審査が甘い銀行カードローンは、どこ? おまとめローン審査が通らない理由と対策

おまとめローン審査が通らない理由と対策

「おまとめローン」の審査が厳しいワケ
おまとめローンの審査に《即落ち》してしまう条件と対策
審査の「スコアリング」とは?有利な条件は?
カードローンを「おまとめ目的」で利用する注意点
審査に落ちたときの対策と「審査に甘いカードローン」一挙紹介

おまとめローンや借り換えローンの審査に通らない理由(審査に落ちる理由)は、大きく分けて3つあります。

  1. 「ブラックリスト入り」など、即座にNGの4条件に当てはまる場合
  2. 勤務先や年収などから返済能力をコンピューター採点した結果が、審査基準に満たなかった場合
  3. 申込内容に嘘や記入ミスのある場合

ここでは、それら「審査に通らない理由」のすべてと、対策方法、そしてどこに申し込むと審査に通りやすいか(おすすめの借入れ金融機関)を、どこよりも正確でわかりやすく説明していきます。

おまとめローン審査基準 目次

まずはローン審査の大前提

おまとめローンに申し込む前に「審査の基本」を知っておこう

おまとめローン(借り換えローン)の審査やカードローン審査など、無担保でお金を借りるフリーローンの審査は、基本的にはどこでも同じものです。(学生ローンや葬儀ローンなどでも同じです)

東京スター銀行など、一部の銀行系カードローンには「おまとめ専用ローン商品」がありますが、これもその審査方法を厳正に行っているだけであって、その審査方法はローン会社すべて共通と言っても過言ではありません。

ただし、難易度は違います。
おまとめローンの場合、複数の借金をひとつにまとめるわけですから、「それなりの利用限度額」を融資してもらうことになります。したがって、アコムやモビットなどのカードローンから10万円だけ借り入れるより、審査の難易度は上がる、というわけですね。

おまとめローンの審査が厳しい理由は簡単。(3つあります)

  1. そもそも利用者のすべてが複数の融資返済をしている「多重債務者」の審査だから
  2. 100万円以上とかの高額融資だから
  3. 毎月の返済額も高額になるから

こうしてみると、金融会社が審査に慎重になるのもわかりますよね。

しかし、(破産や任意整理などをしてブラックリスト入りしたくなければ)多重債務を減らすためには「おまとめローン」をするしか方法がないのも確かです。

だからこそ、むやみに申込みまくって「審査落ち」を繰り返すことだけは絶対に避けましょう。まず肝心なことは「審査に通らない人の、どの部分に原因があるのか」を知るということです(その次に「どこに申し込むか」を考える必要があります)

即座に審査落ちになる条件は4つ

このページの冒頭で「審査に通らない理由は、大きく分けて3つある」と書きましたが、その1番め

  1. 「ブラックリスト入り」など、即座にNGの4条件に当てはまる場合

は、さらに下記の項目、つまり、 「勤続年数が足りない」「ブラックリスト」「申込みブラック」「他社の借入れ件数」の4つに分かれます。

まずは「勤続年数の問題」から見ていきましょう。

1. 勤続年数が足りない

勤続年数は長いほど有利

おまとめローン借り換えローンに限らず、あらゆるローンは、どれぐらいの期間、その会社で働いているのかという「勤続年数」を重要な項目として注目しながら審査をしています。

最低ラインとして、3ヶ月未満や6ヶ月未満はダメだと設定しているという金融会社がほとんどなので、他の条件は全てバッチリクリアしているのに、勤続年数が6ヶ月未満だったということだけで審査に落ちる人が大勢出てくるのです。
(クレジットカード審査に落とされてしまう原因や理由がわからない人の大半がコレです)

勤続年数が1年以上~5年未満の場合、
評価は「普通」
となりますので、勤続年数が1年未満(11ヶ月とか)という方はもう少し待ってから申し込んだ方が審査が通りやすくなるので、焦る気持ちをとりあえず抑えて、グットタイミングで申し込むようにするのが得策です。

明らかに言えることとして
・勤続年数が3ヶ月以内の人は、どこのカードローンでも審査に通らない
・高額融資、多重債務者への「おまとめローン」の場合、1年未満はほぼ全額おまとめは無理だと考えてください(3ヶ月以上なら、少額なら可能)。

