70歳 以上でも借りれるカードローン:年金担保貸付事業と債務整理

70歳以上でも借りれるカードローン:年金担保貸付事業と債務整理

70歳以上の人がお金を借りる方法
年金担保で借りれる「年金担保貸付事業」とは
「リバースモーゲージ」で家に住みながら借りる
どうしても返せなくなった時の秘策を紹介

「定年退職して収入は年金だけだし、年齢も70才以上…。もう、借りられるローンはないの?」

このように生活に困窮した高齢者からの相談は確実に多くなってきていますが、大手金融会社の無担保ローンはいまだに65~70歳までと、厳しい年齢条件を付けています。借金が払いきれず、高齢者の債務整理や自己破産が増えているのもその一因でしょう。

では、70歳以上の年金受給者はどうしたらよいのでしょうか?

確かに民間の無担保ローンは厳しいですが、まだ手段はあります。ぜひ最後まで読んでみてください。

ここでは年金を担保にした公的融資や、家を担保に融資を受ける「リバースモーゲージ」、最終的にどうにもならなくなった時の救済方法など、高齢者用の耳寄りな金融情報を説明していきます。

70歳以上の高齢者が借入れ可能なローン
目次

70歳以上でも借りられる銀行ローンはある?地銀や信金が狙い目!

70歳以上なら地銀や信金のシニアローンを探そう

70歳以上の年金生活者がカードローンなどの借り入れを考えたとき、まず真っ先に確認することはなんでしょう?

金利…限度額…も、もちろん大事ですが、一番気になるのは年齢制限ですよね。

冒頭でも触れましたが、大手銀行や大手消費者金融のカードローンでは年齢制限を設けており、銀行では65歳まで、消費者金融では70歳までしか借りることができません。残念ですが、70歳以上の方はメガバンクや大手消費者金融のカードローンはあきらめてください。

では、民間の金融機関では絶対に借りられないかというと、一つ可能性があります。狙い目は地方銀行や信用金庫です。

地銀や信金は地域に密着し、より顧客のニーズに寄り添ったユニークな金融商品を販売することで、メガバンクとの差別化を図っています。特に高齢の利用者は昔からのお得意様であることが多いので、大きな銀行では中々受けたがらない、シニア世代が対象のローン商品を扱っているケースがあります。気になる方は一度地元の金融機関の商品を調べてみてはいかがでしょうか?

こんなのあります!
地銀・信金シニア向けローン


神奈川銀行

「かなぎんフリーローン」


使いみちは自由!借金のおまとめもできます。

・20~76歳未満(完済時)

・利率4.9~14.5%

・限度額10万円~500万円

・保証人不要


東京信用金庫

「シニアライフローン」


年金受取口座が東京信用金庫にあればオススメ!

60~80歳以下(完済時)

・利率2.5%

・限度額100万円

・保証人不要

年金を担保にお金が借りられる「年金担保貸付事業」

年金担保貸付事業は廃止が決まっている

70歳以上でメガバンクも大手消費者金融のカードローンもダメ…地銀も信金でも借りることができなかった…。そんな方でも借り入れが可能な公的融資があります。それは、「年金担保貸付事業」です。

「年金担保貸付事業」とは、独立行政法人福祉医療機構(WAM)が行っている、国民年金・厚生年金・労災保険年金を担保にして貸付をする融資制度のことです。

年金担保貸付事業ってなに?

年金担保貸付事業は、「恩給・共済年金担保融資」とともに年金を担保に貸付が許されている唯一の融資事業になります。

使途は申告する必要がありますが、年金を担保にいくばくかの金額を低金利で借りることができます。

※年金を担保に融資を許可されているのは、この「年金担保貸付事業」と、「恩給・共済年金担保融資」(日本政策金融公庫)だけです。他に「年金を担保に融資します!」という業者があれば、それは違法です!悪徳金融会社の可能性が高いですから、絶対に申し込んではいけません。

年金担保貸付事業

融資金額 10万円~200万円の範囲内で必要とする額・一回あたりの返済額の15倍以内(生活必需品購入の場合は10~80万円)かつ、年金の0.8倍以内
返済方法 一万円以上・一回あたりの年金額の1/3以下を年金から引き落としで返済
利率 申し込み時点での利率を適用
・年金担保:1.8%
・労災年金担保:1.1%
(平成27年4/1現在)
保証人 原則必要だが、信用保証制度(保証料有)を利用すれば不要

注意

年金担保貸付事業は、時期は未定ですが廃止が決まっています。今なら新規受け付けもしていますが、いつまで可能かは不透明です。したがって興味がある方はできるだけ早い時期に問い合わせをすることをおススメします。

取扱金融機関は「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示のある銀行・信用金庫になります。

用途は何に使えるの?

