借金解決診断シュミレーターの利用方法:無料で債務整理を相談!

借金解決診断シミュレーターとは?
「街角法律相談所」を利用するメリットと具体的手順
他の無料相談と何が違う?徹底検証
返せなくなったら…債務整理の正しい方法

「借金解決診断シュミレーター」とは、「街角法律相談所」というサイトが行っている、債務整理の無料相談サービス(および法律事務所の紹介サービス)のこと。今もっとも人気の高い《債務整理の無料相談と、借金がいくら減額されるかのシュミレーター》です。

きっと、これをご覧の方の中にも、その名前で検索してこのページにたどり着かれた方が多いのではないでしょうか?

このシュミレーターは

  • 借金の相談があるけれど、家族・友人知人には相談したくない
  • どこに相談したらよいかわからない
  • 知らない弁護士事務所や司法書士事務所は敷居が高くて電話するのに気が引ける

といった方が、ネット上で簡単に、自分の借入・返済状況、お住まいの地域に合った事務所をすぐに見つけられるのが最大の特徴です
(全国200ヶ所以上の法律・法務事務所から回答が届きます)

つまり「近所にいる債務整理のプロ」が簡単にみつかるということです。

しかしメリットはそれだけじゃなく、さらに突っ込んで「債務整理を利用した返済プランのアドバイス」も専門家から受けられます。

…たとえば、月々10万円の返済が5万円になり、しかも200万円の借金が100万円にまで圧縮されるといったことが《カンタンに》分かるとしたならば、どうでしょう?

さらに過払い金が「いくら戻ってくるのか」までわかるとしたら、どうでしょう?(過払い金の平均返金額は83万円だそうです!)

このページでは、その「借金解決診断シュミレーター」の使用方法と、利用の「流れ」、ご注意点などを説明してまいります。

シュミレーター利用方法とメリット
目次

債務整理の無料相談は《2種類》ある!

うかつに申し込むと高額な報酬を要求されることも

実は、債務整理の無料相談はいくらでもインターネット上に転がっています。たとえば「債務整理」と検索してみれば、その検索結果のページだけでいくつもの「無料相談」

しかし、これらはほとんどすべて、弁護士や司法書士、認定司法書士といった法律事務所のホームページのサービスです。

なので、そのサービスを利用したら、もちろんその時は無料ですが、すぐにそのまま言いくるめられて、申込みをさせられてしまう可能性が高い高額の弁護士報酬を要求された場合に支払えるのか心配、という不安がつきまといます(事務所を直接訪問したら、さらに逃げられないでしょうね…)

これが、無料相談の「第1の形」です。どこにでもある、ごくありふれた「客寄せのためのサービス(手口)」です。

しかも、弁護士に仕事を依頼したときに発生する着手金は途中でその弁護士を解任したとしてももどってきません。借金問題は早急に解決したほうが良いですが、弁護士選びは十分に検討して慎重する必要があります。

対して「第2の形」である借金解決診断シュミレーターは、特定の法律事務所が運営しているものではないオンラインの紹介サービスの一種なので、例えていうならば「無料一括見積り査定サイト」のような使い方が可能です。

たとえば、あなたが今、家の外壁塗装をしようと考えていたとします。でもあなたは外壁塗装の素人です。どのような施工の種類があって、自分の家にはどれがベストで、それらの施工代金の「相場」はどれくらいで…

…といったことをまったく何も知りません。だから直接、工務店に電話して見積りをもらうということに躊躇してしまいます。「ボラれるのではないか?」という不安がありますし、結局は相場も知らずに最初に電話した工務店に申込んでしまうことになりかねないからです。

では、どこに申し込んだら、損しないの?

そういった債務整理に関する需要に応えることで人気の高まったサービスが、街角法律相談所の借金解決診断シュミレーターだと言えます。

※ちなみに、消費生活センターや国民生活センターといったところでも、相談にはのってもらえます。でも、担当者は事務員である場合がほとんどで、法律にかかわることまではやってもらえません。

借金解決診断シミュレーターの6つのメリットとは? 診断の「流れ」とは?

「借金解決診断シュミレーター」には、法律事務所が運営しているサービスとは違うメリットがいくつかあります。

匿名での相談が可能。住所不要

試すだけで、申し込まなくてもOK

電話番号は入力するが、メールだけのやりとりでも可能

全国200ヶ所以上の厳選された法律・法務事務所から、依頼者のお住まい、相談内容に合った事務所を紹介してくれる

すべて債務整理のプロフェッショナル

その日のうちに、どれだけ借金が減らせるか、自分にはどの債務整理の方法がベストか、過払い金がいくら戻ってくるのかが、わかる(該当者の場合)

弁護士会や司法書士会などの相談窓口をあたれば、借金問題を専門とする事務所はすぐに見つかるでしょう。ただし、見つかりやすいのは、有名な事務所ばかりで、東京・大阪など都市部などに限られてしまいます。

地方の方ほど、ご自分に合った事務所探しはめんどうなものです。全国200ヶ所以上の法律・法務事務所が登録されているというのは、地方に住んでいる人にとっては、かなり大きなメリットになりそうです。

では、その利用方法と「流れ」をみていきながら、上記のメリットについてもご説明いたしましょう。

匿名で相談できる。お勧めの事務所がわかる。口コミ評判もわかる

STEP1:まずは基本情報を入力します。

・「お名前」ニックネーム可

・「お住まいの都道府県」

・「借入件数・総額」

・「毎月の返済額」

「お名前」はニックネームでOKですので匿名で診断してもらえます。

STEP2:相談内容を入力する

・「家族や会社などまわりに内緒で解決したい」

・「毎月の借金が減額できるか知りたい」

・「どのような解決方法が一番良いか相談したい」

・過払い金があるかどうか知りたい。あるなら、いくら戻ってくるのか知りたい。

などなど、知りたいこと、不安なこと、相談したいことをご記入ください。

STEP3:連絡先の入力

電話番号とメールアドレスを入力欄がありますが、「家族にバレるとまずいので、電話ではなくメール連絡だけにしてほしい」といったお願いがあれば書いておきましょう。

弁護士や司法書士には守秘義務があるので、ご家族や会社に知られるようなことは絶対にありません。電話番号やメールアドレスなどの個人情報、相談内容は弁護士や司法書士からの回答以外に使用されることはありません
(これなら安心ですね)

