借金150万円のローン、どこで借りるべき? 借金返済方法は?

借金150万円のローン、どこで借りるべき? 借金返済方法は?

150万円借りたい人におすすめのカードローン
マイカーローンとカードローン、どっちがお得?
150万円返したいなら、借り換えがオススメ
自己破産経験者インタビュー

融資希望金額150万円、一番多い使いみちはというと「自動車の頭金や購入資金」です。次に多いのが、「クレカや消費者金融でちょっとずつ借りた借金が返せなくなったので、その返済にあてるお金が欲しい」というものです。

つまり、「150万円借りたい人」「150万円返したい人」に分かれるということですね。

そこで今回は、「150万円借りるのにお得なローン」「150万円の借金を楽に返すための借り換えローン」について解説します。

借金150万円
目次

「150万円借りたい人」は、ぜひ読んでください

次のお給料日までの間、数万円借りるだけなら「クレカでちょこっとキャッシング…」という人が多いようですね。

でも、まとめて150万円どーんと借りたいとなるとカード会社や消費者金融は選択肢から外してください。
どちらも、少額のお金を高金利で貸して短期間で回収することを商売の基本としているので、貸し倒れリスクの高い高額融資はなかなかうけてくれません。

初めての借金はここで借りる…

初めての借金をする前にこのページを読んだ人は大正解!安い金利でまとまったお金を借りるチャンスです。

ローンには、マイカーローンや教育ローンといった使いみちが限定されているものや無担保・保証料・保証人なしで借りられる使いみち自由なフリーローンがあります。なかでも、銀行のカードローンは、設定された限度額の範囲内(増額も可能)で何度でもお金を出し入れできますし、使い方はクレジットカードのキャッシングとかわりません。しかも、銀行カードローンはクレカや消費者金融の半分近い金利でお金を借りることができます。

悪いことはいいません。クレカや消費者金融に手を出す前に銀行に申込んでください。スマホやPCから簡単に申し込めます。

基本情報

実質年利 4.0%~14.5% 最高融資額 800万円
融資スピード 最短即日 担保・保証人 不要

マイカーローンはお得?

マイカーローンは追加融資NG

自動車購入費用としてお金が必要なら、まずはマイカーローンを検討すると思います。

そこで、三菱東京UFJ銀行のマイカーローンとカードローンを比較して両方のメリット・デメリットを検証してみました。

ネットDEマイカーローン カードローン「バンクイック」
金利(150万円)
(2016年1月現在)
変動金利2.975% 9.6%~12.6%
使いみち 新車・中古車・バイク購入資金
※カーナビ等のオプション含む
自由
※事業性資金を除く
融資スピード 約一週間 最短40分
融資方法 振り込み 振り込みまたはATM
申込方法 インターネット ネットまたはテレビ窓口
メリット 金利が低い 限度額内なら何度でも千円から借入可能。最短40分のスピード融資。
デメリット 契約時に見積書を提出し、それ以外の用途には使えない マイカーローンより金利が高い

マイカーローンは、用途が限定されているところが難点ですが金利は大変安く設定されています。
カードローンは、融資スピードが早く使いみちが自由なので生活費や遊興費の利用に適しています。
※ローンを組む時はディーラーや車屋任せにせず自分でも有利なものを調べておきましょう。

三菱東京UFJ銀行バンクイック
利率 借入限度額 審査時間
4.6%~14.6% 最大500万円 最短即日

「150万円返したい人」は、必ず読んでください

今抱えている借金の返済が苦しくて、なんとかしたいという思いでこのページにたどり着いた方におすすめしたい借金返済方法は、ズバリ!!「おまとめローン」です。

つまり、今よりも安い借入金利のローンに借り換えを行うことで返済負担を減らすという方法です。

借り換えローンを利用して返済総額をぐっと減らす

あなたの借金借り換えたほうがお得かもしれません

まずは、今借りてる借金の金利を確認してみてください。消費者金融やカード会社で借りてる場合、100万円未満なら金利15.0%、100万円以上なら金利18.0%程度で借りてると思います。

では、主なカードローンの金利を確認してみましょう。

銀行 カードローン金利比較(150万円

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン《コンフォートプラン》 三菱東京UFJ銀行
9.0~14.8% 12.0% 11.6%

一番安く借りられる可能性が高いオリックス銀行カードローンと、大手消費者金融で比較してみると…

★借入総額150万円の返済比較

① 毎月の返済金額を5万円とした場合

返済期間 返済総額
消費者金融
平均18.0%
41回
※3年4ヶ月
約200万円
オリ銀
※9.0%
35回
※2年11ヶ月
約170万円

② 返済回数36回(3年)とした場合

月々の返済 返済総額
消費者金融
金利:18%
54,228円 約195万円
※オリ銀
9.0%
47,699円 約172万円

返済総額に30万円程度の差が出ます。

※下限金利で計算

現在、消費者金融などの貸金業者でお金を借りてるなら銀行のカードローンに乗り換えるだけで返済総額は大きく減額できます。毎月の返済額は変えずになるべく早く返したほうがいいのですが、月々の返済がきついならとりあえず毎月の支払い額を減らしてお金に余裕ができたら繰上返済するという方法もオススメです。

150万円ローン借りるコツ
(おまとめ専用ローンの実態とは?)

今より楽に借金を返す方法として「おまとめローン」を紹介しましたが、アコムやアイフルなど一部の消費者金融から出ている「おまとめ専用ローン」はおすすめできません

総量規制の対象外だから高額が借りられるという触れ込みですが、実際には多重債務者専用ローンということで審査はかなりの難易度。業界内では、よっぽど年収がある人や有名企業に勤めている人でもなければ審査に通らない商品として知られています。
無駄に審査落ち実績を積み重ねてしまうので、当サイトではおすすめしません。

ただし、東京スター銀行のスターワンバンクローンは別です。消費者金融よりも金利が低く、他社への返済も銀行が代行してくれるなどメリットの多いおまとめ専用ローンです。

おまとめローンスペック比較

カードローン名 実質年利 借入限度額
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
東京スター銀行おまとめローン 5.8%~14.8% 1000万円
アイフルおまとめMAX 12.0%~15.0% 500万円
中央リテール 10.95~13.0% 500万円

基本情報

実質年利 1.7%~17.8% 利用限度額 最高800万円
融資スピード 申込即日
融資不可
最小返済金額 7000円

まさか!借金150万円で自己破産

債務整理と聞くと、借り入れ何千万円という借金をしてる人を想像するかもしれませんね。でも、突然のリストラで収入をたたれてしまい返済計画の変更が余儀なくされたとしたらどうでしょう。たとえ借入額100万円でも全額自分の力だけで完済するのは厳しい状況ですよね。

そんな人を救うために用意されているのが、債務整理です。社会人としてのダメージを懸念するのであれば、任意整理という方法がおすすめです。この方法は借金をチャラにすることはできませんが、毎月の返済金額はかなり減らすことができます。しかも、自力で借金を返済するので、そこまで深刻な社会的制裁を受けずに済みます。

*人気の銀行カードローン徹底検証*
カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査

 -->