300万円のローン、すぐに借りるなら審査に通りやすいのはどこ?

300万円のローン、すぐに借りるなら審査に通りやすいのはどこ?

300万円の高額融資を成功させるローン選びのコツ
300万円をすぐに借りれる銀行カードローン情報
「低金利ローン」にこだわる理由
ローン審査を左右する個人信用情報とは
審査を有利に進めるマル秘裏技

300万円借りたい!となったとき、今まで借りたことがない初めての金融会社にいきなり、「貸してください」と言っても、なかなか貸してもらえません。それが300万円という金額です。

マイカーローンや住宅ローンといった特別な名目に対して行われるローンを除くと、初回契約時に高額融資を受けてくれる会社は少ないです。

ですが、あきらめるのはまだ早い!あなたの金融実績、つまり信用情報がしっかりとしていれば、いまや300万円というローンは、収入証明書がなくても借りれる金額です。

また、他社での借入れが数件ある人でも、今の借金をより条件のよいおまとめローンに借り換えられる可能性は決して低くはありません。

ただし、300万円借りたければ借入先は厳選する必要があるということを忘れてはいけません。ここで紹介するのは、300万円すぐに借りれて、しかも信用度抜群の銀行カードローンです。

返済日が迫っているあなたが、ブラックリストにのらずに借金生活から抜け出すチャンスはこのページにあります。

300万円 おまとめローン
目次

300万円借りるならこの銀行を狙え

300万円借りるなら借入先は厳選する必要があります。やたらと申し込んで審査落ちを重ねると、申込みブラックとなってしまい、1年以上間をおかないと審査に通るのは厳しくなってしまいます。

収入証明なしで300万円借りるなら?

収入証明書というと、給与明細書はもちろんですが源泉徴収票確定申告書も含まれます。でも、どれもその場ですぐに手に入るものではないですよね。急いでお金を借りたいときに収入証明書を用意するのは煩わしいものです。しかし、銀行系カードローンには高額融資でも収入証明書不必要とされているものがあります。

中でも、代表的なのがオリックス銀行カードローンで、300万円までなら収入証明書類無しで申込可とされています。

しかも、300万円より多く借りる場合の金利は4.5~8.8%と業界イチ低金利で借りられる可能性が高く、おまとめローンに選ぶならこの銀行をおいてないと言えます。

実はこのオリ銀ですが、高額融資の「おまとめローン」として利用する人の多い当サイトで、「審査が不安だったけど融資してもらえた」という声を一番多く頂いているカードローンです。

人気カードローン比較:収入証明の提出条件

収入証明書無し カードローン名
300万円 以下

オリックス銀行
イオン銀行BIG
横浜銀行

200万円 以下 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》
100万円 以下 三菱東京UFJカードローン、新生銀行
50万円 以下 アコムなど
金額にかかわらず必要 東京スター銀行おまとめローン

住宅ローンがあっても借りれるのはここ

住宅ローンはカードローン審査に影響しない?

「住宅ローンの返済日が近いのにお金が足りない」とあせっている方に朗報!!

みずほ 銀行の住宅ローンを組んでいるなら、みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》の金利が年0.5%引き下げてもらえます。

★300万円借りた場合の金利引き下げ

7.0% ⇒ 6.5%

※コンフォートプランの場合

銀行の場合、住宅ローンがあってもカードローン審査に影響しないことが多いので、みずほ以外に住宅借入金がある場合でも申し込んでみる価値はあります。

たとえば、三菱東京UFJの「お借り入れ診断」で、住宅ローン3000万円で試したところ、融資可能とでました。

銀行カードローンは、住宅ローンほど金利が安くありませんが使い道自由なフリーローンなので、「マンション購入後、予想外の出費があった」なんて時に大変便利です。ちょっとした家の増改築ならカードローンですますという人も大勢います。