2. ブラックリストとは(事故者)

「事故って、交通事故のこと?!」
な~んて思っている人はいませんか?(笑)

金融業界に「交通事故」は関係がありませんね。金融業界で言う「事故」とは「金融事故」のことをいいます。

金融事故者というのは、さまざまな形態がありますが、主に 3ヶ月以上返済が遅れている人や、繰り返し遅れた人、自己破産や任意整理などの「債務整理」を行われた人のことを指すことになります(クレジットカードの延滞や過払い金請求も含まれます)。

聞きなれた言葉で言うと「ブラックリスト」です(リスト化されているわけではありません。データベースへの照会ですぐに発見されるということです)。

ローンの申込みがあると、融資担当者はCRIN(クリン) というネットワークを使って個人信用情報機関にアクセスし、必ず申込者の事故情報を確認します。そこで事故者としてのデータが残っていると、融資はまずアウトです。

この事故情報は申込履歴と違って、事故の状態が解消してから1年~10年間は抹消されない(事故の程度や種類で違う)ので、この情報が抹消されるまでは、おまとめローンの申し込みは通らなくなります。(たま~に審査を通してくれる、超激甘消費者金融がありますが・・・)

事故情報は自分で調べることもできるので、「自分も事故者リストに載っているのかも・・・」という心当たりがある人は、カードローン融資の申込み前に一度確認しておくといいでしょう。

3. 申込みブラックとは(多重申込)

銀行カードローン審査にどうしても落とされてしまう理由・原因として、「短期間に3件以上、たて続けに申込んでいる」というのものもあります。

たとえば、「こんなに金融会社がたくさんあるんだから、どこかの審査は通るだろう。よし、片っ端から申し込もう!」・・・なんてやってしまったら、NGもいいところ。

ローンの申込み履歴(照会情報)は、必ず個人信用情報センターに残ってしまうため、あなたがローンに申し込むと、融資担当者は間違いなくそれを見つけます。そして「ハイ。この人申込みブラックでNG!」となってしまいます。(苦笑)

申込履歴が1ヶ月以内に連続で3社以上あると、審査担当者は「この人はよほどお金に困っているんだな~」と判断され、その場で審査に落とされてしまうというわけです。これが申込みブラックです。(ローン会社によっては1ヶ月以内に連続で4社まで連続申込みしててもOK、という極甘審査なところもあります)

さらに、この申込みブラック情報を自社のデータベースに登録されるとひじょ~にマズイ状態に陥ってしまいます。(「申し込みブラック」になると、その後の申し込みも無条件で通らなくなるので)

そのため、連続して申し込むのは個人信用情報を共有する業界系列内(銀行系、信販系、消費者金融系など)で、多くとも3社までにする必要が出てくるのです。

この申込履歴は消費者金融系なら1ヶ月、銀行など、それ以外なら6ヶ月で抹消されることになっているので、その期間が過ぎたら、審査の甘~いローンカード会社に申込みをすればいいということになります。

それと、意外に知られていないのですが、各社のHPには事前審査のシミュレーションがあると思いますが、これも個人信用情報センターに申込み履歴として記録され申込み件数としてカウントされることがあるので注意が必要です。

※「借入診断」とか「3秒診断」など、無記名で利用可能なものは大丈夫です。むしろ大いに活用してください。

4. 他社の借入れ件数5件以上

5件以上の借入れはアウト

たとえばクレジットカードキャッシングの場合、審査が通らない理由の第1位は勤続年数ですが、おまとめローン目的で借り入れ審査に望む場合、審査が通らない原因として最も多く見られるのは「他社借入件数オーバー」です。

他の情報サイトでは「総量規制(年収の1/3以上借入れできない制度)」のことばかり書いているところがありますが、おまとめローン目的の借入れの場合は総量規制は関係ありません(銀行、消費者金融ともに規制対象外です)

ローンの審査では、残りの借金の総額よりも、他社の借入れ件数の多さを重視します。

たとえば1社から300万円の融資を受けている人と3社から50万円ずつ(合計で150万円)借りている人では、1社で倍額の300万円も借金のある人の方が、評価が高くなり、「信用できる人」ということになってしまうのです。

