注目のTopic

最新コラム 


これ以上借金を重ねないために… 必ず成功するおまとめローン徹底ガイド

A社の借金を返済するために、B社から借金し、A社もB社も満額借りてしまい、
困りはててC社へ・・・
多重に借金を重ねている人に、このようなケースは少なくありません。

もうこれ以上の会社から借金を重ねる生活はやめにしましょう。

返済の悩みに追われるあなたには、
複数ある借入先を、ひとつにまとめるのが最もお勧めです。

「おまとめローン」 であなたの借金をすっきり一本化し、返済計画を立てて完済を目指しましょう!

おまとめローンのメリットとは?

✔ 低金利への借り換えで、支払総額が減額できる!
✔ 手数料などの重複払いがなくなる!
✔ 返済が一本化されるので、完済までに計画が明確になる!
✔ 複雑だった返済管理が分かりやすくなり、精神的なゆとりが生まれる!

 

おまとめローンとは?

複数の借入先からの借金を、より低金利な1社に借り換えることを「おまとめローン」と呼んでいます。
「1本化」という言葉もよくききますが、基本的には同じこと。

何のためにわざわざ借り換えるのか・・・それにはいくつかのメリットがあるからです。

①まず、現在の金利から確実に低金利に借り換えることが第一歩ですが、「おまとめローン」と呼ばれている商品は、おおむね一般の金利より低く設定されています。

さらに、借入の金利というものは、常識的に借入額が多くなるほど金利が下がっていくものです。
たとえば50万円ずつ6社から借り入れしていると仮定しましょう。
この場合は、各会社ごとに、50万円の、おそらくかなり高めの金利が適応になっているはずです。
それをまとめて300万円のローンにした場合、300万円枠の金利が適応になりますので、
おおむね50万円の借入時より金利は下がってきます。

ある消費者金融の場合は、50万円の借入時の金利が、
300万円借入時の金利の2倍以上もの差がついていました。

このように、金利の仕組みから考えても、借金はまとめた方が支払総額が減る計算で、なおかつ
より低金利の借入先にまとめてしまうことで、返済額の大幅な減額が実現可能になってくるのです。

②また、ローンをまとめることで、今まで支払いのたびに掛かっていた手数料や振り込み料が1社のみとなりますので、減らした会社の分だけ確実に支払いの節約になります。

③次に借入金額がまとまることで、返済計画が簡素化し、完済までの道のりが明確になります。
月々どのくらいの返済で、その程度の期間でクリアになるのか、複数の借入時には複雑で見えてこなかった完済までのスケジュールが、1本化することで具体的に提示されるので、完済を目指すことが出来ます。

④そしてなにより、毎月複数回あった返済期日が、当然ながら1本化によって支払いが1回のみになります。月々の返済が滞っては・・・と、常に神経をとがらせていたあなたなら、この精神的な救済が相当なメリットになるはずです。

  おまとめローン成功への道

様々なメリットがある「おまとめローン」だからこそ、申し込みには一発で通りたいもの。
それにはいくつかのコツがあるのをご存知でしょうか。

①まずは当然のことですが、
・現在の借入額をきちんと把握する
・現在の借入金利を確認する
・おまとめローンの返済期間を慎重に検討する    …といった作業が必要になります。
おまとめローンとしての融資は、たいていの場合、金利は抑え目になっているものですが、借入額が大きいほど、金利のわずかな差が借入総額に響いてきます。

また、低金利であっても、返済期間が予想以上に長い場合は、最終的な支払総額がかえって増えてしまうケースもあります。目先の低金利に惑わされず、必ず支払総額を確認するようにしましょう。

②おまとめローンを申しこむ前に、現在の借入先の中で、借入金額が少ないところや金利が高いところから返済して借り入れ件数を減らしておきます。融資枠に余裕のある借入先が残っている場合は、そこから借りてでも完済し、借り入れ件数を減らして、なるべく契約も解除しておきます。

大手の金融会社では、「審査時の借入先は3社まで」と暗黙のルールをつくっている場合があります。
こうなれば、いくら借入額が同じでも、3社から借り入れの場合は審査に通り、4社に分散している場合は審査に通らない、という結果になります。

おまとめローンをあわてて申し込む前に、こういった準備を的確に進めておくことで、より審査に通りやすく、1本化の成功につながります。

③そして「申し込みブラック」にならない様、申し込みには注意を払います。
「申し込みブラック」とは、1か月間に4社以上の借金の申し込みをした人のこと。
短期間に、申し込み⇒審査落ち⇒他社申し込み⇒・・・と繰り返している人はそれが個人信用情報として残ってしまうので、「よほどお金に困っている、貸し倒れの恐れがある客だ」と判断されてしまうのです。
申し込みの際も、借入先と同じく「3社まで」がポイントです。そして、可能ならばこの3社の申し込みは同日に済ませてしまうのが裏ワザです。翌日、他社の照会をされる前に一度に申し込みしておけば、審査が通りやすくなるようです。