※事業資金は不可の場合があるので経営者の方は要注意

ただし、足りない頭金をカードローンで補うのはNGです。住宅ローンの本審査で別の借金が見つかると、まず通りませんから。

もちろん、住宅ローンを組む時は十分な返済計画をたてておくことを忘れずに。「返済負担率 」 (年間返済額 ÷ 年収) は、30%までに抑えましょう。あまりに無謀なローンを組んでいると、返済能力に疑問を持たれて、カードローンの借り入れ審査におとされてしまうことがあります。心配な方は、住宅ローンを借りている銀行のカードローンを検討してみてください。みずほ銀行のように優遇してくれる可能性があります。

みずほ銀行カードローンには2種類ある?

業界大手のみずほ銀行ですが、最近大幅リニューアルしたのはご存知でしたか?

2015年11月より、みずほ銀行はふたつのカードローンプランを商品として扱うようになりました。

それが、
《コンフォートプラン》
《エグゼクティブプラン》
という名前の新しいカードローン

いま人気の福士蒼汰をCMに起用したことで、記憶に残った方もいるのではないでしょうか。

どちらもみずほ銀行カードローンですが、コンフォートプランは幅広い世代に向けて、エグゼクティブプランはちょっとリッチなお客様に向けて、とターゲットを分けています。

金利や利用限度額など様々な違いがありますので、気になる方は下記のページをご覧ください。

住宅ローンの借り換えを考えている方は、借り換えの前にカードローンを借りてしまうと借り換え審査に影響が出る可能性があります。どうしても急ぎということでなければ、まず住宅ローンの借り換えを終えてからカードローンの申し込みをしましょう。

住宅ローンや、車を購入する自動車ローンなどの目的ローンは、基本カードローンの審査には影響しません。ただし、収入に対し極端に返済負担率が高いなど、厳しいローンを組んでいる場合は審査に落とされる可能性がありますので、注意してください。

無人契約機ですぐに借りる

「銀行は消費者 金融と違って、窓口に行って担当者と交渉しないといけないから敷居が高い」と敬遠する人がいますが、そんなことは全くありません。

銀行カードローンは、パソコンや携帯電話からインターネットを利用して申し込むことができますし、 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、テレビ窓口を利用してその日のうちにお金の借入れが可能です。

消費者金融のローン契約機と同様でその場に担当者はいませんが、テレビ電話でオペレーターと話しながら手続きができるのでパソコンは使えないといった年長者でも安心です。 運転免許証があれば最短40分で ローンカードを発行してもらえますから、近くのATMですぐに現金を引き出せるのも便利ですね。

バンクイック:超スピード借入れの裏技

貸金業者では当日融資があたりまえとなっていますが、遅くても平日14:00までには審査を通す必要があります。

でも、バンクイックのテレビ窓口なら
平日15:00以降
土日祝日
でも借入が可能
です。
※審査状況によっては翌日以降になる可能性あり

最短で40分で借入が可能ですが、テレビ窓口で待ちたくないなら、

(1)ネット(PCやモバイルから)で、テレビ窓口受け取りを指定して申し込む。

(2)近くのテレビ窓口でローンカードを受け取る

この方法が最速です。

また、三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行に口座があればローンカードの発行ナシでキャッシュカードによる引き出しが可能です。家に郵送もありませんし、キャッシュカードならローンの借り入れが他人にバレることはありませんから、堂々と使えますね。

ちなみに、300万円を収入証明なしで、と考えると、つい全国展開している大手銀行でしか無理だと思いがちですが、意外と地方銀行でも貸してくれたりします。

たとえば岡山で人気のトマト銀行。そのローンの名は、なんとQ-Li(キュウリ)かわいらしくて和んでしまいます。

そんなかわいい名前のトマト銀行カードローンですが、審査がとてもはやく簡単なことで有名なんです。もちろん利用限度額は最大300万円!地方銀行も頑張る時代です。

また、当サイト一押しなのが横浜銀行カードローンです。首都圏在住者に利用は限られていますが、融資限度額は1000万円と業界トップを誇ります。300万円までは収入証明も不要。金利も低く、スペックとしては大手銀行をしのぐ《最強クラス》と言って良いでしょう。

横浜銀行カードローン【完全ガイド】

おまとめローンに低金利な銀行カードローンを選ぶ理由

300万を借りるなら利息計算は必須

ところであなたは借金をするとき、十分に利息のことを考えて契約しますか?