STEP4:あなたにお勧めの事務所の紹介

この方が、あなたの相談を受けてくれる人(債務整理の専門家)になります。弁護士か司法書士です。過去に依頼した人の口コミも確認できます。確認したら「次へ」を押します。

すると登録したメールアドレスに、受付完了の自動メールが届きます。専門家からの連絡が来るまで待ちましょう。

即日で専門家からの連絡が。しかも具体的に「いくら返済が減るか」がわかる

専門家からのメールは、その日のうちに届きます(30分で届くこともあります)。たとえばこんな感じです。

この手紙は、申込者の状況から「任意整理」をおすすめされていますが、もちろん「自己破産」の依頼にも応じてもらえます。その場合には今後の返済額は0円。すべての借金がチャラになります。

また、この手紙には書かれていませんが、相談内容に「過払い金がありそうかどうか」という依頼をしておけば、この手紙の中に、いくらの返金が期待できるかが明記されてきます。

過払い金というのは、カンタンに言えば、本当は払わなくていいのに、払わされてしまった利息分のことです。10年以内に、消費者金融やカードローン、キャッシングなどを利用した人は、このお金が戻ってくるかも知れません。

ちなみに、ある調査によると、戻ってくる過払い金の平均は83万円!なかには200万円も戻った人もいるそうです。また、過払い金を取り戻せる人は、全国で500万人以上いるとも言われています。

「借金返済診断シュミレーター」の場合、あなたに過払い金があるかどうか、その金額はいくらか、専門家からすぐに回答をもらえます。

賢い人は、しばらく時間を置いてから3回以上申込みする!

自分の債務条件に合った事務所を紹介してくれる「借金解決診断シュミレーター」ですが、その紹介は1回の相談につき1社です。そこが中古車の一括査定などとは違うところです。

しかし、しばらく時間を置いてからまた申し込むと、また違う事務所からの返事をもらうことができます。 それを3回以上繰り返してみて、その3通の手紙に書かれてある内容と、借金の減額の「差」に注目してください。驚くほどの違いがあることがあります。

このシュミレーターはあくまでも簡易審査ですが、最初の手紙に書かれた減額の数字と、実際の債務整理の結果が大きく異ることを事務所は好みませんから、その金額の差が「自信の表れ」と言えるでしょう。

また、手紙の内容と文面からも、ただ流れ作業で処理している事務所と、親身になって相談に乗ってくれる事務所との対応の差がわかるでしょう。

そして「ここだ!」と思ったら、ご自分から連絡してみてください。

ずばり、債務整理の申込みで損をしないコツはここにあります。

シュミレーションの前に「債務整理の方法」だけは知っておこう!

債務整理は法的に借金を整理する手続き

実は、債務整理には大きくわけて4つの方法があり、減額の割合や成功率がそれぞれ違います。

もっとも成功率と減額率の高い、つまり「借金がすべてチャラ」になる方法は「自己破産」ですが、そのかわり車も家も、家財と呼ばれるものはすべて差し押さえられてしまいます。

これはこれで希望者は多いのですが、もしあなたが家だけは残したいと考えているならば「個人再生」という手法をとるべきです。

ですが、それらのことを何も知らないまま、弁護士の言われるままに自己破産して、「気づいたら住むところがなくなっていた」というのでは、悔やんでも悔みきれません。

そのようなことにならないよう、あらかじめ「シュミレーションの前」に、法的手続きとして用意されている債務整理の4つの方法は、その概要だけでも知っておきましょう。

つまり、以下の4つです。

債務整理の4つの方法

任意整理
弁護士や司法書士の方にお願いして、借金している相手と話し合ってもらい、借金を減らしてもらうやり方です。過払い金請求も同時に行えます。

特定調停
自分から簡易裁判所にお願いし、調停委員という方に間に入ってもらい、借金している相手と借金減らしや、楽な返し方を認めてもらうように話し合うというやり方です。必要な費用は数百円で済みみますが、自分でいろいろと動き回る必要があります。

個人再生
民事再生とも言います。法律事務所などにお願いし、家などの財産は手放さないようにしながら、借金を軽くしてもらうというやり方です。ただし一定の収入があることが条件。時間もお金もかかります。

自己破産
債務整理の中でも最後中の最後のやり方です。持ち家や自家用車など20万円相当以上の財産を全部差し出す代わりに、借金もチャラになるというやり方です。弁護士や税理士などは、資格を失う(許可が降りれば復権できます)場合があります。また、ギャンブルが原因の借金などでは認めてもらえない場合もあります。

さらにくわしく知りたい方は↓コチラをお読みください。

ちなみにこれら4つのやり方は、どれも、手続きを始めれば、すぐに債権者や保証会社による督促や取り立てなどがすぐにストップされます。これは気持ちの面ですごく楽になりますね。

逆に、覚悟しておかなければならないのは、「最低5年は新たな借入やクレジットカード、ローンが利用できなくなる」ということです。いわゆるブラックリスト/事故者リスト入りと言って、銀行や信販会社などの信用情報にのせられてしまうからです。

どの方法がよいかは、状況によって違ってきます。相談をお願いする専門家の方が、あなたに最適な方法を提案してくれるはずです。
カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->