④申し込み先には、自分に合う系列の金融会社を選びましょう。
ローンには
  ・銀行や銀行系の会社
・信販系
・消費者金融系    ・・・の3つのタイプの会社があります。

おまとめローンを扱う金融会社で一番低金利が期待できるのは銀行系のローンです。銀行系のローンは総量規制の対象外なので、借入額が年収の3分の1以上になる場合も期待できます。
しかし、低金利で安心なイメージのある銀行系だからこそ、審査は少々厳しめ。
自分にはちょっと無理かも・・・と思う人には、信販系のローンが良いかもしれません。

信販系のローンは、金利はおおむね銀行系と消費者金融の間くらい、借入限度額も多めに設定されている場合が多く、審査も銀行系よりは通りやすいようです。

消費者金融系のローンは、なんといっても審査の通りやすさがメリットです。金利は銀行系や信販系と比較するとかなり高めですが、それでもグレーゾーン金利時代よりはかなり抑えられています。
借入金額がまとまることで、現在よりも金利が低くなるケースもありますので、必ず試算してから申し込むようにします。

⑤申し込み先が選べたら、いよいよ実際に申し込みに入りますが、この際、当然のことですが、絶対にウソや記入ミスはしないようにしましょう。
審査に通りたいばかりに、借入情報や借り入れ件に始まり、名前や生年月日・住所までウソを書き込む人がまれにいますが、これは審査以前の全くの問題外です。
ウソをつく人には、金融会社は絶対にお金を貸してくれません。相手は金貸しのプロフェッショナルなので、稚拙なウソは即見破られてしまうでしょう。
だからこそ、しっかり申し込み前に準備をしたいものです。

 

実際のおまとめローンの流れとは?

では、実際におまとめローンに申し込んだ際の流れについて、説明しておきましょう。

最近では、申し込みはインターネットで、という会社が多くなっています。
申し込み方法は、ほかには窓口受付や無人契約機、電話受付、郵送受付、など、いろいろなものがありますが、流れはほぼ同じです、ただし融資までのスピードが変わってくるケースがありますので、希望の金融会社の申し込み方法をよく確認しておきましょう。

①インターネットなどでの申し込み
⇒申込書を記入し、本人確認の書類を所定の方法で提出します。
この際、必ずコピーをとっておきます。

②受付

③仮審査の通知

④本人確認
⇒電話が掛かってきて、さまざまな質疑応答や確認がされます。
聞かれる内容は、たとえば借入意思や信用情報機関に確認をとることの承諾、本人確認書類に
基づいた質問、勤務先の確認など、といった内容です。

⑤審査
⇒自社の査定や信用情報機関からの情報などにより、支店長が最終決定します。

⑥契約
⇒契約書を作成し、内容確認をします。

⑦所定の書類提出
⇒契約書に記入し、定められた提出書類をファックスか郵送で提出します。

⑧契約完了!
⇒早いところでは、30分程度で融資額が指定口座に振り込まれます!

【重要!】会社によっては、借入先に直接振り込んでくれるケースもありますが、多くは自分の口座に融資額が入りますので、すぐに現在の融資先にすべて返済します。

これでローンのおまとめは完了です!

最後に 

「やっと見つかった!負担が軽くなった!」



そんなあなたの声を聞きたいからこそ色々な情報を提供いたします。 おまとめローンは今知る中で借金返済に対して最も優れたサービスの一つです。
あなたが疑問や不安に感じていること等は、ここで全て解決いたします。
借り入れ件数が多い、学生である、働いていない人等に対して優しいローン会社もあります。 高額融資をしてくれる、女性に気を使う、審査や返済の仕方がメンドーではない、借り入れに時間がかからないといった会社もそれぞれ存在します。
このサイトでは、そんな色んな方々の疑問や不安に対して細かく解決していきます。
色んな考えや状況の方がいる中で何がベストなのか?
ドコの会社が自分にとって一番合っているのかを一緒に見つけていきたいと思っています。



 
おまとめ目的でなく通常のキャッシングはコチラをクリック。
バンクイックお試し診断
カテゴリ
銀行カードローン
オススメできないおまとめ
おまとめローン完全ガイド
目的別に選ぶ
融資限度額別で選ぶ
借入件数別で選ぶ
借金を抱えた芸能人
借金返済のコツ
借金パチンコ
おまとめローンの基礎知識
おまとめローンの裏技
おまとめを成功させるコツ
よくある質問 Q&A
個別ケースの疑問や悩み。Q&A
教育ローン
債務整理
クレジットカード審査