ローン審査の申し込みで絶対に嘘をつけない3項目。年収?勤続年数?

ローン審査の申し込みで絶対に嘘をつけない3項目。年収?勤続年数?

カードローン審査で嘘をつけない3つの項目とは
他社の借金は審査でばれる?
職場への在籍確認は必ず行われるか
審査に通りやすくなる裏ワザを紹介

審査の際に、あなたが「申込書」に記入した内容で、確実にウラ取り確認されるのは、3点だけです。

その1.「これまでの借り入れ履歴」

その2.「現住所への在宅確認」

その3.「勤め先への在籍確認」

もちろん他の項目は嘘をついてもいいということではありませんが、ぶっちゃけよほどのことがない限りバレません。逆に言えばここでウソをつくと、審査には通らないということです。

審査は「恐れすぎず、されどナメてかからず」が鉄則です。審査の裏側を知って、自信をつけて臨みましょう!

ローン審査の申し込みで絶対に嘘をつけない3項目
目次

審査で絶対にウラ取りされる3項目とは

「嘘をついてもバレる」3つの項目とは?

カードローンの申し込みをする時、住所から職場、勤務期間、年収などいろいろな項目を記入しますよね。もちろん全て属性診断(スコアリング)に必要な情報ですが、金融機関が実際に確認を取る項目というのは、実はすごく少ないんです。…というか、すべてウラを取るのは不可能です。

たとえば皆さん気になる年収も、一定の金額以上の借り入れでなければ、収入証明書類は不要なケースがほとんどです。(自営業などの不安定な職業の場合は別)要するに、各金融機関が定めた「収入証明不要」の範囲内の借り入れであれば、多少盛って申告してもわからないということですね。もちろん極端なウソをつけば怪しまれてしまいますが…。

とはいえ、金融機関もそこは融資のプロです。「ここを押さえておけば大抵の判断はできる重要ポイント」はきっちり確認をとってきます。それがこれから解説する「ウラ取りされる3項目」なんですね。ここで偽りを書いてしまうと、情状酌量の余地なく即審査落ちです。

その1.これまでの借り入れ履歴

「他社からの借入状況」は、カードローンの審査の中でも最重要項目です。どこのカードローンでも、「借り入れ件数」「借入総額」は必ず申告するようになっています。なぜかというと、

既に多くの借金を抱えている場合、これ以上融資しても返済ができなくなる「貸し倒れ」になってしまう危険性がある。特に借り入れ件数が多い人は「多重債務者」になるのでより注意が必要。

消費者金融などの貸金業者は年収の1/3までしか貸し付けができない総量規制の対象である。(銀行は規制対象外です)

といった理由があります。「他の会社から借りたお金なんて、嘘をついてもバレないでしょ」と思った方、いませんか?ダメです。速攻でバレます。

金融会社はローンの申し込みを受けたあと、個人信用情報センターからその人の信用情報を取り寄せます。この信用情報には、「いつ、どの金融会社で、いくら借り入れをし、残債は現在いくらか」などの金融情報が全て載っているんですね。ですから、審査に有利に通ろうとウソをついて少なめに申告しても、すぐにわかってしまうわけです。ちなみに、過去の延滞や審査落ちの履歴なども、情報が保存されている期間内であれば確認されてしまいます。事故履歴がある人は、とうぜん、落とされる可能性が高くなります。

「調べればわかることをなんでわざわざ書かせるの?」という理由ですが、カードローンのように無担保で融資をする場合、貸付をする人の信用度というものが非常に重要になってきます。

たとえば、「少しくらいなら嘘をついてもバレない」「どのくらい借りたか忘れちゃった」という人に、お金を貸す気になりますか?金融会社は「貸してもきちんと返済してくれる人」に貸したいわけですから、申込者本人の性格やお金に対するルーズさは想像以上に気にします。「この人は信用できない」と思われてしまったらおしまいです。ですから、カードローンに申し込みをする際にはきちんと自分の借入状況を確認して、正直に申告するようにしましょう。

ローンにも色々ありますが、「住宅ローン」「自動車ローン」「教育ローン」などの目的ローンに関しては、借入状況に記入しなくて大丈夫です。ただし、クレジットカードでキャッシング枠を利用している場合はカウントされますので注意してください。