簡単に説明すると・・・。

●1社から200万円 = 何か理由があってすでに高い信用を勝ち得ているから1社の限度額が高い。

●3社から50万円ずつ = 信用が低いから限度額50万円までしか貸してもらえない。しかもそれじゃ足りなくて3社もローン会社をはしごしてる…

という判断をされるのです。

各金融業者には「他社の借入れ件数の許容ライン」というものがあるので、「他社借入れ4件まではOKだけど、5件からはアウト」といったカンジに決められています。

たとえば他社6件借入れしている人が、「とにかく借入できればいい」という考えから、片っ端から申し込んで、短期に申込みしすぎということで「申込みブラック」になってしまったら…、 そして、そんなことを繰り返していたら、永遠に借入は不可能でしょう。

この悲劇を防ぐためには、自分の他社借入れ件数に応じて「おまとめローン」の計画を立てる必要があります。ですが、他社借入れ件数が2~3件程度の人なら、まったく問題ありません。むしろ2件なら上得意さまですので低金利の銀行系ローンに申し込んでも門前払いされることはないでしょう。

もし、他社借入れ件数が6件以上など多数ある場合であれば、一気に一本化にもっていくのは苦しいものがあるので、少々金利が高くても審査に甘いところを利用して、「少しずつ他社借入れ件数を減らしていく」という方法を取るのがベストです。(↓を参考にしてください)

借入件数を減らすのが難しい場合は、債務整理という方法もあります。ぐずぐずしていて借金を増やすよりは、早く専門家に相談した方が傷が浅くてすみます。


おまとめローンの場合、消費者金融より、銀行のほうが審査に落ちにくい!?

大手銀行カードローンというものは、意外と多重債務者に対しての融資に寛容です。それに比べ消費者金融の場合は、すでに借入れが4社あるような人(正社員ではない場合)が申し込もうとすると、すぐに「審査に通らない」という結果になってしまいます。

そもそも消費者金融というものは「貸金業法」という法律にしばられており「年収の1/3以上」はお金を貸せない仕組みなんですね。まず、大半の多重債務者の場合は、限度額めいっぱいで4社から借りていれば、すでにその時点で「年収の1/3以上」なのでアウトです。

ただし!
パート・アルバイト、専業主婦の方の場合などは、アイフルで申込みをして、「利用目的」のところを「おまとめローン」と書くと、「借り換えMAX(アイフルがはじめての場合)」や「おまとめMAX(アイフルを含め複数社をおまとめ)」というローン商品のほうに案内されます。

こちらは年収の1/3以上の借入ができるおまとめ専用ローンで、2016年12月現在では、ダントツで多重債務者の審査通過率が高いです。

返済能力をコンピューターが採点(スコアリング)する項目は8つ

それでは次に

  1. 勤務先や年収などから返済能力をコンピューター採点した結果が、審査基準に満たなかった場合

についてご説明いたしましょう。

審査のために申込者の返済能力をコンピューター採点することを、業界用語では「スコアリング」と言います。これは、申込み時に記入した個人情報と、個人信用情報センターへアクセスして得た借入や返済情報をコンピューターに入力することで、自動的に「数値」として採点されます(採点基準がすなわち、各会社の審査基準です)

そしてその数値により、

「この人には200万円貸せる」

「この人は50万円だな」

「で、この人は審査落ち」

と貸付担当者の上司が判断して決定します。

結局、最終的な「サジ加減」は人間に委ねられているということですね。

判断材料にされる情報には、年齢、年収、役職、勤務先、勤務年数、業種、住居の種類、居住年数、家族構成などがあります。

たとえば「勤務先」のスコアリングなら(実際はもっと複雑な数値なのですが)

公務員 ◎

大手企業 ◎

中小企業 ○

自営業 △

アルバイト △

無職  ×

のように採点されます。(健康保険証の種類を必ず訊かれるのはそのためです)

それを、すべての項目で行い、総合判断で、「お金を貸せるか」

「貸せるなら、いくらまで貸せるか」

を判断します。(消費者金融なら「金利・利息を何%にするか」も判断します)

申し込み先により多少の相違点はあるかもしれませんが、一般的に使われるスコアリングの評価ポイントと点数方式はほぼどの金融機関でも同じです。

このスペースで書ききれないので、おまとめローンの審査に不安を感じている人、審査に通らなかった人は、下記の詳細ページを参考にして、くわしく自分のスコアリングをチェックしてみてください。

カードローンを、おまとめローンとして利用する時、審査に違いはある?