お金がなくてあせっていると、貸してくれるところならどこでもいいと言った気持ちになってしまい、金利(利息)のことを考えずに契約してしまいがちです。

でも、金利ってバカにできませんよ。あなたが返している毎月の返済額のうち、いくらが利息分にあたるのか考えてみましょう。

特に「おまとめローン」として高額の借入れをする際には、この金利の差によって、その後の返済がぐっと楽になるので要注意です。

年利15%で300万円借りた場合

返済回数 30回 40回
返済額合計
(一か月)
120,535円 95,764円
利息分
(一回目)
36,986円 36,986円
返済総額 360万円 380万円

これは消費者金融1社でまとめて300万円借りたケースですが、複数社で分割して借りている場合、それぞれの利息はもっと高額(18%程度)となります。

改めて見てみると、「こんなに無駄なお金を払っていたのか。」と愕然としませんか?

80万円あったら、中古車ぐらい買えちゃいますよね。

だから、このサイトでは繰り上げ返済ボーナス増額返済を推奨しているのです。もしリボ払いで借り入れしていた場合、ボーナス返済をしなければ下手すると総返済額が借入金額の倍になってしまったりするのです。

300万円くらいの額になれば、元利均等返済や、元金均等返済といった返済方式も多いです。そうなると、リボ払いほどは利息を意識する必要がなくなりますが、どちらにせよ繰り上げ返済はすればするほど後がラクになりますし、なるべくするようにしましょう。

300万円の金利は?徹底比較

ではここで、低金利といわれる銀行カードローンで300万円借りた場合の金利を比較してみましょう。

人気銀行カードローン金利(300万円)

オリックス銀行 みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 三菱東京UFJ銀行
4.5~8.8% 7.0% 6.1%

次に、 三菱東京UFJの公式サイト上で提供されている返済額試算シミュレーションを使って、大手消費者金融と同じ300万円を借りた場合の利息額を比較してみます(ちなみに各金融機関が出している返済額試算シミュレーションは、借入金額や借入利率、返済月数、つまり借入期間などを入力するだけで、あっという間にシミュレーションしてくれるので大変オススメです!)

★借入額300万円を36回(返済期間3年)で返済した場合
金利 6.1%
(三菱東京UFJ銀行)
15%
(消費者金融)
返済額合計
(一か月)
91,401円 103,995円
利息分
(一回目)
15,250円 36,986円
返済総額 329万円 373万円

なんと、
総額返済額を44万円も減額できます。

これを見れば一目瞭然ですね。消費者金融で借金しているあなたはすぐに銀行カードローンを利用しておまとめをするべきです。

ちなみに、銀行系の個人向け無担保ローン(フリーローン)では、借入限度額500万円、最小金利10数%〜15%というのが一般的な貸付条件なので、希望金額に関わらず貸金業者(消費者金融や信販会社)よりも銀行のほうがお得です。

また、審査が甘い会社は高金利の場合もありますが、高金利では決して借りないようにして下さい。「借金が一本化できたものの、返済状況が悪化した」という最悪の事態は避けなければいけません。

300万円など、高額であればあるほど、低金利のローンを選んで利息負担を抑えること。これが重要です。


月々の返済額を低く抑えすぎると返済期間が長くなり、結果支払う利息総額が大きくなってしまいます。これでは低金利のローンに借り換えたところで意味がありませんよね。

おまとめを成功させるなら、あまり低い返済月額を設定しないこと、そして余裕があるときには、1000円ずつでもいいので繰り上げ返済を行い、少しでも早期の完済を目指す=返済総額を減らすことが重要です。

あなたは年収900万円ありますか?