その2.現住所への在宅確認

在宅確認については、借りる人が「本当にその住所に住んでいるかどうか」「固定回線電話で連絡が取れるか」などの確認が行われます。固定電話がつながれば、申告している住所に確かに居住している、という証拠になるんですね。

固定電話が無い人には携帯電話へ確認電話を入れることになりますが、やはり信用度は下がりますので、審査には不利です。銀行によっては「家電話があること」が必須条件になっていることもあります。

特に会社勤めなどでなく、自宅で仕事をしている個人事業主・自営業などの人は、「在宅確認=在籍確認」になりますので、必ず家への電話はかかってくると考えておいてください。専業主婦の方が借り入れをする時も同じですね。

家族に知られたくないという方もいると思いますが、金融機関側もそこは心得ています。本人以外にはわからないよう、個人名で電話をかけてくることが多いです。特に消費者金融は絶対に会社名を名乗らないようにしてくれますので、あまり心配をしなくても大丈夫ですよ。

「家に電話がかかってくるのが怖いから…」という理由でわざと自宅の電話番号を空欄にしてしまう人がいますが、もったいないです!固定電話があるというのは審査において大きなアドバンテージになりますから、逆に利用してやるくらいの気持ちでいましょう。

それよりも怖いのが電話番号の記入間違いです。もし金融会社が電話をかけて「お客様のおかけになった電話番号は現在使われておりません…」などとアナウンスが流れてしまった日には、まず審査に通らないと思ってください。

その3.勤め先への在籍確認

「職場にはローンのことを知られたくない。電話してほしくない」という方も多いかと思いますが、在籍確認は何らかの形で、必ず行われます。

「申込書の勤め先に間違いがないか」また、「本当に申し込んだのが本人かどうか」ということを確認するためです。ウソの申告をしてお金を多く借りようとしたり、すでに退職した会社を書いて審査に通ろうとしたりする人が結構いるんですね。小さい金額の借り入れであれば「社員証」「給与明細」「健康保険証」などの提出でOKとしてくれることもありますが、基本は「勤め先への電話確認」です。

ただし、上でも書きましたが金融会社側もカードローンの審査とバレないよう、色々と配慮してくれます。イメージとしてはこんな感じでかかってきます。

銀行…「○○銀行の△△(個人名)と申しますが、××様はいらっしゃいますか?」

消費者金融…「△△(個人名)と申しますが、××様はいらっしゃいますか?」

勤め先であれば銀行から電話がかかってくるのは不自然ではないですし、消費者金融は個人名でかけてくれます。

電話の内容も、勤めている会社に「本人が在籍している」ことがわかればいいわけですから、本人につながればそれで終わりです。本人が出れなくても、「ただいま外出中です」などの言葉で在籍が確認できればOK。何か余計なことを聞かれる心配もありません。どうですか?思ったより簡単でしょう?

「銀行名も名乗ってほしくない!」という場合は、事前にその旨を伝えておけば消費者金融と同じように個人名で対応してもらえるはずです。心配な方は相談しておきましょう。ちなみに「別の会社名を名乗ってかけてほしい!」というのはNGです。法律違反になってしまいますから。

もし申込書に勤務先を間違えて記入してしまい、(転職中に申し込みをして、うっかり前の職場を書いてしまった等)「うちの会社にはおりません」などと答えられてしまったら一発でアウトです。気をつけましょう。

派遣社員で働いている人は、所属は「派遣会社」になります。いつ職場が変わるかもわかりませんので、勤務先を「出向先」ではなく「派遣会社」にしておきましょう。また、在籍確認の電話に応じてくれない派遣会社もありますので、事前に確認が必要です。その場合は「在籍証明書」などの在籍確認書類を発行してもらい、対策しておくのがいいでしょう。申請理由は「子供の学校に提出」や「クレジットカード作成のため」などにしておけばOKです。

