低収入:年収が低くても審査に通るおまとめローンはどこ?

年収なし

年収なし

「専業主婦で収入がない」「失業中で収入がない」そのためお金が借りられない。
これは、ある意味事実です。

しかし金融機関にとっては、最終的に返済してくれるお客さんが良いお客さんですから、収入のない専業主婦などは、配偶者の協力があれば融資も可能ですし、一定の職業についてはいないものの、派遣会社に登録していれば「融資可能」という場合もあります。

派遣会社のほうで在籍確認がとれれば融資ができることになります。これは「無職キャッシング」の王道でもありますね。書類上では派遣会社に登録していて「無職ではない」ので、「おまとめローン」が可能な場合があるわけです。

また、銀行系のローン商品であれば、給与の振込先口座がその銀行にあれば、今までの取引履歴により審査を行って借りやすい傾向にもあるようです。


■■■関連記事■■■
→年収200万円以下で選ぶ
→年収400〜600万円で選ぶ
→年収600万円以上で選ぶ
→どこから申込みすべきか、順番は?
→おまとめ前に!借入件数を減らす方法
→「ピンチ!の時の裏ワザ」はコチラ
→審査と職業の関係について
→条件別でおまとめローンを探す
→職業別で選ぶ
→借入件数で選ぶ
→融資希望額で選ぶ


年収300万円以下

年収300万円以下

仮に年収が250万円だとしたら、総量規制で考えると、借りることができるのが、250万円の1/3なので、だいたい80万円くらいのおまとめローンならできそうです。

ただ、銀行系では年収チェックが厳しく、融資条件で「年収が200万円以上であること」と書かれているところもあります。

その場合、審査に通るコツとしては、わりと最近も発行された源泉徴収票か給与明細でいちばん月収の高いものを用意して、給与支給額(税込)×18ヵ月(ボーナス6ヶ月分を含む)の値で「なんとか年収200万円を超える値」で申請することです。
年収証明や納税証明書を提出する必要はありませんので、これですんなり通ることがあります。

ここでは年収300万円以内の人にやさしいおまとめローン会社を紹介しています。

おすすめはコチラです。



■■■関連記事■■■
→総量規制とは?
→年収なし、で選ぶ
→年収300〜600万円で選ぶ
→年収600万円以上で選ぶ
→どこから申込みすべきか、順番は?
→おまとめ前に!借入件数を減らす方法
→「ピンチ!の時の裏ワザ」はコチラ
→審査と職業の関係について
→条件別でおまとめローンを探す
→職業別で選ぶ
→借入件数で選ぶ
→融資希望額で選ぶ



年収300〜600万円

年収300万円以上

サラリーマンの平均年収ってだいたい400万円ちょっと。
日本の多くのサラリーマンがここにあてはまります。

おまとめローンの場合は、総量規制の対象外になる関係で、あなたが公務員であったり、大きな会社に長年勤務されていたりといった審査のスコアリング(査定)が良い場合はその金額より多く借りることができます。

ちなみに「おまとめするのにお得なランキング」は以下の順になります。
1. 銀行ローン
2. 信販系
3. 消費者ローン

ここでは年収400万以上の方におすすめの金融機関を紹介しますので、あなたにピッタリのお得なおまとめローンを探してください。

おすすめはコチラです。



■■■関連記事■■■
→年収なし、で選ぶ
→年収300万円以下で選ぶ
→年収600万円以上で選ぶ
→どこから申込みすべきか、順番は?
→おまとめ前に!借入件数を減らす方法
→「ピンチ!の時の裏ワザ」はコチラ
→審査と職業の関係について
→条件別でおまとめローンを探す
→職業別で選ぶ
→借入件数で選ぶ
→融資希望額で選ぶ



年収600万円以上

年収600万円以上

600万円以上の年収ですと、総量規制では200万円まで融資が可能ですので、これくらいの年収のある方なら、おまとめローンの申請をする際にまず最初に検討すべきは銀行ローンです。
銀行系の「おまとめローン」は、審査基準がやや高いものの、そのぶん金利を低く抑えているからです。

・延滞などの履歴がない
・半年以内に、1ヶ月間に3件以上の借入れ申込みを行って断られた履歴がない
・借入れ件数が5件を超えていない
この条件に合致するなら、迷わず銀行系にターゲットを絞って申込みをしてみてください。

ここでは銀行を中心とした、金利が安い金融機関を紹介しますので、各社を比較してあなたに一番お得でマッチしたおまとめローンを選んでください。

おすすめはコチラです。



■■■関連記事■■■
→なぜ「半年以内に1ヶ月間に3件以上の 申込み」を行ってはいけないか
→審査と「借入れ件数」の関係について
→年収なし、で選ぶ
→年収200万円以下で選ぶ
→年収400〜600万円で選ぶ
→どこから申込みすべきか、順番は?
→おまとめ前に!借入件数を減らす方法
→「ピンチ!の時の裏ワザ」はコチラ
→条件別でおまとめローンを探す
→職業別で選ぶ
→借入件数で選ぶ
→融資希望額で選ぶ

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->