実は、消費者金融や信販会社などの貸金業の場合、利用限度額が300万円以上とうたっていても大概の利用者は300万円借りることができません。

なぜなら、貸金業者には「貸金業法」という法律があり、そのなかで収入の1/3までしか融資してはダメと定められてるからです。これを「総量規制」といいます。

これは、悪質なヤミ金の取り立てなどが目立つようになったため、利用者保護の目的で2010年に改正貸金業法という名で施行された新しいルールです。

つまり、あなたが消費者金融で300万円借りようと思ったら最低でも年収900万円必要です。

消費者金融のうたう「最高限度額300万円!」は「もしあなたが年収900万円以上あって、信用情報にもキズがなく信頼できる人間であれば、最高限度額300万円!」の略なんですね。

どうですか?あなたは年収900万円ありますか?(ちなみに私はありません。涙。。)

でも、借入先が銀行であれば、総量規制の対象外ですから、年収を気にする必要はありません。なぜ対象外なのかというと、銀行は貸金業法ではなく、銀行法という別の法律の下で管理されているため、そもそも総量規制など関係ないのです。堂々と融資希望額300万円と記入して下さい。


消費者金融や信販会社でも、住宅ローンや自動車ローンなど、用途が決まっている目的ローンの場合は総量規制の対象外になりますので、年収の1/3を超えての融資も可能となっています。そうじゃないと、住宅ローンなんて永遠に組めませんよね…。

さらに、複数の借り入れを一本にまとめる「おまとめ専用ローン」も実は総量規制対象外です。「おまとめ専用ローン」は東京スター銀行などのCMで有名ですね。目的が絞られていることから借金の一本化が成功しやすいというメリットがありますが、利用者が多重債務者に限られるため、審査は一般のカードローンより厳しめで、特にパートやアルバイトなどの非正規雇用者にはオススメしていません。

総量規制対象外のローンについては、先ほどのページはもちろん、こちらでも説明しているので、こちらも合わせてご覧ください。

年収300万円でも住宅ローンが組める?

300万円つながりということで、年収300万円でも住宅ローンは組めるのか、つまりマイホームをゲットできるのか、を調べてみました。

結論から言います。
年収300万円でも、住宅ローンは組めます。

が、やはりかなり厳しいです…。住宅ローンで借りられる目安は、年収のおよそ5倍といわれています。300万円であれば1500万円。もちろん場所などにもよりますが、新築で建てることはまず無理でしょう。

しかも、住宅ローンには固定金利変動金利の2種類があり、変動金利の場合は金利上昇の可能性も考える必要があるのです。期間固定金利の場合も、一定期間を過ぎると金利変動の恐れがあります。

住宅ローンって意外と難しいんです…。返済方式も、元利均等返済元金均等返済の2通りあるので、どちらが自分に合っているか確認する必要があります。

やはり、マイホームとはそう簡単に手に入らないものですね…。住宅ローンの返済方式については下記のページで詳しく説明しているのでよろしければどうぞ!ちなみにこの返済方式は教育ローンにも応用可能なのでそちらに興味がある方もぜひ。

しかし、最近では自己資金数百万でも激安物件を購入し、DIYして戸建投資という話もよく聞きます。ハウツー本なんかも売られてますね。

根気が要りますが、激安物件を買って思いっきりリフォームしてしまうのもありかもしれません。ちゃんと勉強してやれば、安くても素敵な一戸建てが手に入りそうです!

ローン審査に影響する信用情報って?