「おまとめローン」は既婚者の方が有利

たとえば東京スター銀行のおまとめローンは、「年収が200万以上の給与所得者(正社員、派遣社員、契約社員)」が対象となっています。正規雇用で働いている方には決して高いハードルではありませんが、非正規雇用の人にはなかなかに厳しい条件です。

そこで、パートやアルバイトの人、また年収が200万以下の人などは、賢い借金返済方法として「銀行カードローン」を利用することになるわけですが…。

その時、「通常の出費をおぎなうためのカードローン利用」と「複数社の借入れをまとめるために数百万円の融資をしてもらうおまとめローン目的の利用」では、その審査に違いはあるのでしょうか?

答えは…、2箇所だけあります。

まずひとつめ。
おまとめローン目的の利用の場合、申込者が既婚者のほうが、独身者より少しだけ審査通過に有利だということです。

通常の少額の借入れ(10万円以下など)に対しての審査の場合、銀行としては、金利の高い少額借入れを何度も繰り返してくれる(しかも家族を養う必要もない)35歳くらいの独身サラリーマンを優遇します。

しかし「おまとめローン目的であること」を、申込みの際に明確にして数百万円の融資を得る場合、自己破産などの債務整理に走る可能性の低い「既婚者」のほうが信用が高いわけです。

もうひとつの違いは、
ほぼ、所得収入証明書を提示させられる、ということです。

初めて申込みする多重債務者に、総量規制を超えた数百万円の融資限度額を貸すのですから、事前審査は慎重になるのは当然です。

しかし、毎月の定期収入がある人なら、むしろこれは好都合。審査に通りやすくなるので、むしろ最初から収入証明書は提出しておいたほうが「この人は本気で返済するつもりだ」という意志が伝わるのでおすすめです。


借金返済のコツ
(収入証明書の提出)

毎月の定期収入がある人なら、むしろ最初から収入証明書は提出しておいたほうが

「この人は本気で返済するつもりだ」という意志が伝わるのでおすすめです。審査に通りやすいです。

とにかく申込みの時から「真剣なおまとめローン目的であること」をアッピールしましょう。どことどこのローンをまとめるために、いくら必要で、毎月の収入はこれだけあって、毎月何日に引き落としで返済します、という計画がきちんと伝わると審査に通る確率は高まります。

申込み内容の嘘と記入ミス

管理人はとある地方銀行のローン融資課で6年ほど働いていたのですが、申込みに訪れる人の中に、あまりにも「嘘」をつく人が多いのには驚きました。(30%近くの人が、なにかしらの項目で虚偽の記入をしてました。おかげで嘘を見破るのが上手くなってしまいました)

2016年現在ではネットか自動契約機での申込みが主流なので、当時のように窓口で「顔色を見て嘘か本当か見破る」ということはできないのですが、おそらく借金返済のために必死なみなさんは、お金を借りたいがあまりに、今でも年収や借入件数の記入を少々ごまかしたりしてるんでしょうね。

でも大丈夫ですよ!
みなさん、そうなんですから(笑)

申込み時の記入に偽りがある場合、それが発覚したら、まず審査には通りません。

けれど、教えてしまいます。

絶対に嘘をつけない項目と、

なんとかごまかせる可能性の高い項目を。

↓こちらです

それと、申込みフォームの「記入ミス」には気をつけてくださいね。
特に最近ではスマホでの申込みが増えているので、ちょっとした変換の間違いなどで審査に落ちる人も多いと聞きます。
あまりにももったいないですよね。

記入ミスで致命的なのは、
・住所と
・電話番号

のミスです。

この2つは最も大事な「連絡先」ですから、特に金融機関は重要視します。
カードローン担当者が、在宅確認のために電話をかけてみると「通じなかった」「間違い電話になってしまった」という場合・・・
3秒以内に審査に落とされます。

あと、審査の最終判断は「人(上司)」なので、些細な記入ミスでも、それが2つ3つと連続して見つかると「あ、この人は注意深く行動がとれない人なんだな。返済日も忘れるのではないだろうか」と判断してしまいます。(実際にそういう傾向は強いです。返済を欠かさない人はそういう行動の端々に責任感があります)

これ、本当です。
記入ミスで審査に落ちる人も、これまた驚くほどたくさんいらっしゃいます。

審査に通らない時の対策は?