医療費や住宅にかかる費用、生活必需品などで使えます。もちろん債務の返済もOK。おまとめローンとしても使えます。ただし食費や光熱費の支払いなど、生活資金や旅行に使うことはできません。

年金担保貸付事業に使える用途

・保健・医療

・介護・福祉

・住宅改善等

・教育

・冠婚葬祭

・事業維持

・生活必需品の購入

・債務等の一括整理

 

年金担保貸付事業のメリットとデメリット

福祉的要素の強い融資ですから、とにかく低金利で借り入れができます。ただし、用途は申告する必要があります(見積りを提出します)し、万が一返済ができなくなり自己破産したり、生活保護を受けるようになってもチャラにはなりませんので、安易に借り入れをするのは危険です。

年金担保貸付事業のメリット


・民間のローンより低金利で借り入れができる

・保証料を払えば保証人は不要

・公的機関が貸付を行っているので安心

・繰上返済も可能

年金担保貸付事業のデメリット


・自己破産しても免責にならない

・用途が限定されている

・廃止が決まっている

・融資まで1ヶ月ほどかかる


こんな人にオススメ!


・入院や家の修繕など、一時的にまとまった金額の融資を受けたい

・年金から天引きでの支払いに抵抗がない

・最後まで返済を続ける自信がある

(自己破産になっても免責されない)

持ち家ならリバースモーゲージ

家に住みながら売却!?リバースモーゲージとは

現在住んでいるのは持ち家ですか?賃貸住宅ですか?もしローンが終わっている持ち家があるなら、「リバースモーゲージ」という自宅担保融資が受けられる可能性があります!

リバースモーゲージってなに?

「リバースモーゲージ」という言葉を聞いたことはないですか?

これは近年注目されている、自宅を担保にした高齢者向け融資制度のことをいいます。契約者が死亡後に自宅を売却することで返済に充てますので、生きている間は自宅に住み続けながら、かつ返済を気にせず、月々の融資を受けられることが最大の特長です。公的なものと民間による金融商品とがあります。

不動産担保型生活資金

「不動産担保型生活資金」とは、都道府県社会福祉協議会が行っている、低収入高齢世帯に対する福祉的意味合いの強いリバースモーゲージです。

所有している住宅(土地・建物)に住み続けながらそれを担保に融資が受けられます。原則3ヶ月に一回、月額に換算して30万円以内の範囲で支払われます。

推定相続人の中から1人連帯保証人が必要になりますので、お子さんなどに事前の許可がいりますね。

窓口は各地域の社会福祉協議会になります。

不動産担保型生活資金

対象者 居住者が65才以上かつ非課税世帯と同等の所得
融資利率
(年利)
3%もしくは長期プライムレートのどちらか低い方
借入限度額 土地の評価額の70%(土地評価額が1500万円以上のみ)を限度額に、月額30万以内で貸付します。
条件 ・抵当権がついていないこと
・世帯の構成員が65歳以上
・居住者は単身、もしくは夫婦または申込者の親のみ
・相続人の承認が必要
・うち一人が連帯保証人になること
※長期プライムレートとは…金融機関が企業などに貸し付けする時の最優遇貸出金利のことをいいます。

民間のリバースモーゲージ

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など大手銀行も次々と参入しており、より多彩な商品が出てきています。ただし民間のリバースモーゲージでは、ある程度の年収や資産が条件であったり、不動産評価額が高い一部地域のみ対象であることが多いようです。また、期待したような金額の融資を受けられないケースもあります。

最近では地方銀行でも取り扱いを始めるところが出てきていますので、「うちは田舎で評価額が低いから…」とあきらめる前に、一度地元の金融機関を当たってみてもいいかもしれませんね。