「金融ブラックリスト」に注意

まっとうな金融機関に申し込んでも必ず審査落ちしてしまうのが「金融ブラックリスト」に入っている人です。

実は、あなたのお金に関する個人情報は信用情報センターという機関に登録され、ここに加盟している金融機関はインターネットで簡単に照会することができます。

つまり、あなたが何枚クレジットカードを持っていて、毎月いくら利用して、そのうちキャッシングをしてるのは○万円。といったことから、先月消費者金融に申し込んで審査に落ちているといったごくごくプライベートな情報までが筒抜けになっています。

借金関係のことだけでしょ?関係ない!って思ったそこのあなた。甘いです。携帯の本体料金、分割払いにしてませんか?実はこれも厳密にはローンなので、きっちり信用情報に含まれます。たかが携帯料金、なんて滞納したりしてると、あとあと痛い目に見ることになりますよ…。もちろん、たった数日の滞納くらいでブラックリストに載ったりはしませんけどね!詳しくは以下のリンクをご覧ください。

そう、ローンを組むときにはあなたの信用情報はすべて筒抜け。ブラックリスト入りするのは、債務整理や自己破産だけではないんです。でもこれ、ローン商品の契約書などに小さく明記されてるので、「個人情報の侵害じゃないか!!」なんて戦っても絶対に勝てません。

金融機関では、この情報をチェックしていわゆる金融事故情報(ブラック情報)と呼ばれるマイナス事項を見つけると「返済能力なし」と判断され、絶対にローン審査を通しません(これが俗に「金融ブラックリスト入り」と言われる状態です)

そうなってからでは、どんなに条件が良いローンを見つけても借り換えることはできませんし、現在のローン枠を増額することもできなくなります。

「300万円借りれます」紹介屋詐欺に注意

雑誌の後ろの方に、「○○万円借りれます。」なんて広告が載ってることがあります。

でもこれ、振込み詐欺の一種で、「融資詐欺」とか「紹介詐欺」と呼ばれている詐欺の可能性が高いので安易に連絡してはいけません。今回は、実際に被害にあった体験者から話を聞くことができたので参考にして下さい。

男性誌に掲載されていた

「すぐに300万円借りれる方法教えます。」
の文字にひかれてすぐに電話しました。

優しそうな女性の声で、「○○金融と××ローンに行って30万円ずつ借りてください。その時、申込書はこう書きます。」と細かく指示されました。

その通りにするとすんなりと借りれたので業者に報告すると、「初回手数料として、20万円振り込んでください。振込みが確認できたら次の方法を教えます。」と言われ、素直に振り込みました。その後、業者とは一切連絡がとれなくなり借金だけが残りました。

もっていた車を売って、自動車保険も解約しましたがまだ支払いが残っています。

突然、不動産投資家と名乗る人から

「共同で投資しませんか?たった30万円が必ず300万円になります。」
というメールがきて、複数の貸金業者からの借金に追われていた私はとびつきました。

今考えたら詐欺だってわかるんですが、その時は必死だったので周りが見えていませんでした。

いくつかの金融機関で借金をさせられ、30万円振り込みました。

お金を振り込んだ後は、当然連絡がとれなくなりましたが、脅しや恐喝があったらどうしようと思って誰にも相談できませんでした。

「そんなの詐欺に決まってるよ」誰もがそう思いますよね。

でも、借金なんて誰にも言えないと一人で抱え込んでしまう人が多いので、甘い誘いに乗ってしまう人はあとをたちません。

お金を借りるなら、審査の通りやすさや金利も重要ですが、なんといっても信頼できるところが一番です。

その点、銀行なら申し分ない借入先ですし、強引な取り立ては絶対にありません。300万円は簡単には借りれない金額ですが、ここで紹介した銀行なら借りれる可能性はけっして小さくありません。間違っても、悪徳金融会社の口車に乗って借りてみたら法外な高金利で返済が大変になった!なんてことにならないようにしましょう。

高額借入だからこそ!審査を有利に進めるコツ

申込書は正確に!