まとめローン会社の審査に落ちた方の対策法は…

まずは上記の、どの原因で落とされたのかを判断するところから始めなくてはなりません。

しかし審査落ちの理由というものはいくら申し込み先に問いただしてみても、決して教えてはくれません(教えてはいけないことになっているのです)。
だったら自分で突き止めるしかありませんね。

勤続年数や借入件数などは自分でもよくわかっているハズですから、あとは「ブラック(金融事故情報)の有無(まだ履歴が残っているか)」と「申込みブラックになってはいないか」。それと属性スコアリングの採点方法を知る必要があります。

こちらについては非常に重要なことなので、あらためて1ページにわかりやすくまとめさせていただきました。

ぜひ↓コチラをご覧ください。

審査の甘いおまとめローンは…

一般的に、カードローンの審査が甘いところには共通点があります。

  1. スピード審査をウリにしていて、即日融資や指定銀行への振込みもしている(審査スピードが速いほどカードローン審査が甘いと言っても過言ではない ※ただし消費者金融だと少額しか貸してくれない)
  2. 30日間、金利0円などのサービスをしている
  3. そのぶん金利が高い(最高金利が17.8%~18%)最高金利も、最低金利も、どちらも低いところは間違いなく審査がきびしい
  4. 他の金融機関の審査や、保障などを行っている(審査と回収のプロ)
  5. 公式サイトに無記名の借り入れ診断がある
  6. 限度額最高100万円くらいまでは収入証明書の提出が不要

つまりキャッシング初心者が「10万円程度」を借りるなら…
申し込みをおすすめできる金融機関は以下の順序になります。

アイフルなどの消費者金融がいちばん審査が甘い

最短即日融資、楽天会員ならさらにスムーズな楽天銀行

首都圏なら来店無し・収入証明無しで借りれる横浜銀行がおすすめ

次がオリックス銀行やセブン銀行、じぶん銀行カードローンなどのネット銀行

その次が大手銀行融資(三井住友銀行カードローンなど)

東京スター銀行などの「おまとめ専用ローン」は少額では貸してくれない

となります。

ところが!、借金返済方法として「300万円」とかの融資額で、多重債務者がおまとめローンを利用する場合は状況が異なってきます。
その場合の「借りやすい順」は…(2016年12月現在の情報では)

アイフルで申込んで、「利用目的」を「おまとめローン」して、消費者金融の柔軟審査でおまとめローン

年収200万以上の正社員なら可能性高し!★注意★借入4件以上の人、バイトの人、専業主婦はほとんど審査で落とされますよ!)

地域密着の地銀ならではの好待遇、横浜銀行カードローン
★注意★地域外の人の申込みはほとんど審査で落とされますよ!)

オリックス銀行などのネット銀行(セブン銀行はあまり多く貸してくれないので要注意)

その次が大手銀行融資(三井住友銀行カードローンなど)

×アイフル以外の消費者金融は、はじめて申し込む多重債務者に50万円以上貸すことは滅多にない

ということになります。

また、(当人にとってみれば)審査に通りやすいおまとめローンというものも存在します。たとえば給与振込み用に銀行口座を持っていて、その履歴がしっかりしていて長期間利用していた場合などは、信用がある程度認められているので、あなたにとっては「審査に通りやすいおまとめローン」と言えるでしょう。

この問題に関しても、深堀りして解説してみましたので(このサイトでいちばん大事なページかもしれません)さらにくわしく知りたい方は以下のページをご覧ください。↓

*関連する情報はこちら*

「おまとめローン審査」の関連ページ

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->