民間リバースモーゲージの例

東京スター銀行「充実人生」


・用途は自由。

・融資限度額は500万~1億円まで。不動産を銀行が査定し決定。

・限度額以内であれば何回でも好きな時に引き出しができる。

・55歳から80歳以下かつ年収(年金収入含む)120万円以上の人が対象です。

・契約者が亡くなったあとも、配偶者がいれば引き続き利用が可能。

・毎月利息分のみ返済が必要。

・保証人は原則不要です。

リバースモーゲージのメリットとデメリット

リバースモーゲージは一見、自宅に住み続けながら死ぬまで融資が受けられる夢のような商品のように思えますが、もちろんデメリットもあります。

ビジネスとしてはかなり前から存在していたにも関わらず日本ではいまだに定着しきれていないのは、日本ならではの土地や家に関する価値観によるところも大きいです。

リバースモーゲージのメリット


・自宅に住み続けながら、限度額に達するまで一生融資が受けられる。

・預金や年金が少なく生活に困窮している高齢者でも借入が可能。

・死後に自宅を売却することで返済することになるので、評価額が暴落し元本割れをしないかぎり生きている間は返済を気にしなくてもよい。

リバースモーゲージのデメリット


自宅を相続することができなくなるので、相続人の承認が必要。

・一度評価額の高い都市部のみ対象なことが多い。

・民間のリバースモーゲージは資金使途が限られているものが多い。

・貸し倒れにならないよう、評価額の査定はかなりシビア。思ったような融資額が借りられないケースも。

・相続人は不動産を相続できないにもかかわらず相続税や所得税を支払う必要があるので、家族の理解は必須。

・長生きをすると元本割れする可能性も。

特に相続人にとっては不動産を相続することができなくなるわけですから、きちんと説明をして理解、了解を取り付けることが重要になります。また、契約者が死亡時に元本割れをしていた場合、残債は相続人が引き継ぐことになります。(放棄すれば別ですが)

思ったような融資が受けられず、自宅を自分で処分した方が得だった、なんてケースもありますので、利用には慎重な検討が必要ですね。


こんな人にオススメ!


・子供がいない、家土地を残すことにこだわりがない

・家族の理解がある

・不動産の評価額が1500万円以上ある

・死ぬまでは絶対に自宅に住み続けたい

それでもダメなら…債務整理も

手遅れになる前に法的整理を!

カードローンの借り入れもできず、他に手段がもうない…。年金だけでは返済も滞っているし、日々の生活すらままならない。

そんな状況に陥ってしまったのなら、手遅れになる前に任意整理や自己破産などの債務整理も考えてみてください。生活ができずに心も身体も弱っていくよりはずっとましなはずです。

債務整理とは?

債務整理とは債務者が借金を整理して負担を軽減する措置のことです。ただし個人信用情報機関に金融事故情報(ブラックリスト)として載ってしまうので、5~7年の間、新たな借入はできません。特に自己破産の場合は、10年以上経過しても借入できないケースが多いです。

●任意整理

●個人再生

●過払い金請求

●自己破産

の四つがあります。

任意整理
主に弁護士や司法書士が代理となって債権者と交渉し、金利や残債の軽減をする措置のことをいいます。裁判所は通しません。

個人再生
借金はあるが家を手放したくない、という時に裁判所に申し立て、住宅ローン以外の債務を1/5程度に減額します。原則として残債の返済期間は3年になります。

過払い金請求
消費者金融や信販会社などの貸金業者が、利息制限法で定められた金利を越えて貸付を行っていた場合に、払い過ぎた利息を返還請求することを言います。

自己破産
どうしても借金が払えなくなった時に、裁判所へ破産申し立てを行いすべての債務をチャラにしてもらう手続きのことを言います。現金は99万円まで、預金は20万円まで以外のものは基本的に差し押さえられます。

債務整理…気になるけれどどうやったらいいの?

70歳を超える高齢者の場合、たとえば多重債務で新たなローンの借り入れもできない、賃貸住宅で家財産もない…ということになると、自力でどうにかするのは厳しいものがありますよね。

「債務整理」と聞くと抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、借金で苦しむ国民を救うことを目的とした、法律で定められた制度であるということを覚えておいてください。

知識と時間と手間をかければ自分で行うことも不可能ではありませんが、ぶっちゃけ相当大変です。まずは自分に一番ピッタリな債務整理は何か、借金はどのくらい減るのか、どのくらい返済が楽になるのか、専門家に聞いてみるのも手ですよ!

「街角法律相談所」というサイトなら、ホーム―ページ上で無料診断が行えますし、匿名で24時間相談を受け付けています。債務整理について知りたい、という方はぜひ利用してみてください。

カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->