では利息金額がどれくらいかかると思いますか?
たとえば利率10%の金融業者から50万円を借入れ、
30日後に全額返済をした場合の利息は50万円×0.10÷365×30=4,110円となります。1日当たりの利息は130円ちょっと。ペットボトル一本分くらいのお金ですね。
そして総返済額は504,110円になります。

では、1年後の返済では利息金額がどれくらい?
同じ条件で50万円を借入れ、それを12か月(1年)返済せずにいたとしたら、
利率10%でも1年後には
50万円×0.10÷365×365=50,000円の利息が発生することになります。50,000円といえば、ちょっとした国内旅行も行ける金額ですね。1日だとペットボトル一本ぶんでも1年だと結構な値段になるんです。
ちなみに総返済額は550,000円になります。

このようにおまとめローンを組む前に、まずは「金利の計算」をして、利息をいくら払うのかを念頭においてから行動をすれば、返済計画も立てやすくなります。返済はなるべくなら早め、そして毎月少しでも多く返済するように心がけましょうね。


■■■関連記事■■■
→【重要】申込の前にすべきこと
→失敗しない「借金返済計画」のポイント


カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査