金融会社で融資してくれるフリーローンの限度額は年々上がってきているとはいえ、300万円という金額はわれわれ庶民からするとかなりの高額です。日本の平均年収が税込400万円ちょっと。300万といえば、そこから保険料や税金などを差し引いた、手取りの年収に近い金額です。

この300万円という金額を無担保で貸してほしいというのですから、申込はより慎重にしなければなりません。そしてちょっとした工夫で審査を有利に進めることもできるんです。ポイントは、「融資する側の気持ちになって申し込む」です!

申込フォームは完璧に!

カードローンのように無担保で融資する場合、金融機関が頼りにできるのは、あなたの信用度だけです。つまり、「この人はお金にルーズそうだ、信用できない」と思われてしまったらそこでおしまいなんです。

とくに300万円という高額融資になると、小さなミスが命取りになりかねません。「ちょっとくらい間違ってても大丈夫でしょ」とろくに確認もせずに申込フォームを送信、なんてことしていませんか?そういういい加減さを、向こうはちゃんと見ています。

電話番号の記入まちがい、漢字の打ち間違い、住所の番地やマンション名の省略などなど。神経質なくらいでちょうどいいです。一つの間違いもないよう、確認は徹底してください。


他社からの借入状況を把握しきれておらず、適当に書いて審査に落ちてしまう人が結構います。この借入状況は金融機関間で情報を共有していますので、間違いがあればすぐわかってしまいます。「借金の管理ができていない=お金にだらしない、信用できない」と思われてしまいますから、ここも注意してくださいね。「審査に通るためにちょっと少なめに申告しよう」なんてもってのほかです。良い回答がもらえるわけがありません。

借入したい銀行に口座を開設し、取引実績を作っておく

いくら「収入証明○○百万円まで不要」とうたっていても、これまでの取引がゼロでその他の情報も全くない人が、いきなり数百万もの融資を受けるのはなかなか難しいもの。そこで有効なのが「狙っている銀行に口座を作って顧客になってしまう」ことです。とくにお給料の振り込み口座をそこにしてしまえば、銀行からの信用度はぐーんとアップします!

逆にいうなら、急ぎで借入をしたい場合は普段利用している銀行のカードローンを探すのがいいでしょう。口座があれば審査・融資までの流れもスムーズですので、より早く融資を受けられる可能性があります。たとえば三井住友銀行カードローンなら、口座があればWEBだけで申込が完結、郵送物もありませんし、普通預金口座のキャッシュカードがそのままローンカードとして使えます。

おまとめ目的であることをアピールする

カードローンは用途が自由ですので何にでも好きに使えるのですが(事業用資金は別)、ここで「他社からの借り入れを御社で一本にまとめて返済したい」ということを伝えておくと、「この人は返済意志が強い」と判断され、審査に有利になることがあります。

上に書いたように狙った銀行で口座を作り、お給料や各種支払いをそこに指定して実績を作ったうえで、申込時に「これからの取引は全て御社で!」アピールをすると、担当者の心をぐっと掴めます(笑)

審査は「スコアリング」というコンピューターによる査定がほとんどですが、最終的には担当者の判断にゆだねられているということを忘れないようにしましょう。

平成22年より前に借りた借金は…「過払い金請求」!?

もしあなたが複数の借金を抱えていて、おまとめのために300万円もの金額を借りようとしているなら、まず確認してほしいことがあります。

それは現在残っている残債(残りの借金)の中に、平成22年より前に借りた高金利の借金が含まれていないか、ということです。

現在、金融会社は利息制限法により
・10万円未満…20%
・10~100万円…18%
・100万円以上…15%

までの金利を適用することになっています。が、法律が改正される平成22年までは、いわゆる「グレーゾーン金利」といって、20%以上の高金利が当たり前のように使われていました。

もしこの高金利で借り入れがあった場合は、「過払い金請求」といって払いすぎた利息を戻してもらう手続きができます。「そういえば利息が20%以上のものがあった!」というような方は一度専門家に相談してみましょう。 おまとめしてしまった後だと、過払い金請求をするのが非常に大変になってしまいます。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->