電話確認を避けたいなら消費者金融がねらい目

どうしても勤務先への電話連絡が嫌だという人には、モビットのWEB完結申し込みという方法があります。

・社会保険証または組合保険証

・三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座

があれば、電話連絡・郵送物なしで審査が受けられます。

また、プロミスなどの消費者金融でも、10万円以内の小口借り入れであれば、相談次第で電話確認を省略してくれたというケースが報告されています(その代わり社員証や社名の入った健康保険証などの代替書類が必要になります)。原則では勤め先への電話連絡は必須になりますが、「できれば電話連絡は避けたい…」という方は、申し込みの時点で担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

審査に通りやすくなる裏ワザ

ウラ取りをされる3つの条件を確認したら、いよいよ実際に申込みです。ここで審査に通りやすくなるちょっとした裏技を知っておくと、より有利に審査を進めることができます。

申し込みフォームは正確に記入する

記入もれや書き間違いに注意!!

急いで借りたいがためにあわてて申し込みフォームを作成し、確認もしないままそのまま送信。審査の結果は「申し訳ありませんが…」。こういう人、本当に多いんです!

特に住所や電話番号の記載ミスは、連絡先の確認が取れないので致命的です。住所の番地、間違えていませんか?マンション名や部屋番号を省略したりしていませんか?電話番号は?最近ではスマホでの申し込みが多くなってきていますので、「打ち間違い」が起こりやすくなっています。

きちんと丁寧に、隅々まで漏れなく正確に記入すること。これが出来ていると審査する方も「この人はきっちりしているから、きっと返済もちゃんとしてくれるだろう」と判断してくれます。

申込書というのは、審査の資料となると同時にあなたの中身を見るためのものでもあるということを忘れないようにしましょう。

自分の信用情報を取り寄せてみる

金融機関は個人信用情報センターからその人の信用情報を照会すると書きましたが、この信用情報、実は、自分でも見ることができるって知ってました?

信用情報機関には

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)→銀行系が利用

・日本信用情報機構(JICC)→消費者金融や信販会社が利用

・(株)シー・アイ・シー(CIC) →クレジットカードや携帯電話会社が利用

の3つがあります。「個人信用情報開示請求」を行えば、1000円程度で自分の情報を開示してもらえます。(ただし、本人に限ります)詳しくはこちらで説明しています。

「自分の信用情報に自信がない…」「過去に延滞したことがあったけどいつか忘れてしまった」といった人は、まず自分の信用情報を確認してみましょう。事故履歴があった場合には情報が消えるまで借り入れできません。下手に申し込みをして審査落ち履歴が増えないよう、気をつけましょう。

審査に通りやすいカードローンはどこ?

審査通過の可能性が高いローンとは?

月末やキャンペーン中に申し込む

自動車を買うときは期末を狙うと割引率が高くなるように、カードローンにも「審査に通りやすくなる」、要するに「ちょっぴり審査が緩くなる」タイミングがあります。

まずは月末。月のノルマを達成するために、担当者は焦っています(笑)。また、契約件数を増やすためのキャンペーン中も、数字を上げるため審査に関しては少し緩くなることが多いです。金融機関のサイト上に「○月○日までに申し込みをすると~」といった広告が掲載されていれば、チャンスです!ついでにキャンペーンの優遇措置もゲットできますので、これを逃す手はありませんね。

審査に通りやすいカードローンを選ぶ

「借入件数が3件以内」の「大企業の正社員もしくは公務員」で「独身で親と同居」などよほどの高属性の人でない限り、借り入れするカードローンの審査レベルは重要です。

現在ほとんどの銀行では、審査の通りやすさについては消費者金融と変わりません。

金利の低さや総量規制の対象外という点からも、特に複数の借金を一本に借り換えするおまとめローンを考えている場合は、銀行カードローンを選ぶのが賢いといえます。

中でも特に融資に積極的な銀行ローンを紹介しておきます。

メガバンクらしからぬ審査の柔軟さが人気の秘密です。ネットのお試し診断を利用すれば事前に目安がわかるのもいいですね。

三菱東京UFJ銀行バンクイック
利率 借入限度額 審査時間
4.6%~14.6% 最大500万円 最短即日

・審査の柔軟さ 

当サイトからの審査通過実績は安定のナンバー1です!金利に幅はありますが、最低金利が適用されれば業界でもトップの金利水準です。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->